Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017年7月21日 高校野球西東京大会「法政 0-5 早実」

この夏、初「清宮」。西東京大会5回戦「法政-早実」戦。

3回表ノーアウトランナー無しでの第2打席から。法政投手は右投げ軟投の折橋投手。
初球96kmのスローカーブでストライク。
2球目、外角低めに落ちるスライダーか? 119kmを空振り。
3球目、同じボールを外角やや外に。清宮見送り、1ボール2ストライク。
4球目、同じくやや落ちるスライダーが真ん中に入り、清宮一閃。
決して、いい当たりではない、ボールをこすった感じの当たり。
右中間に飛び、フェンス直撃かセンターが追いつくフライかと思っていたら、フェンス越し。無風。早実先制点。

あの当たりでHRだと、投手はつらい。
3球続けて同じ球種で、3球目がいちばん甘いところに来たのでは打たれても仕方がない。
ストレートが最速で125km程度だと、ストレート勝負はできない。それでも内角胸元にボール球のストレートを
使ってから、スライダーという組み立てであれば、勝負の仕方があったように思うのだが。
折橋9回裏2アウトまで強打の早実を2点に抑える好投だっただけに、清宮に対するこの回の配球が悔やまれる。

清宮のHR、西東京大会3試合連続のHR。春の大会以後、公式戦8試合連続HR。高校通算106本目のHRだそう。
あの当たりでフェンス越えの理由を、望遠で清宮のバッティングを撮っていたカメラマン氏と感想を話し合った。
「スイングスピード。バットのヘッドの速さとそれを生み出す手首の強さ、しなやかさ」につきるように思う。
第1打席が四球。第3打席が一塁手を強襲するような速いゴロで抜いた二塁打。第4打席がライトフライを
ライトがボールを見失った「清宮ヒット」の三塁打。結果、3打数3安打3打点。

ただし、守備では、フェアかファウルか微妙な一塁線の当たりをファウルと判断して追いかけず
(バッターランナーもファウルと思って走ってなかった)、二塁打にしてしまった守備。
走塁では、アウトカウントを間違ってチャンスをつぶしてしまった5回の走塁と、
9回の三塁打になったライトフライでミスショットを悔やみながら走っていたのか、手袋を脱ぎながらの走塁など、
ボーンヘッド計3つ。
とくに5回のアウトカウントを間違って、センターフライで二塁から三塁に走った際、
三塁ベースを踏み越していたのに、二塁に帰塁するときには三塁ベースを踏まずに戻ったプレーは、
チームとして、野球ルールやミスについて教えてないのかなと少々ガッカリ。
報道陣に徹底マークされて、集中力が途切れてしまったのかもしれないが、ボーンヘッドはきっちり反省しないと。

早実、この試合で右腕雪山が散発5安打与四球1、投球数106球の省エネ完封勝利。
法政が早めのカウントからストライクコースを打ってきたこともあるが、「3ボール」の不利なカウントになったのは
わずか3回。「投手力が課題」と言われてきた早実にやっとエース誕生か?
あと、攻撃では、もっと足を使った攻撃が欲しいところ。ランナーが一塁に出ても、リードがとても小さい。
ヒット9本、四球6で、盗塁1というのは物足りない。
早実は、この勝利で「ベスト8」入り。次の試合は7月25日(火)9:00からの日本学園との準々決勝(神宮球場 9:00~)。

2017/07/21 石川とら

大学野球選手権準決勝

準決勝2試合とも投手戦。決勝は「国際武道大-立教大」に。 

20170610大学選手権準決勝第1試合.jpeg

第1試合「上武大-国際武道大」

8回裏に上武大が1点を追いついて、延長10回のタイブレーク・ルールで「3-2」で決着したが、9回終了時点で、国際武道大はH4本、死四球5、上武大はH3本、死四球3、ともに得点2なので、両チームの投手陣が踏ん張った投手戦。
こういう試合は、エラー、四死球、それと、今日は外野に向かってHR風とでも呼ぶべき強風が吹いていたのでHRで決まりそうという雰囲気のゲームだった。

【5回裏】
先制したのは上武大。先頭の6番増野が死球で出塁。送りバントで二塁に進み、8番吉田の深いライトフライが犠飛となって三塁へ。9番山脇のショート内野安打で増野が還り、先制。
山脇が俊足だったので一塁滑り込んで際どくセーフというプレー。神宮の人工芝を気にしたか、ショートがバウンドを待ってから捕球した分、送球が遅れたように思う。エラーにはならなかったが、普通なら、ショート内野ゴロでアウトのプレーだろう。

先制したことで、次の試合の投手起用も考えてか、6回表から、上武大、好投の西村(右投げ)から平沢(左投げ)に継投。
【7回表】
1死後、8番筒井が粘って四球で出塁。9番赤木が「左対左」を苦にすることもなく、1ボール後のインコースの球を(ストレートか? *翌日の新聞記事によれば、カーブ) 強振。高く上がったライナーが風に乗って右中間フェンスを越える2RHR。逆転。前のバッターを四球で出したため、ストライクを取りにいったボールが甘く入ってしまったか。
【8回裏】
2死から1番島田がカウント「0-2」から粘って四球。2番田中が初球を左中間へ2BHで、島田が還り、「2-2」の同点に。四球でランナーを出したところで、ベンチがタイムを取るなり、キャッチャーが間を取るなりしなかったベンチのボーンヘッド。
2失点とはいえ、国際武道大の伊藤将、敢投でした。
【10回表】
タイブレーク・ルールは、「1死満塁」の状態で戦います。内野ゴロ・ゲッツーに終わったら、負けるというルールだと思えばいいでしょう。
国際武道大は1番、2番、3番を塁に置いて、4番服部がバッターに。服部、ピッチャー返しの鋭いゴロ。セカンド山脇が横っ飛び、止めますが、当たりが強かったためにボールがグラブからこぼれて、内野安打に。三塁ランナー矢後が還り、3点目。次のバッターが「4-6-3」ダブルプレーで1点のみに。
【10回裏】
上武大は7番、8番、9番を塁に置いて、1番バッターから。しかし、9回からリリーフの平川(右投げ)に2三振に打ち取られてゲームセット。


20170610大学選手権準決勝第2試合

第2試合「立教大-東海大北海道」

【1回裏】
1番寺山がショートゴロ。ショートが一塁に暴投(E6)。2番熊谷の送りバントで寺山二塁へ。3番飯迫の三塁ゴロ。三塁一塁に低投(E5)。1死一二塁に。笠松、死球で1死満塁。山根の三塁ゴロを三塁が後ろにそらし(E5)、寺山が還り、立教が先制。次の打者は「6-4-3」のダブルプレーで1点のみ。

以後、立教の田中、東海大北海道の太田の両左腕エースが好投。
田中 7回2/3を被安打3、与四死球3
太田 8回を被安打2、与四死球2
「スミイチ」(1回表か裏の1点で決まる試合)かなあ? という展開のゲームに。

【8回表】
田中、簡単に2死をとったあと、1番中西に死球。キャッチャー藤野がすぐマウンドの田中のところへ。藤野、今シーズンで見事、成長。2番、松永にセンター前にクリーンHを打たれて、2死一三塁に。立教、ここで、田中に代えて、右下手投げの1年生ストッパー中川を継投に。中川が1回1/3をピタッと抑えて、立教、なんとか初回の1点で逃げ切る。

立教打線、振れていませんね。決勝戦で投手陣がどこまで踏ん張れるか。

試合展開とは関係ありませんが、この試合の球審を東京六大学の審判が勤めたのには、少し、疑問があります。
該当チームの所属リーグでない審判が担当するというのが良識的な考え方だと思います。

決勝戦「国際武道大-立教大」は6月11日13:00から。NHK BS1とJ SPORTS で実況中継の予定。

2017/06/11 石川とら

【追記】
決勝戦は別件先約があって、観戦できませんでしたが。
立教が「9-2」で勝ち、1958年以来、59年振りの優勝。立教、おめでとうございます。
国際武道大は伊藤将の連投。立教は二本柱の手塚の先発。
初回、大東の3RHRなどで5点を奪った立教が終盤にも加点して快勝の試合だったようです。

2017年5月28日「早稲田-慶応」第2戦

早稲田、意地を見せる。立教優勝確定。

【先攻】慶応
1番 ライト 天野 左 5(智弁和歌山・環境4年)
2番 三塁 瀬尾 右 6 (早稲田佐賀・理工4年)
3番 センター 柳町 左 1 (慶応・商2年)
4番 レフト 岩見 右 13(比叡山・総合4年)
5番 キャッチャー 郡司 右 22(仙台育英・環境2年)
6番 一塁 清水翔 左 3(桐蔭学園・総合4年)
7番 二塁 倉田 左 7(浜松西・法4年)
8番 ショート 照屋 右 10(沖縄尚学・環境4年)
9番 投手 菊池 18 右投げ(慶応志木・政3年)

先発投手 菊池 18 右投げ
リリーフ  高橋佑 左投げ 34(川越東・環境2年)
       高橋亮 15 右投げ(慶応湘南藤沢・総合2年)
       関根 36 右投げ(城東・環境1年)

【後攻】早稲田
1番 ライト 三倉 左 25(東邦・スポーツ4年)
2番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
3番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
7番 キャッチャー 小藤 左 26(日大二・スポーツ2年)
8番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
9番 投手 柳澤 右 17(広陵・スポーツ4年)

先発投手 柳澤 17(右投げ)(広陵・スポーツ4年)
リリーフ 二山 15(左投げ)(早実・商4年)
     北濱 12(右投げ)(金沢桜丘・人間4年)
     小島 19(左投げ)(浦和学院・スポーツ3年)

【1回表】
慶応、1番天野が初球をレフト前H。瀬尾が送りバントで1死二塁。
柳町のファーストゴロで天野が三塁へ。岩見が四球で2死一三塁。
郡司のライト前タイムリーHで天野が還り、慶応、先取点。「0-1」。2死一三塁。
昨日、満塁HRの清水翔とは勝負せず、2死満塁に。倉田セカンドゴロで3者残塁。
【1回裏】
早稲田、左打ちの三倉を1番に起用。また、7番にキャッチャーの小藤(左打ち)を起用。
三倉、ライト前クリーンH。檜村の送りバントで二進。3番佐藤、レフトオーバーの2RHR。
「2-1」。今日は、初回から打撃戦の様相。
【3回表】
先頭の岩見に四球。当たっている郡司、左中間フェンス直撃の2BHで無死二三塁。清水翔のセンター前タイムリーHで2者が還り、「2-3」。バッターランナー清水も返球の間に二塁へ。無死二塁。
早稲田、柳澤から二山に投手交代。
倉田の送りバントで、清水が三塁へ。1死三塁で、照屋のライトフライで清水が還り、「2-4」に。
【3回裏】
早稲田、2死後、4番加藤がセンターオーバーの2BH。宇都口がレフト前Hで加藤が還り、「3-4」に。
宇都口、盗塁で2死二塁に。長谷川がレフト前Hで宇都口が還り、「4-4」に。2死から3連打で2得点。
【4回裏】
この回先頭の8番織原がセンター前H。送りバントで二進。三倉のファーストゴロで三進。
檜村の投手強襲ショート前Hで織原が還り、「5-4」に。
【5回表】
先頭の郡司が四球。送りバントで二進。倉田が四球。2死後、代打の明渡に四球で満塁。
天野に死球で押し出し「5-5」。
瀬尾のレフト前タイムリーHで倉田が還り、慶応、逆転「5-6」。
早稲田投手陣、慶応の強打を警戒しすぎるためか、5回までに10四死球。これが無駄な失点につながった。
【7回裏】
この回先頭の佐藤晋、ライト線へクリーンH。加藤のファーストゴロで二進。宇都口のライト前Hで1死一三塁。2死後、PH熊田が死球で2死満塁。PH福岡が左中間へ2BHで3者が還り、「8-6」に。PH小野寺のショートゴロをエラー。2死一三塁。三倉が四球で満塁。檜村のセンター前タイムリーHで2者が還り、「10-6」に。この回、4安打、2四球、1エラーで、打者一巡、5得点で早稲田再逆転。
【8回裏】
先頭の加藤がレフト前H。加藤、今日も5打数2安打で、打率.405と1位を維持。
加藤に代えて八木がPRに。八木が盗塁。1死後、長谷川のセンター前Hで八木が還り「11-6」に。長谷川ワイルドピッチで二進。2死後、吉澤のレフト前Hで長谷川が還り、「12-6」。

早稲田、5回途中から7回までを北濱が、8、9回を小島が投げ、6回から9回を三者凡退に抑える。
ひょっとしたら、北濱、早慶戦、初勝利か。おめてとう。
早稲田、意地のライバル優勝阻止。立教の18年ぶりの優勝決定。
立教、おめでとうございます。大学選手権、がんばってください。

1位 立教 15試合 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692→確定
2位 慶応 13試合 7勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.636
3位 法政 12試合 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 11試合 6勝5敗 勝ち点2 勝率.545
5位 明治 11試合5勝6敗 勝ち点2 勝率.455→確定
6位 東京 10試合0勝10敗 勝ち点0 勝率.000→確定

早慶戦第3戦は、観にいくことができない。残念。

2017/05/28 石川とら

【追記】

5月29日の早慶戦第3戦は、「○慶応 4 - 3 早稲田×」で、慶応が2勝1敗で勝ち点を取りました。
観にいくことができませんでしたので、詳細はわかりませんが、慶応が2回裏に2点先制、
5回、6回と追加点を上げ、「4-1」に。早稲田が終盤、1点差まで追い上げるも、届かず
という試合だったようです。不要な失点を与えて、最後、届かずという今シーズンの早稲田の
悪い試合運びが最終戦でも出てしまった。早稲田投手陣、「被安打8+与四死球7」ですので、
これでは試合の主導権を握れませんね。

その結果、最終順位は、下記のとおりに。
1位 立教 15試合 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
2位 慶応 13試合 8勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.667
3位 法政 12試合 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 11試合 6勝6敗 勝ち点2 勝率.500
5位 明治 11試合5勝6敗 勝ち点2 勝率.455
6位 東京 10試合0勝10敗 勝ち点0 勝率.000

それから、個人成績では、新4番の加藤雅樹外野手が打率.375で首位打者を獲得しました。
まだ2年生ですので、今後も早稲田打線の核となるはずです。

2017年5月27日「慶応-早稲田」第1戦

前半投手戦、後半満塁HR2発で慶応が「優勝王手」

【先攻】早稲田
1番 ライト 八木 右 25(早実・スポーツ4年)
2番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
3番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
7番 キャッチャー 岸本 右 27(関大北陽・スポーツ3年)
8番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
9番 投手 小島 左 19(浦和学院・スポーツ3年)

先発投手 小島 19(左投げ)
リリーフ 柳澤 17(右投げ)(広陵・スポーツ4年)
     早川 13(左投げ)(木更津総合・スポーツ1年)
     北濱 12(右投げ)(金沢桜丘・人間4年)
     二山 15(左投げ)(早実・商4年)

【後攻】慶応
1番 ライト 天野 左 5(智弁和歌山・環境4年)
2番 三塁 瀬尾 右 6 (早稲田佐賀・理工4年)
3番 センター 柳町 左 1 (慶応・商2年)
4番 レフト 岩見 右 13(比叡山・総合4年)
5番 キャッチャー 郡司 右 22(仙台育英・環境2年)
6番 一塁 清水翔 左 3(桐蔭学園・総合4年)
7番 二塁 倉田 左 7(浜松西・法4年)
8番 ショート 照屋 右 10(沖縄尚学・環境4年)
9番 投手 高橋佑 左 34(川越東・環境2年)

先発投手 高橋佑 34 左投げ
リリーフ  菊池 18 右投げ(慶応志木・政3年)
      高橋亮 15 右投げ(慶応湘南藤沢・総合2年)

両チーム先発、ともに5回まで好投。
【6回裏】
2、3、5回に四死球を1つずつ3四死球のみと完璧に慶応打線を抑えてきた早稲田の左腕エース小島。
この回、1死後、2番瀬尾にレフトオーバーの2BHを打たれる。慶応初H。
3番柳町を敬遠四球で1死一二塁。4番岩見がボテボテの三塁ゴロ。三塁、間に合わない二塁に送球して
1死満塁に。守備凡ミス。5番郡司はセカンドフライに打ち取るが、6番清水翔がライトオーバーの満塁HR。
小島、5回2/3を被安打わずか2で4失点。痛い。「4-0」。
【7回表】
慶応高橋佑、6回をわずか被安打1、1与四球。早稲田、高橋のカットボール、チェンジアップに手こずる。
7回表先頭打者3番佐藤晋、初球をレフトオーバーのHR。「4-1」。
4番加藤、四球。5番宇都口、四球で無死一二塁。6番長谷川送りバント失敗で、1死一二塁。
慶応、投手交代。高橋佑→右投げの菊池に。7番岸本が四球で1死満塁。
代打熊田、レフト前タイムリーHで2者が還り、「4-3」に。本塁送球ミスの間に熊田も二塁へ。
1死二三塁。代打三倉、ショートゴロ、ショート、本塁返球もセーフ(フィルダースチョイス)で、「4-4」。
PH福岡のセカンドゴロで熊田が還り、早稲田逆転「4-5」。
両チーム、投手が変わったとたんの打撃戦に。
【7回裏】
早稲田、1年生左腕、早川がリリーフに。この回先頭の照屋がレフト前H。送りバントで二進。
1番天野が粘って四球。1死一二塁。2番瀬尾にも四球。
3番柳町、初球ストレートを狙い打って打った瞬間に分かるライトオーバー満塁HR。
慶応、アッという間の逆転。「8-5」。

こういう試合、プロのゲームでもあまり見たことがない珍しいゲーム。
安打数だけで言えば、慶応が4安打8得点、早稲田が3安打5得点。
フォアボールでランナーをためたところでガツンという試合。
慶応が誇るパンチ力抜群の「右投げ左打ちヒッター」、清水翔と柳町の
2本の満塁HRでやられた。4番岩見の当たりは止まったが、慶応打線、破壊力あり。
慶応、明日5/28に連勝なら、優勝。早稲田、目の前での優勝を阻止できるか。

2017/05/27 石川とら

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング