Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017年7月31日「侍ジャパン」新監督に稲葉篤紀が就任。

稲葉篤紀監督と山中正竹強化本部長

稲葉篤紀監督と山中正竹強化本部長は法政大学野球部時代の師弟

「もちろん、目標は五輪金メダル」
「侍ジャパン」新監督に稲葉篤紀が就任。


2020東京オリンピックに向けて、「侍ジャパン」の稲葉篤紀新監督の就任記者会見が開かれたので、話を聴いてきました。
アテネ五輪以来、2つのオリンピックと4回のWBCをずっと取材させてもらってきたわけですが、稲葉新監督、とてもフレッシュなイメージがします。
今週木曜日(8月3日)に45歳になるんだと自分でも話していましたが、選手たちと年齢も近く、「小久保ジャパン」の打撃コーチとして選手たちを手取り足取りで指導してきたコーチですから、選ばれた選手たちは、どの選手も、「この監督のために」と自然とチームに入っていけるんじゃないかなあと思います。

監督経験がどうのこうのと、ケチをつけなかったNPB。英断ですね。球界も野球界の新時代に向けて、やっと新陳代謝しようとしているんだなと感じます。
実際は、NPBだけでなく、東京五輪での「野球復活」と地元開催五輪での金メダルを目指して、プロ球界とアマ球界が団結して「日本野球協議会」を結成して強化委員会を設けて、誰を新監督に選ぶか、過去の代表監督からヒヤリングをするなど、3か月余り、時間をかけて人選したのだそうです。

オリンピックの代表チームというのは、チーム編成がWBCとは若干、異なってきます。
東京オリンピックでの野球競技の運営ルール詳細はまだ最終的な結論が出ていませんが、ベンチ入りできるメンバーは、北京五輪と同じだとすると、監督1人、コーチ3人、選手24人となります。WBCですと、監督1人、コーチ5人、選手28人と、もう少し大所帯ですね。
そして、予選リーグ(たぶん6チーム総当たりのリーグ戦)5試合と、決勝トーナメントが2か3試合を戦うことになるのではないかと思いますが、WBCのような大会中の大移動はありませんが、選手数が少ないなかで7試合か8試合を戦うわけです。

「侍ジャパン」をサポートするために、日本野球協議会では、「侍ジャパン強化委員会」に強化本部を設けて、その強化本部長に山中正竹さんを指名しました。
山中さんは、法政大学時代、東京六大学で通算48勝をあげた名投手。社会人野球でも住友金属の選手、監督として活躍。ソウル五輪とバルセロナ五輪でコーチ、監督としてメダルを獲得。その後、法政大学野球部監督として、六大学に復帰していますが、稲葉監督は、法政時代の教え子でもあります。
山中さんたちの強化本部が、少ないコーチ陣やスカウティング業務、五輪のルーティーンワークなどをサポートする体制で臨みます。

山中さんと稲葉監督に、今後の「侍ジャパン」のチーム編成の基本方針について、聴いてみました。
ぼくが聴きたかった質問は、「五輪金を獲得するために、オールプロで臨むのか? それとも、若い世代の社会人や大学の選手たちにも門戸を開くアマチュア枠も考えるのか?」

山中強化本部長
「五輪はそれぞれの競技の最高のアスリートが競い合う場です。野球でも、最終的には、ベストのメンバーで臨みたい。アマチュアでも、学生でも、当然選ばれるべき選手がいれば、選考の対象となります。そういう選手が出てくるような、そういう日本の野球界であれば楽しみだなと思っています。最終的にベストのメンバーを選ぶのが条件です」

稲葉監督
「アマチュアでも素晴らしい、選ばれるべき選手がいれば選んでいこうと思います。アマチュア野球、アンダー世代も意識しながら見ていく必要があると思っていますので、3年かけてじっくり選んでいきたい」

「金メダルを取る」という最終目標から言うと、アマ枠を設ける余裕があるんだろうかと半分、不可能かなと考えていたのですが、山中さんも稲葉監督も、「アマでも、最高の選手が出てくれば、その選手を選べばいい」と、至極、納得のいく応えでした。

最後に、スポニチの記者か? 「話題の清宮選手についてどう感じていますか?」という質問に。
稲葉監督
「非常に注目しています。体も大きくなり、パンチ力もあって、左のパワーヒッターではすごい才能だと思います。これからは(もう一段階上のレベルで)スピードに慣れていくことが重要だと思います」
という回答でした。

2017/07/31 石川とら

追記
稲葉監督に清宮選手の件を質問したのは石川さんですかと
質問があったので、書いておきます。
私ではありません。
ああいう質問はデリケートな問題なので、具体的な選手の名前を出して
会見で聴くというやり方はエチケットに反するように思います。
どうしても知りたければ、ぶらさがり取材で聴けばいいことで。
どこがデリケートかと言いますと――、
清宮選手が進学するのか、プロに進むのか、意思表示もしていない状態のときに、
侍に選ばれるかどうかというずっと先の問題を、清宮選手に限定して聞いたわけですね。
清宮選手が努力して、最終的に「侍」に選ばれたとしたら、そりゃ問題ないですが。
選ぶのは強化委員会サイドであって、最終的なチーム編成時点でどういう判断が
出るかはわからない。
それを一選手の名前を具体的に出して、監督に聞くのは、
もし、その選手が選ばれなかった場合を考えると、ぼくには聞けないなあ。
これは、ぼくのような古い頭の考え方なのかもしれませんが。

2017/08/03

2017年7月30日 西東京大会決勝「早実-東海大菅生」

東海大菅生、早実に完勝。清宮の夏、終わる。

西東京大会優勝:東海大菅生(17年振り3度目)
「早実 2-6 ○東海大菅生」

勝ち投手 松本 9回108球 被安打6 与四球 1 失点 2
負け投手 雪山 9回 123球 被安打11 与四死球 2 失点 6
エラー 早実 3 東海大菅生 1
盗塁 東海大菅生 3

8回終了時点で「早実 2-4 東海大菅生」だったから、早実の一年生投手、雪山もよく投げました。
菅生の松本投手からは、そうそう連打を奪えないので、3点以上だと早実としてはむずかしい試合になると予想していましたが、だいたいそのとおりのゲーム展開だったと思います。
【1回表】菅生が上位打線で1点先取。
【2回裏】早実もヒットの野村を犠牲バントで送り、福本の二塁打で同点に追いつく。

問題は【4回裏】早実の攻撃。
先頭の清宮が敬遠気味の四球で出塁。野村がレフト前ヒットで無死一二塁。
次の西田が初球をバントの構えからバスターに切り替えてファウル。2球目をバントでファウル。結局、ランナーを送ることができず、三振。続くバッターはともに内野ゴロでチャンスをつぶした。

【5回表】ピンチの後にチャンスあり。
1死から2番松井が二塁内野安打で出塁。次の小玉の三塁ゴロを三塁手が一塁に低投。ボールがファウルゾーンに転がる間に一塁ランナーが生還。バッターランナーも三塁へ。4番片山が左中間2BHで小玉が生還。5番奥村が初球をセンター前に運び、片山が還り、4点目。「1-4」に。

【6回裏】早実野村が三塁打のあと、ワイルドピッチで還り、「2-4」と1点追いついたが、松本投手の要所を閉めるピッチングの前に、早実に逆転のチャンスはほとんどなかった。

4回裏「1-1」の同点でありながら、無死一二塁のチャンスで、バスターという奇策を選択したあたりに、早実ベンチに焦りがあったように感じますね(雪山が9回保たないのではないか、松本を打ち崩すには思い切ったことをしないというような)。

ひとつ前の塁を奪う積極的な走塁やエンドランの駆け引きなどでは、東海大菅生の練度が早実よりも頭抜けていました。
5回と9回の早実内野陣の送球ミスにつけ込んだ一塁ランナーの本塁への走塁は、ランナーの足の速さだけでなく、塁に出たときのリードの広さ、スタートのよさ、三塁ベースを回るときにも躊躇しない積極的な判断など、日頃からの走塁練習の成果です。高校野球としては非常に高度な野球です。

盗塁するぞ、するぞとバッテリーを警戒させておいて、ストレートを投げさせて、バッターはそれを叩いてヒットエンドランを仕掛けた攻撃(3回、仕掛けましたが、結果的にはバッターフライアウトになりましたが)、あるいは、ランナーを二塁に置いて、カウント「3-0」から、ストライクを見送るのではなく、ストレートと読んで打ちにいった積極的なバッティングなど、練習のときから、アウトカウントやランナーを考えて、打っていく練習を積んできたことが想像されます。

そういう意味で、東海大菅生の野球は、攻走守三拍子そろった非常にレベルの高い野球でした。優勝候補と目されていた日大三高と早実を続けて破って甲子園大会に出場するのは、決してフロックなどではないです。積極的なバッティング、走塁の「ノビノビ野球」で甲子園を走り回って湧かせてほしいものです。

 「今日の清宮」

13時試合開始予定のゲームで、11時で内外野席ともチケット完売。初めての経験。
清宮君の「108」号を見たいファンがホントに長蛇の列でした。内野で観れず、外野席でした。
3打数1安打1四球。清宮君の夏は終わりました。3年間、ご苦労様でした。
高校通算HRはとりあえず107本で打ち止め。
清宮選手はWBSC U-18 ベースボールワールドカップカナダ大会(9月1日~)の「U-18侍ジャパン」第1次候補選手に選ばれており、その大会に最終的に選抜されると、カナダで108本目を打つんじゃないかな。
すでに別のページでも書きましたが、筆者は早稲田大学野球部の熱烈ファンでもあり、清宮選手は早稲田大学に進学するものだ、そして、一年時から六大学の打撃タイトルを連続総ナメで取ってもらって、東京オリンピックの「侍ジャパン」チームにアマチュア枠から選ばれてほしいと思っています。

2017/07/30 石川とら

2017年7月25日 西東京大会準々決勝「日大三高-東海大菅生」戦

第一試合準々決勝「○早実 5-1 日本学園」

「今日の清宮」 2打数1安打(二塁打)、2四球。

■第1打席(1回裏1死二塁)
一塁が空いているので、清宮と勝負する気持ちなし。「3ボール1ストライク」から四球。
■第2打席(2回裏2死一塁)
ストレートの四球。
■第3打席(4回裏 無死ランナー無し)
「3ボール2ストライク」から外角やや低めのストレートか? 左中間へ2Bヒット。
■第4打席(2死ランナー無し)
「2ボール」から3球目を当たり損ねのファーストゴロ。
2打数1安打(二塁打)、2四球。

8回裏2アウトで2番バッターが「3ボール2ストライク」からショートフライ。
清宮の打席をもう一度、見ることができるかと期待していた7000人のファンの「アーッ」というどよめき。

第二試合準々決勝「日大三高 0-5 東海大菅生○」 

東海大菅生、ベストゲームで完勝。
菅生打線、初回から、日大三高の左腕エース桜井のストレートを狙い打ちして、初回に2点先取。
桜井、今日も最速147kmのストレートがあるのに、3回以後、変化球ばかりの配球となり、
自分の投球リズムを崩す。
後半、変化球のコントロールが甘くなり、高めに浮いたところを痛打されて、
追加点、中押し、ダメ押し点を奪われる。
投げては、東海大菅生の背番号11番(第二エース)の松本(右投げ)が散発3安打に抑えて完勝。
松本、柔らかいフォームから最速142kmのストレートと、カットボール、スライダーと、
キレのいい変化球を散らしてくる。
西東京大会の決勝は、早実と東海大菅生の対戦になるのではと予想するが、
投手力の差で、東海大菅生がやや有利か。
僅差の勝負に持ち込めば、早実にもチャンスがあるだろうが、打ち合いになると、
早実の新エース雪山のストレート(最速135km)では、菅生打線を抑えきるのはやや苦しいか。

2017年7月25日 石川とら

2017年7月21日 高校野球西東京大会「法政 0-5 早実」

この夏、初「清宮」。西東京大会5回戦「法政-早実」戦。

3回表ノーアウトランナー無しでの第2打席から。法政投手は右投げ軟投の折橋投手。
初球96kmのスローカーブでストライク。
2球目、外角低めに落ちるスライダーか? 119kmを空振り。
3球目、同じボールを外角やや外に。清宮見送り、1ボール2ストライク。
4球目、同じくやや落ちるスライダーが真ん中に入り、清宮一閃。
決して、いい当たりではない、ボールをこすった感じの当たり。
右中間に飛び、フェンス直撃かセンターが追いつくフライかと思っていたら、フェンス越し。無風。早実先制点。

あの当たりでHRだと、投手はつらい。
3球続けて同じ球種で、3球目がいちばん甘いところに来たのでは打たれても仕方がない。
ストレートが最速で125km程度だと、ストレート勝負はできない。それでも内角胸元にボール球のストレートを
使ってから、スライダーという組み立てであれば、勝負の仕方があったように思うのだが。
折橋9回裏2アウトまで強打の早実を2点に抑える好投だっただけに、清宮に対するこの回の配球が悔やまれる。

清宮のHR、西東京大会3試合連続のHR。春の大会以後、公式戦8試合連続HR。高校通算106本目のHRだそう。
あの当たりでフェンス越えの理由を、望遠で清宮のバッティングを撮っていたカメラマン氏と感想を話し合った。
「スイングスピード。バットのヘッドの速さとそれを生み出す手首の強さ、しなやかさ」につきるように思う。
第1打席が四球。第3打席が一塁手を強襲するような速いゴロで抜いた二塁打。第4打席がライトフライを
ライトがボールを見失った「清宮ヒット」の三塁打。結果、3打数3安打3打点。

ただし、守備では、フェアかファウルか微妙な一塁線の当たりをファウルと判断して追いかけず
(バッターランナーもファウルと思って走ってなかった)、二塁打にしてしまった守備。
走塁では、アウトカウントを間違ってチャンスをつぶしてしまった5回の走塁と、
9回の三塁打になったライトフライでミスショットを悔やみながら走っていたのか、手袋を脱ぎながらの走塁など、
ボーンヘッド計3つ。
とくに5回のアウトカウントを間違って、センターフライで二塁から三塁に走った際、
三塁ベースを踏み越していたのに、二塁に帰塁するときには三塁ベースを踏まずに戻ったプレーは、
チームとして、野球ルールやミスについて教えてないのかなと少々ガッカリ。
報道陣に徹底マークされて、集中力が途切れてしまったのかもしれないが、ボーンヘッドはきっちり反省しないと。

早実、この試合で右腕雪山が散発5安打与四球1、投球数106球の省エネ完封勝利。
法政が早めのカウントからストライクコースを打ってきたこともあるが、「3ボール」の不利なカウントになったのは
わずか3回。「投手力が課題」と言われてきた早実にやっとエース誕生か?
あと、攻撃では、もっと足を使った攻撃が欲しいところ。ランナーが一塁に出ても、リードがとても小さい。
ヒット9本、四球6で、盗塁1というのは物足りない。
早実は、この勝利で「ベスト8」入り。次の試合は7月25日(火)9:00からの日本学園との準々決勝(神宮球場 9:00~)。

2017/07/21 石川とら

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング