Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017WBC 「台湾-キューバ」強化試合速報2

台湾対キューバ強化試合第2戦続報

2月21日台中で行われた「チャイニーズタイペイ-キューバ」強化試合第2戦ナイトゲームの結果が入ってきた。
「4-2」で台湾が雪辱。
ゲーム詳細がわからないので、キューバの第2戦ラインナップのみ紹介する。
1番のロエル・サントス、4番のアルフレド・デスパイネ、9番のヨエルキス・セスペデスの3人*が第1戦に続けて
同じオーダーでプレイ。それ以外のプレーヤーは、どちらかというと若手。初代表入りの選手も登場。
なお、7番セカンドで、28人の最終ロースター表には名前がなかったラウル・ゴンザレス イシドリア
Raúl González Isidoria (Ciego de Avila所属 29才)が入っている。
キューバ代表の遠征には、控えの選手も帯同していることが多いが、ラウル・ゴンザレスがほかの内野手の
代わりにロースター入りしたのかどうかは不明。

1番 ロエル・サントスRoel Santos右左 (CF)*
2番. ヨルダン・マンデュレイYordan Manduley 右右(SS)
3番 ジェファーソン・デルガドJefferson Delgado 右右 (3B)
4番 アルフレド・デスパイネAlfredo Despaigne右右 (DH)*
5番. ギジェルモ・アビレスGuillermo Avilés 右左(1B)
6番. オズヴァルド・バスケスOsvaldo Vázquez右右 (C)
7番. ラウル・ゴンザレスRaúl González (2B)
8番. ヴィクトル・ヴィクトル・メサVíctor V. Mesa 右右(LF)
9番. ヨエルキス・セスペデスYoelkis Céspedes 右右(RF)*
先発 ブラジミール・バニョス Vladimir Baños Chacón(右投)

投手陣は、先発のブラジミール・バニョスが6回途中まで投げ、ノエルビス・エンテンザNoelvis Entenza(右投)
→レアンドロ・マルティネスLeandro Martinez(左投)「→ミゲール・ラヘラMiguel Lahera(右投)へとつないだ。

2017/02/22 石川とら

2017WBC 「台湾-キューバ」強化試合速報

キューバ代表の基本オーダーかな?

2月20日に台湾の台中で行われた「台湾代表-キューバ代表」の強化試合の結果を紹介しておきます。
キューバ・メディアのスペイン語記事からなので、最新キューバ情報のみ。
日本のスポーツ紙によっては、継投情報など、もう少し詳しい記事も出るかもしれない。
新代表チームの最初の国際試合であり、3月7日のWBC開幕に備えて、カルロス・マルティ監督が
基本的なオーダーと考えているメンバーと考えていいでしょうか。

キューバ代表先発メンバー 2月20日 対チャイニーズ・タイペイ戦

1番 Roel Santos ロエル・サントス (CF)
2番 Alexander Ayala アレクサンデル・アヤラ(SS)
3番 Frederich Cepeda  フレデリック・セペダ(DH)
4番 Alfredo Despaigne アルフレド・デスパイネ(LF)
5番 William Saavedra ウィリアム・サーベドラ(1B)
6番. Yosvani Alarcón ヨスバニ・アラルコン (C)
7番. Yurisbel Gracial ユリスベル・グラシアル(3B)
8番 Carlos Benitez カルロス・ベニテス(2B)
9番 Yoelkis Céspedes ユエルキス・セスペデス(RF)
先発:Yosvany Torres ヨスバニ・トーレス(右投)

試合経過は、台湾が2回に2本の二塁打で1点を先制。
5回に、キューバが走者2人を置いて、1番のロエル・サントスの三塁打、2番のアレクサンデル・アヤラの二塁打の
連打で、3点を上げ、逆転。
6回には、キャッチャーのヨスバニ・アラルコンが代表復帰初のHRで「4-1」に。
ゲーム終盤にキューバはフレデリック・セペダのヒットなどで2点を加点。
1点は奪われたものの、「6-2」で勝利。
先発右腕のヨスバニ・トーレスが4回途中まで投げ、左のヨアニ・イエラが9回途中まで5回を投げて勝利投手に。
最後を右のホセ・アンヘル・ガルシアが閉めた。
キューバのオーダーを見ると、新人はライトに入ったユエルキス・セスペデスのみ。
あとのメンバーは大半が2015年のPremier 12か2016年のタンパベイ・レイズとの代表戦に選抜されたメンバー。
先発右腕のヨスバニ・トーレスは試合を作ることができるベテラン。キューバチームの軸になる先発であろう。
日本戦、あるいはオーストラリア戦に先発濃厚。
ヨアニ・イエラが日本でいう「第二先発」の軸。点差がついた試合だったが、最後をクローザーに指名されたはずの
ホセ・アンヘル・ガルシアにつないだというマルティ監督としては、イメージ通りの継投だったはずだ。

打線では、リーグ戦で暴力行為があったために、代表チームからほされていたヨスバニ・アラルコンが
復帰祝いのHR。先発キャッチャー一番手の候補に名乗りを上げたが、キャッチャーには現在リーグ
本塁打王のオズワルド・バスケスなどもおり、セペタの調子次第で、DHのオプションがいろいろ
考えられるというところではないだろうか。
アテネ五輪や第1回のWBCのときほど、打線に重厚感はないが、セペタ、デスパイネ、サーベドラに
アラルコンと並べた中軸は中距離ミサイル砲を並べた感じがする。

2017/02/21 石川とら

2017 WBC 1次ラウンド【プールB】展望

初戦キューバ戦を平常心で戦えるか!?

日本が戦う1次ラウンド【プールB】は日本、キューバ、オーストラリア、中国。
チーム力を相対比較すると、この4チームのうち、国内リーグのレベルから判断して、中国が3敗で
最下位になる確率が高い。
残りの3カ国が互いに1つだけ星を落とした場合は、3カ国が2勝1敗で並ぶケースがあり、その場合だけ、
第5日に2位と3位チームでプレーオフを戦うことになる。
いちばん、可能性が高いのは――、
日本3連勝で1位抜け。キューバ2勝1敗で2位抜け。オーストラリア1勝2敗で3位、中国3連敗で4位です。
小久保監督が継投ミスなどをしなければ、1次ラウンドはそうなると思います。
それぞれのリーグのレベルと選抜された選手の実績から判断して、チーム力は日本がいちばん上。
数値で言うと――、
日本の総合力を80とすると、キューバが70、オーストラリアが55~60、中国が40というところでしょう。

第1日 3月7日
「日本-キューバ」→日本勝ち・キューバ負け 日本1勝 キューバ1敗
第2日目 3月8日
「中国-キューバ」→キューバ勝ち・中国負け キューバ1勝1敗 中国1敗
「日本-オーストラリア」→日本勝ち・豪負け 日本2勝 豪1敗 日本2位以上確定
第3日 3月9日
「オーストラリア-中国」→ オーストラリア勝ち・中国負け 豪1勝1敗 中国2敗
第4日 3月10日
「キューバ-オーストラリア」→キューバ勝ち・豪負け キューバ2勝1敗 豪1勝2敗
「日本-中国」→日本勝ち・中国負け 日本3勝・中国3敗。日本1位抜け

第1日の「日本-キューバ」戦の結果次第で、オーストラリアのジョン・ディーブル監督は、負けたほうの
チームを叩くという2位狙いで戦略を立ててきます。
「日本-キューバ」戦で日本が勝てば、オーストラリアは日本戦を落としても、キューバ戦を勝てば、
2勝を上げて、キューバの上にいけます。
もし、日本が初戦を落とすと、ジョン・ディーブルは投手陣フル動員で(7人か8人の継投)日本戦に
勝ちに来ます。初見のピッチャーをイニング毎に代えられると、打線が強力でも得点がむずかしい。
ジョン・ディーブル監督、昨年11月の「侍ジャパン」のメキシコとの強化試合に、「サンフランシスコ・
ジャイアンツのスカウト」として、東京ドームに来ていましたが、メキシコがぼんぼん投手を投入して
「侍ジャパン」に勝った試合を観ていました。
ジョン・ディーブルという監督は、勝ちにいく試合と捨ててもいい試合を明確に見極めて、短い
トーナメントを乗り切る采配で定評がある監督です。それをやられて、日本はアテネ五輪で
「長島ジャパン(采配は中畑)」はオーストラリアに2敗して、オーストラリアが銀メダル、
「長島ジャパン」は銅メダルに終わりました。グループリーグでは打ち合って負け、決勝トーナメント
では松坂大輔の粘投もかなわず「1-0」の投手戦で負けています。
こういうことを考えると、日本の戦略としては、第一のライバル、キューバを1戦目で叩いて、
次の対戦相手であるオーストラリアの矛先も変えるということを考えるのがいいでしょうね。
初戦のキューバ戦をきっちり取るということがチーム全体の気分を楽にさせることになるでしょう。

そうは言っても、まあ、選手がどんな仕上がり状態で仕上がってくるのか、宮崎キャンプと壮行試合
あたりを見てみないと、なんともいえない。以上は、机上の想定です。

2017/02/17 石川とら

2017 WBC オーストラリア代表

悲願の一次ラウンド突破を狙うオーストラリア
ジョン・ディーブルの秘策は左腕を挟む短い継投。

◆投手14人
Todd Van Steensetl / トッド・ヴァンスティ-ンゼル / 右投先発 / ツィンズAA / 26才
Ryan Searle / ライアン・サール / 右投先発 / 元石川ミリオンスターズ 台湾ラミーゴ / 27
Dushan Ruzic / ドゥシャン・ルジック / 右投先発リリーフ / 元オランダリーグ・フーフトクラッセ / 35
Tim Atherton / ティム・アサートン / 右投リリーフ / アスレチックスAA / 25
Peter Moylan / ピーター・モイラン / 右横手投リリーフ / ロイヤルズAAA メルボルンエーセズコーチ / 38
Warwick Saupold* / ワーウィック・サーポルド / 右投先発リリーフ / タイガースAAA / 27
Matt Williams / マット・ウィリアムズ / 右投リリーフ / 元ツィンズAA アデレード・バイト / 29
Liam Hendriks* / リアム・ヘンドリックス / 右投リリーフ / アスレティックス / 27
Travis Blackley / トラビス・ブラックリー / 左投先発 / タイガースAAA / 34
Jon Kennedy / ジョン・ケネディ / 左投先発 / ブレーブスAA / 21
Steven Kent / スティーブン・ケント / 左投先発 / ブレーブスAAA / 27
Ryan Rowland-Smith / ライアン・ローランドスミス / 左投先発 / 元ダイヤモンドバックス FA / 34
Alexander Wells / アレクサンダー・ウェルス / 左投先発 / オリオールズA L・ウェルスの双子兄弟 / 19
Lachlan Wells* / ラシュラン・ウェルス / 左投先発 / ツィンズA A・ウェルスの双子兄弟 / 19
Josh Tols / ジョシュ・トールス / 左投先発リリーフ / メルボルン・エーセズ / 27
*印の投手3人が予備登録投手で、内1人がメンバーから離れる。
◆捕手3人
Allan De San Miguel / アラン・デ・サンミゲル / 捕手 右右 / ロイヤルズAA / 29
Michell Nilsson / ミチェル・ニルソン / 捕手・三塁 右両 / インディアンスA / 25
Robert Perkins / ロバート・パーキンス / 捕手 右右 / ロッキーズA / 22
◆内野手6人
James Beresford / ジェームズ・ベレスフォード / 内野 一塁三塁 右左 / ツィンズ / 28
Brad Harman / ブラド・ハーマン / 内野 二塁 右右 / フィリーズ / 31
Luke Hughes / ルーク・ヒューズ / 内野 二塁三塁 右右 / 元タイガース / 32
Logan Wade / ローガン・ウェード / 内野 二塁遊撃 右両 / ツィンズ A / 25
Mike Walker / マイク・ウォーカー / 内野 三塁 右左 / 元ブリュワーズA / 28
Stefan Welch / ステファン・ウェルチ / 内野 一塁三塁 右左 / 元レッドソックスA / 28
◆外野手5人
Michell Dening / ミチェル・デニング / 外野 右左 / 元ヤクルト・愛媛マンダリンパイレーツ / 28
David Kandilas / デービッド・カンディラス / 外野 右右 / 元新潟アルビレックスBC / 26
Timothy Kennelly / ティモシー・ケネリー / 外野 三塁 捕手 右右 / フィリーズ R / 30
Trent Oeltjen / トレント・オエルティン / 外野 左左 / 元ドジャース / 33
Aaron Whitefield, Twins / アーロン・ホワイトフィールド / 外野 右右 / ツィンズR / 20

◆予備登録投手 designated pitchers 7人
Tom Bailey / トム・ベイリー / 右投先発 / パース・ヒート / 24
Justin Erasmus / ジャスティン・エラスムス / 右投リリーフ / 元レッドソックスA / 27
Joshua Guyer / ジョシュア・グイヤー / 右投リリーフ / シドニー・ブルーソックス / 22
Samuel Holland / サミュエル・ホランド / 右投リリーフ / エンジェルスAA / 22
Daniel McGrath / ダニエル・マクグラス / 左投先発 / レッドソックスAA / 22
Chris Oxspring / クリス・オクスプリング / 右投先発リリーフ / 元阪神 ロッテ・ジャイアンツ 投手コーチ / 39
Samuel Street / サミュエル・ストリート / 右投リリーフ / パイレーツAA / 24

昨年11月の日本とメキシコの強化試合にも偵察に来ていたジョン・ディーブル監督。強化試合とはいえ、メキシコが日本を破ったゲームはおおいに参考になったはず。日本またはキューバの「2強」の一角を脅かすには、勝てるゲーム展開では、投手を短いイニングで次々、投入してくる可能性大。投手力14人、それも左右交互に投入されれば、そう簡単には打ち崩せない。

2017/02/15 石川とら 

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング