Google

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千客万来大歓迎(コメントはこちらへ)。

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2015/11/19 Premier12 準決勝 韓国戦

なにやってんの!? 侍ジャパン9回逆転負け

今回のトーナメントで唯一のハードルとなるゲームがあるとしたら、この準決勝韓国戦だった。
また、日本が苦戦するとすれば、先発大谷をたぶん7回まで投げさせた後、どうリリーフ陣をつなぐか次第と考えていたが。
そのとおりの展開になってしまった。
台湾での試合での小久保監督は、元々、セットアッパーは則本、ストッパーは松井裕と基本的には考えていたはずなのだが。
ベネズエラ戦の松井裕の不調から、則本でそのままと考え直したのではないか。
明日の朝刊でも見てみないと、小久保監督や鹿取投手コーチの判断がわからない。

小久保監督が試合直後のテレビ・インタビューで語ったとおり、継投策の失敗。
9回表、韓国が左の代打オ・ジェウンを出してきたときに、どうして松井裕を出さなかったのか。
また、オ・ジェウンがヒットで出て無死一塁で、2人目の左代打ソン・アソプが出てきたときにも、松井裕を出さなかったのは?
ノーアウト満塁の状態で松井裕を出すのでは、先日のベネズエラ戦を見たかぎり、あまりに荷が重い。
一発勝負の試合ほど、若手の投手を重要な場面で使うのであれば、よりプレッシャーがかからないつなぎ方をしてあげないと壊れてしまう。
韓国のキム・インシク監督が9回裏にチョン・デヒョンとカン・ミンホのベテラン・バッテリーで最後を守りきったのと対照的な継投策だったように思う。
則本と松井裕が落ち込まないようにとだけ願いたい。
次(WBCか五輪で)勝てばいいんだよ。こんなテレビショーだけ狙ったトーナメントの結果など、気にしないことだ。

残念。早稲田4冠ならず。

亜細亜大の4人目右腕花城、延長13回1死満塁で4番丸子をファーストゴロ・ゲッツー。
まさか4人目にあれだけいい投手がいたとは。満塁で2球続けて最高の落ちる球を低めに決めたピッチャーの勝ち。
大学生のバッターにあの球を外野フライを打てというのは無理。
大竹、163球の力投及ばず。延長14回、大竹、降板後、早稲田、ワイルドピッチで自滅の失点。
泣くな大竹。来年春は投手力でしのぐしかないシーズンになる。泣いてる暇はないぞ。

それにしても、今年は、何十年ぶりで大学野球を楽しませてもらいました。
卒業していく早稲田の4年生の選手諸君、ありがとう。素晴らしい1年をいただきました。

2015年「高橋早稲田」公式戦通算記録
六大学 春 12試合10勝1分け1敗 勝ち点5 優勝
大学日本選手権 4試合4勝 優勝
六大学 秋 12試合10勝2敗 勝ち点 4 優勝
明治神宮野球大会 3試合2勝1敗 準優勝

追記
亜細亜大野球部は実にキビキビしたいいチームでした。
早稲田が取られた2点はスクイズ失敗がらみのホームスチールと、決勝点がワイルドピッチ。
試合後、そういえば、亜細亜大の野球部を立て直した矢野祐弘さん(元亜細亜大野球部総監督・故人)の野球はこういう野球だったなあと思い出しました。「矢野の祐さん」(同じ町出身の大ヒーローでしたので、私たちはそう呼んでいました)は塁に出たら、盗塁でも本盗でもやってホームに還ってくるタイプの選手だったという話をよく聞いたものです。矢野さんが亡くなってもう20数年になりますが、そういうスタイルの野球の伝統というものがひとつのチームに脈々と続いているということに驚きを感じました。

矢野祐弘さんは高橋広早大監督の高校の先輩になります。高橋が西条高校に入ったときには矢野さんはもう亜細亜大の監督になっていましたから、直接の教えは受けていないと思いますが、矢野監督の教え子が西条の監督でしたから、高橋は矢野監督の孫弟子ということになるでしょうか。
ネット裏から見ていて、ひとつでも前の塁に出てプレッシャーをかけろという「攻めの野球」ということでは、共通したものを感じました。

2015/11/16準々決勝「日本-プエルトリコ」戦

なんにも言うことなしの完勝。
マエケン気合い入ってました。尻上がりにああいうピッチングされたら、プエルトリコ、手も足も出ません。
打つほうでは、筒香いいですねえ。今日も先制打に3安打、すべて会心の当たり。ボール球に手を出さない。微動だにしない、どしっと構えた姿、相手の投手も相当、威圧感を感じるんじゃないかな。小久保監督によれば、中村剛が3日くらい休まざるをえないので、中田を4番に使うか、朝まで迷ったんだそうです。筒香、中田と並べたほうがやっぱり効果的だと、筒香をDH4番で入れた。代わりにレフトで先発の中村晃も、2安打2四球2打点3得点ですから、オーダー変更が見事、当たっている。

東京ドームでの準決勝はこうなります。
準決勝第1戦 11/19(木)19:00「日本-韓国」
準決勝第2戦 11/20(金)19:00「アメリカ-メキシコ」


勝ち残ったのがすべてB組勢になったというのも不思議。ほかの3チームに日本はすべて勝っているんだから、別にあらためて準決勝、決勝とか、やる必要もないんじゃないの。

「日本-プエルトリコ」戦のまえに「アメリカ-オランダ」戦が同じ桃園棒球場でありました。今日は、その試合でのバント守備の話。
珍プレーとしか言いようがないのだけど。5回裏のアメリカの攻撃で、オランダの同じ投手が1イニングに3回、送りバントの処理をミスって暴投し、3点を失って逆転されてしまうという草野球のような試合でした。
同じイニングに3回送りバントというのも、高校野球でだって見たことない。ただ、ゲームを見ていると、「ああ、またやるぞ」という感じで送りバント。守るピッチャーのほうが、最初の暴投で「イップス」気味になってしまい、「ああ暴投するな」と思ったら、やはり暴投。3回、アウト取れるところを、その度にエラーで失点し、バッターランナーまで二塁に進塁だから、どうしようもない。
試合後、アメリカチームのウィリー・ランドルフ監督に、「日本のお家芸みたいなスモール・ベースボールをやるんだね」と言ったら、「このチームはスモール・ベースボールをやらないと、勝てないからね」と笑っていました。

マエケンに、唯一のピンチだった3回表無死一二塁でプエルトリコの1番バッターのシルバを迎えたところについて、聞きました。シルバが送りバントを2度、試みて、失敗。結局、粘られてライトへ犠牲フライを打たれるのですが。
「本当は、あそこは送りバントをさせて、自分で処理して、三塁アウトをとって、1死一二塁にしたかった。それがベスト。ところが、向こうが勝手にバントをファウルしてしまって、結果的に一三塁になってしまったから、あれでは本当はいけないんです」

バント守備について、日本のプロ野球のレベルは、ここまで考える。
同じトーナメントで、同じ準々決勝まで残ってきた別のチームは、1イニングに「ミエミエの送りバント」の処理を3回、ミスしてしまう。これどう言ったらいいんでしょうね。
プロのレベル(全日本チームだから、それもプロの最高レベルでしょう)と、草野球のレベルが一緒のトーナメントを戦っているというのは、たとえば、そういうことなんですね。
そういうトーナメントですから、普通にやれば、最高のレベルの選手がそろっているチームが優勝するのが当たり前なのでね。国別対抗にしたから、このトーナメントでも盛り上がるでしょうでは、ちょっと物足りないなあと感じてしまいます。

大谷は見たいけどね。「日本-韓国」戦は食傷気味です。準決勝と決勝はたぶん、行かないかなあ。そんなわけで、Premier12のレポートは今日まで。台湾でお世話になったスタッフのみなさん、ありがとうございました。 謝謝!台湾!

明治神宮野球、早稲田が勝ち残ってくれていれば、決勝に応援に行きます。

2015/11/15 「日本-ベネズエラ」戦

4連勝できた日本のファンには、消化試合としか受け取られないゲームですが、グループ下位チームにとっては、生き残りをかけた正念場のラストゲーム。
2勝2敗のベネズエラにとって、B組4位を争うライバルは、昼のゲームでドミニカを破って2勝3敗で1次リーグを終えたメキシコ。メキシコとの直接対決で敗れているベネズエラは、日本戦に勝たなければ、決勝トーナメントに残ることができない。
こういう伏線のあるところがこういう国際トーナメントの面白さです。

まさかフレディ・ガルシアがあそこまでがんばって投げるとは。
1976年生まれというから39歳になるのかな。シアトルやNYで投げていたころのほうが身体の張りはあった気がするけど、どの球も低め、低めに制球されていて、あそこまで丁寧に投げられると、連打を浴びせるということはむずかしいね。決して球は速くないんだけどね。
日本の若い投手が、簡単に2ストライクをとってから、その後が雑な高めのストレートでスコーンとHRを打たれるのとは大きな違いです。根気よく投げるというのがどういうことなのかをフレディに久しぶりに教えられた気がします。
日本チームのバッテリーのリードミスについては、ゲーム後の記者会見であらためて小久保監督にも確認しました。
「2ストライクをとってから、1球、高めのストレートで打者の身体を起こしておいて、そのあと、落とすボールでというリードが日本では通用するのだけど、外国のパワーのある打者には、140~145kmのストレートだと、ちょっとくらい高めのボールでもフェンス越えされてしまう。ただ高めのストレートではダメで、もう少し細かく、インハイとか外角高めとか、正確に投げさせるようにします」
とのことでした。

ゲーム後の記者会見には、サヨナラ打の中村晃が出たので、サヨナラの場面のベネズエラ内野5人守備シフトに対してどのように考えて打席に臨んだのかを聞いてみた。
「自分のヒットというのはゴロが多いので……それで、2ストライクを取られてしまったから、とにかくしっかりミートして、内野の間を抜く強い当たりを打とうと振り切りました」

プロレベルの公式戦で、ああいう守備シフトを現実に見たのはぼくも初めて。ライトとセンターの中間浅めにライトが、レフトはほぼ定位置から前へ10mほどのところに守り、センターがセカンドベース上。ほかの内野は全員、前進守備。内野ゴロはホーム送球。浅い外野フライだけホーム送球というギャンブル・シフト(ソーホー監督にゲーム後、会ったら、同点延長に持ち込むには、もうああいうギャンブルしか残ってなかったんだと言った)。

中村晃は口べたなタイプの選手なので、会見での説明はわかりにくかったのですが、彼が口ごもったあたりをあえて解説するとこういうことでしょう。
<ああいう通常はありえない守備をされて、ビックリしました。内野の頭を越せば、ほぼサヨナラだけど、内野の頭を越す当たりをというのを自分は打てるだろうかと迷った。その迷いが初球の真ん中の球の空振りになってしまって。2ストライクに追い込まれて、そこで開き直った。自分のバッティングはゴロで内野手の間を抜くバッティングじゃないか。とにかく強い当たりを打とう>

ソーホー監督が、あれはギャンブルでしかないと言ったとおり、そういうプレーというのは7~8割の確率で失敗します(守っている側はあそこまで押し込まれると、ガチガチになっていて、普段のプレーなどできる状態じゃないからね。だから、その直前の敬遠直後にバッテリー間のサインミスで、ワイルドピッチで同点に追い込まれているわけです)。
それにしても、8回、9回の逆転、逆転、サヨナラ劇は、とても捨てゲームとは思えない、こういう特別なゲームでしか見られない攻防でした。
日本戦が始まる前、日本チームの打撃練習が行われているころ、台中で行われていた「台湾-プエルトリコ」戦が延長サスペンデッドとなり、小久保監督もサスペンデッド・ルールの勉強でもあったのでしょう、クラブハウスのテレビで台湾の試合を熱心に見ていました。

8回裏のいったん逆転の際の筒香への代走(中村晃)起用、9回裏の今宮の代打起用など、まるでサスペンデッド・ゲームの1点の攻防のような采配は、これからの一発勝負となる決勝トーナメントへのいい予行演習になったのではないかなと思います。

今日は、「ドミニカ-メキシコ」「日本-ベネズエラ」とダブルヘッダーで見ることにしました。体調不良で「日本-ドミニカ」戦を見ることができなくて、久しぶりに会ったのに、ミゲル・テハダとゆっくり話もできなかったので、試合後、ミゲルに会いました。
試合は、メキシコも4強に残るために必死でしたから、終盤、ドミニカは突き放され、残念ながら全敗で終えました。
「結果はまったくだったけどね。はじめてやったマネージャーという仕事は楽しんでやったよ。また機会があったら、引き受けると思う」
――このトーナメントだけど、ドミニカはメジャーの選手も、ウィンターリーグ優先の選手も参加できないけど、これがオリンピック予選だったら、ドミニカはもう少し、強いチームを編成して参加するかい?
「それはできると思う。また、オリンピックだったらもっと強いチームを送らないといけないとドミニカの連盟も考えるからね。もっと強いチームじゃないと、勝ち上がれないわけだから。出る以上は、勝てるチームを送り出さないと」

ベネズエラのルイス・ソーホー監督(この人もヤンキースのコーチとしてならした人で、WBCでは過去3回ともベネズエラチームの監督を務めています)にもPremier12の意義について、聞いてみました。
「こういう新しい国際トーナメントで野球を国際化しようとすることには私としても大賛成だがね。ベネズエラが強いチームを送り出すことができるかどうかは正直言ってむずかしい。大リーグの40人ロースターに選ばれている選手はまず参加できないわけだから。ベネズエラの野球人のベストメンバーはまず出られない大会なんだよ。メジャーをリタイアしているベテランと(それでもフレディみたいな素晴らしいベテランもいるけどね)、マイナーの新人から選ぶしかない。そうすると、いい選手がいくらでもそろっている日本、韓国、台湾とと同じレベルでは戦えないね。すべてのチームが同じレベルで戦えるようになるには、もっともっと時間をかけて、みんなの理解をえられるようにするしかないんだ」

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。