Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017年5月22日 「立教-明治」第3戦

立教が明治を下し、勝ち点。

今日は、神宮に観にいってないので、東京六大学野球連盟のホームページを確認したいのに、
連盟のホームページがトラブル発生でアクセスできない。
ネットテレビ中継を始めたためなのか、試合結果速報さえ見ることができないのでは役に立たないね。
仕方がないので、「2ちゃんねる」の立教の応援ページを確認して、延長12回、立教がからくも明治を破り、
勝ち点をゲットしたというのだけわかりました。

この結果、立教と明治の最終勝率が確定。
立教の最終成績は、9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
明治は、5勝6敗 勝ち点2 勝率.454

5月22日第7週終了時点での暫定順位は、
1位 立教 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
2位 慶応 6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
3位 法政 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
5位 明治 5勝6敗 勝ち点2 勝率.454
6位 東京 0勝10敗 勝ち点0 勝率.000

次週早慶戦で早稲田が2連勝しても、早稲田の勝率は.636で立教に届きません。
このため、早稲田は優勝争いから脱落。優勝のチャンスはは立教か慶応のみ。
慶応は、早慶戦に2連勝の場合、勝率.727。2勝1敗の場合は勝率.667となり、
慶応が早稲田に第1戦、第2戦連勝したときのみ、慶応が優勝。
慶応が早稲田に1敗した場合、立教の18年ぶりのリーグ優勝ということになります。

死んだ子の歳を数えてもですが、明治との第1戦、立教との第2戦のどちらかを勝っていれば、
早稲田にも十分、優勝のチャンスがあったのだと。これは、選手たち自身、よく分かっているはずです。

春のシーズンを見た限り、立教、法政は投手陣、打撃陣とてもいいチームだったように思います。
慶応も、秋までには投手力の底上げができてくるでしょう。
最後までオーダーが決まらなかった明治も、秋までにはもう少し破壊力のある打線になるでしょう。

早稲田は、投手陣では、大竹が最後のシーズンに4年生としてなにをやらないといけないのかという気持ちを
取り戻すことができるかどうか。
打撃では、2年生4番の加藤に頼るだけではどうするのかと、上級生たちが春に打ち取られた苦手投手たちを
攻略するためのシュアなバッティングを身につけること。

勝ち点を取るためには、1点でも余計に取る、相手には余分な1点を与えない厳しい野球ができるかですね。
たった10数試合で何回、送りバント失敗をやったか。スコアリングポジションにランナーがいるのに、どうして、
イージーにバッターと勝負してしまったか。秋も5校、実力拮抗状態が続きます。厳しい野球ができなければ、
優勝争いに踏みとどまれない。厳しい野球をやろう。それだけ期待します。

2017/05/22 石川とら

2017年5月20日「立-明」第1戦

土壇場で明治、立教の自力優勝阻止。

18年、優勝してないと、最後のハードルをなかなか越えられない。タイトルというのは取るのが
ホント大変。
今日は、別件もあり、神宮に行ってません。立教が負ければ、早稲田にも優勝のチャンスが出てくるけども、
「立教、負けろ」などと、念じながら、好きでもないチームを応援するなんてできないよ。

5/20(土)の立明1回戦、「立 × 0-3 ○ 明」で、明治が1勝したため、今季のリーグ優勝は
次週「早慶戦」の勝敗待ちになりました。
5/20現在
1位:慶応 6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
2位:立教 7勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.636
3位:早稲田 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
4位:明治 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
5位:法政5勝4敗2分け 勝ち点2 勝率.556

立教、連敗の場合は、立教の最終勝率.583となります。
立教が第2戦、第3戦を取り返して逆転する場合は、最終勝率.692になります。
立教が1勝2敗の場合は、最終勝率.615になります。
慶応は早慶戦に連勝すれば、慶応が立教の勝率を上回ります。
立教が明治から勝ち点を落とした場合は、早慶両校に優勝のチャンスあり。
明治、連勝の場合は、明治の勝率が.600となり(たぶん、法政も.600となります)、早慶戦がもつれれば、
明治、法政にも優勝決定戦のチャンスもある。いまだに「五すくみ」状態。
こんな展開の6大学野球、ぼくには記憶がありません。

2017/05/20 石川とら

【追記】
5月21日第2戦「立 ○ 9 - 2 ×明」
立教、前日の敗戦を引きずることなく、明治に打ち勝つ。
早稲田との第1戦でファウルフライを追いかけてフェンスに激突してしばらく休んでいたレフトの山根選手、
明治戦から復帰して、なんと、今日は2HR4打点の復活。
こういう選手が出てくると、チームの雰囲気がガラリと変わるはず。

法政は東大に連勝して、6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600 が確定。優勝の可能性はなくなりました。
宮台投手の復活がならなかった東大は、0勝10敗 勝率.000で6位確定。
明治は、今日の敗戦で、5勝5敗となり、月曜に勝ったとしても、6勝5敗で勝率.545にとどまるため、
明治も優勝の可能性がなくなりました。

5月22日(月)13:00~ 「明-立」第3戦。
明治が最後の意地を見せるかだが、最終カードになっても、打順をいじりまくる明治では、どうか?
立教が勝った場合は、9勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.692 この場合、慶応が早慶戦連勝なら、慶応優勝。
立教が勝ち点を落とした場合は、勝率.615で、早慶両校にもチャンスありという状況になります。

2017/05/21 石川とら

2017年5月16日「早大-立大」第3戦

第3戦打ち負け。苦杯。「早稲田×4-6 ○立教」

【先攻】立教
1番 センター 寺山 左 29(神戸国際大付・社会3年)
2番 ライト 高取 左 9(日大二・コミ4年)
3番 レフト 松崎 左 4(横浜・文3年)
4番 三塁 笠松 右 3(大阪桐蔭・コミ4年)
5番 一塁 飯迫 左 7(神戸国際大付・社会3年)
6番 キャッチャー 藤野 右 27(川越東・経営2年)
7番 二塁 峯本 左 14(大阪桐蔭・コミ3年)
8番 ショート 熊谷 右 10(仙台育英・コミ4年)
9番 投手 田中誠 左 11(大阪桐蔭・コミ2年)

先発投手 田中誠 左投げ
リリーフ 手塚 右投げ 16(福島・コミ2年)
     中川 右下手 15(桐光学園・コミ1年)

【後攻】早稲田
1番 ライト 八木 右 25(早実・スポーツ4年)
2番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
3番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
7番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
8番 キャッチャー 岸本 右 27(関大北陽・スポーツ3年)
9番 投手 小島 左 19(浦和学院・スポーツ3年)

先発投手 小島 左投げ
リリーフ 北濱 右投げ12(金沢桜丘・人間4年)
     早川 左投げ15(木更津総合・スポーツ1年)

12安打6得点、先制、中押し、ダメ押しの立教を、終盤、7安打(3本塁打)4得点では追い上げ及ばず。
早稲田、優勝戦線からほぼ脱落。

両チーム1日休みでエース左腕を立てての第3戦。
第1戦では、小島(2安打完封)、田中誠(8回を被安打5失点1)とも、好投したが、疲れの残る試合で、
打ち合いとなる可能性大とみてよかろう。

【1回表】
1番寺山がセンター前にクリーンH。2番高取が送りバントで寺山が二塁へ。4番笠松、センター前Hで、立教、なんなく先制。「0-1」。1球目のファウルがくるぶしに当たり、痛みをこらえていた笠松、ジャストミートだけを心がけた振りでタイムリーに。左打者が並ぶ立教打線で不動の右の得点源。
【6回表】
Hを打たれながらも、なんとか後続を打ち取ってきた小島だが、1死後、6番藤野が(前日も1HR、1二塁打と好調)レフト前H。2死一塁となり、8番熊谷にセンター越え二塁打。藤野が還り、「0-2」。続くピッチャーの田中誠のレフト前Hで熊谷が還り、3点目。早稲田、小島から北濱に交代。しかし、寺山の右中間二塁打、高取のライト前Hと連続タイムリーを打たれ、この回、5安打4得点で「0-5」に。
【6回裏】
この日、打順2番に抜擢の檜村、レフトオーバーのソロHR。「1-5」。立教、田中誠から右投げの手塚に継投。1死後、加藤が右中間に4号ソロHR。「2-5」。
【7回表】
笠松がレフト線へ2BH。無死二塁。早稲田、北濱から早川へ継投。飯迫、レフト前テキサスリーガーズHで無死一三塁に。藤野三振後、峯本がスクイズを決め、笠松が還り、「2-6」に。
【9回裏】
先頭の宇都口が四球。2死後、代打の熊田、ライトオーバーの2RHRで「4-6」も、立教、手塚から下手投げの中川に投手交代して、次打者を三振でゲームセット。

試合結果は、僅差のようだが、6回でほぼ決着がついたゲーム。
立教のシャープなレベルスイングに早稲田投手陣が打ち込まれた試合だった。
3試合を通じて、早稲田の小島、早川、大竹という左の好投手に対して、絞り球を決めてコンパクトに振り切っていけば、左打線であっても攻略できると、立教が自信を取り戻した試合だったように思う。

第6週を終えて、順位は、以下の通り。
1位 立教 12試合 7勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.700
2位 慶応 11試合 6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
3位 早稲田 9試合 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
4位 明治 8試合 4勝4敗 勝ち点2 勝率.500
5位 法政 10試合 4勝4敗2分け 勝ち点2 勝率.500

第7週「明立」戦で、立教が2勝0敗で勝ち点を取れば、立教が優勝。
それ以外の場合は、最終第8週の「早慶戦」の結果待ちで順位が決定する。

2017/05/17 石川とら

2017年5月15日「立大-早大」第2戦

最終回の攻防で立教がサヨナラ勝ち。

【先攻】早稲田
1番 ライト 八木 右 25(早実・スポーツ4年)
2番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
3番 キャッチャー 岸本 右 27(関大北陽・スポーツ3年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
6番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
7番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
8番センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
9番 投手 柳澤 右 17(広陵・スポーツ4年)

先発投手 柳澤(右投げ)17
リリーフ 早川(左投げ)15(木更津総合・スポーツ1年)
北濱(右投げ)12(金沢桜丘・人間4年)
大竹(左投げ)46(済々黌・スポーツ4年)

【後攻】立教
1番 センター 寺山 左 29(神戸国際大付・社会3年)
2番 ライト 高取 左 9(日大二・コミ4年)
3番 レフト 松崎 左 4(横浜・文3年)
4番 三塁 笠松 右 3(大阪桐蔭・コミ4年)
5番 一塁 飯迫 左 7(神戸国際大付・社会3年)
6番 二塁 峯本 左 14(大阪桐蔭・コミ3年)
7番 ショート 熊谷 右 10(仙台育英・コミ4年)
8番 キャッチャー 藤野 右 27(川越東・経営2年)
9番 投手 手塚 左 16(福島・コミ2年)

先発投手 手塚(右投げ)16
リリーフ 中川(右下手)15(桐光学園・コミ1年)

立教 ○ 5-4 × 早稲田(9回裏サヨナラ勝ち)
勝ち投手:中川 負け投手:大竹
HR 3回 長谷川(ソロ) 6回 藤野(ソロ)
安打 立教 14本 早稲田 10本
四死球 立教 1 早稲田 7

【3回表】
この回先頭の8番長谷川が初球外角ストレートを強振。レフトオーバーのHR。早稲田先制。続く柳澤もセンター前H。1番に戻り、八木がライト前Hで無死一二塁に。2番宇都口の送りバントでランナー進み、1死二三塁に。3番岸本が四球で1死満塁に。4番加藤の当たりそこねショートゴロでホームアウト(6-2)。佐藤、セカンドゴロで3者残塁。追加点ならず。
【3回裏】
この回先頭の9番ピッチャーの手塚、一塁線を抜く2BH。寺山、三振で1アウトも、高取が左中間に2BH。手塚が還り「1-1」に。
【4回裏】
2死ランナー無しから7番熊谷がセンター前H。藤野の3球目に二塁へ盗塁。2死二塁に。藤野がレフト線へ2BH。熊谷が還り、「2-1」に。立教打線、4回までに7安打で柳澤を打ち崩す。
【5回表】
早稲田、ヒットと2四球で満塁も3者残塁。
【5回裏】
早稲田、この回から1年生左腕早川がリリーフに。キャッチャーも小藤に交代。1番寺山をサードゴロ、2番高取を三振と、簡単に2アウトを取るが。3番松崎が右中間に3BH。4番、笠松にカウント「1-2」から3球連続でストレート勝負を挑み、レフト前にタイムリーHを打たれて「3-1」に。強打の右の4番バッターをなめた配球。別に笠松と勝負の必要性がなかったのでは。バッテリーの若さが出てしまったか。
【6回表】
立教、この回から手塚に代えて、1年生右アンダースローの中川に交代。中川、1四球を出すも、3三振に。
【6回裏】
2死を簡単に取ったあと、8番右バッターの藤野に変化球、変化球でカウント「2-0」後、ど真ん中のストレート。レフトオーバーのソロHRに。「4-1」に。藤野の2球の見逃し方を見れば、ストレート狙いだったことは明白なのだが。5回裏と6回裏の2失点は、リードに細心の注意を払っていたら、防ぐことができた失点。
【9回表】
先頭打者PHの小野寺がサードの頭をワンバウンドで抜くショート内野安打で出塁。小藤がデッドボールで無死一二塁に。4番加藤が右中間に二塁打。2者が還り、「4-3」に。佐藤の送りバントで加藤が三塁へ進み、1死三塁に。三倉が左中間に2BHで、加藤が還り、早稲田、土壇場で「4-4」に追いつく。
優勝戦線にとどまるためには、今日、勝つしかなかったはずの立教、加藤のところで、前日好投の田中誠を投入しなかったのは疑問。
【9回裏】
この回から、早稲田、大竹がリリーフ。1死後、寺山が三塁内野安打。2番、高取、右中間フェンスに当たる長打。一塁ランナー寺山がホームを駆け抜け、「5-4」で、立教、サヨナラ勝ち。大竹、明治との第1戦に続き、リリーフ失敗も、うまく変化球をすくい上げた高取の技ありの決定打だった。

【追記】
第1試合は「慶応 ○ 3-0 × 明治」で、慶応が2連勝で勝ち点をゲット。
この結果、5/15時点の順位は、下記の通り。
1位 慶応  6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
2位 立教  6勝3敗2分け 勝ち点2 勝率.667
3位 早稲田 5勝3敗    勝ち点2 勝率.625

5/16(火)「早稲田-立教」の第3戦は13:00から。

2017/05/15 石川とら

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング