Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017 WBC ライバル国チェック4 アメリカ

オールスター組動員=日替わりオーダー?

アメリカと同じ土俵で戦う可能性が生じるのは、「侍ジャパン」が1次ラウンド、2次ラウンドを突破して、決勝トーナメント進出を決めてからの話。オランダ、韓国に勝たなければ、ドジャース・スタジアム決戦など、夢物語なのだが。

老将ジム・リーランド監督率いるアメリカ・チーム、2016年12月現時点で参加招請がほぼ決まっている選手の顔ぶれを見ると、戦力的には、参加16か国のなかでナンバー1であるのは間違いない。

2度目のサイ・ヤング賞を獲得したマックス・シャーザーが、チームUSAへの参加を早々と表明したのには驚いたが、これも、タイガースで彼をエースに育て上げたリーランド監督からの要請ゆえだろう。今回のアメリカ・チーム、「リーランド親父のために」という一点でまとまると、「スーパースター集団+アルファー」というチーム・ケミストリーが働く可能性があるだろう。

オールスター経験者がほとんどというチーム編成になると、どの選手にも活躍の機会を与えないといけないという問題を抱えるため、毎試合、ベストオーダーを組むことがむずかしくなる。これまで3回の大会でアメリカ・チームがファンの期待を裏切ってきたいちばん大きな理由は、「勝つ集団」なのか「顔見せ集団」なのかというところで、歴代監督がスーパースターの顔を立てざるをえなかったというところにあるだろう。リーランド監督が指揮をとることで、こういった迷いがなくなる。

また、今回第4回大会からのルール変更で、28人のロースターメンバー以外に10人の予備登録選手を事前申請することができるようになり、1次ラウンド、2次ラウンド、決勝トーナメントと、各ラウンド毎に、予備登録選手と入れ替えることができるようになります。
実際、マックス・シャーザーのようなチームの第一先発投手を、1次ラウンドから決勝トーナメントまで3試合に先発してくれという要請だと、ナショナルズ・フロントからは不満が出るでしょう。「2次ラウンドの第1戦と決勝トーナメントの準決勝の2試合、あるいは、決勝トーナメントの1試合だけに先発してくれないか」ということであれば、シャーザーのキャンプ調整も普段のシーズンとそれほど変わらないですみますから、シャーザーもチームUSAに参加しやすくなりますね。

「28人のロースターと10人の予備登録メンバーで、最高に機能するチームUSAを作れば、うちだって優勝できるんではないかい?」――というルール変更と言えないこともないなあ。


1 シャーザー/マックス Max Scherzer / 右投 先発 / ナショナルズ / 32才
2 ストローマン/マーカス Marcus Stroman / 右投 先発 / ブルージェイズ / 25
3 アーチャー/クリス Chris Archer / 右投 先発 / レイズ / 28
4 ギブンス/マイケル Mychal Givens / 右横手投 リリーフ / オリオールズ / 26
5 グレガーソン/ルーク Luke Gregerson / 右投 リリーフ / アストロズ / 32
6 ミラー/アンドリュー Andrew Miller / 左投 クローザー / インディアンス / 31
7 ルクロイ/ジョナサン Jonathan Lucroy / 捕手 右右 / レンジャース / 32
8 ポジー/バスター Buster Posey / 捕手 右右 / ジャイアンツ / 29
9 アレナド/ノーラン Nolan Arenado / 内野 三塁 右右 / ロッキーズ / 25
10 クロフォード/ブランドン Brandon Crawford / 内野 遊 右左 / ジャイアンツ / 29
11 ゴールドシュミット/ポール Paul Goldschmidt / 内野 一塁 右右 / ダイヤモンドバックス / 29
12 ホズマー/エリック Eric Hosmer / 内野 一塁 左左 / ロイヤルズ / 27
13 キンズラー/イアン Ian Kinsler / 内野 二塁 右右 / タイガース / 34
14 マーフィー/ダニエル Daniel Murphy / 内野 二塁 右左 / ナショナルズ / 31
15 ジョーンズ/アダム Adam Jones / 外野 右右 / オリオールズ / 31
16 マッカチェン/アンドリュー Andrew McCutchen / 外野 右右 / パイレーツ / 30
17 イエリッチ/クリスチャン Christian Yelich / 外野 右左 / マーリンズ / 25



2017/1/3 石川とら

■追伸
1月9日のナショナルズのホームページ発表によると、マックス・シャザーは、右手薬指骨折のため、WBC出場を辞退するとのこと。治療自体は開幕に間に合うそうなのだけど、球団側が指の治療もあるからWBC出場は勘弁してくれと説得した模様。

2016年末のごあいさつ

ba7fdb51c783a6fc6cd03fd6434752ad[1]

あれから8年、いろいろあったんだ。みんなよい年を。

8年前の年末、クモ膜下出血で<アリャリャ、危ねえ?> という状態に陥りました。
リハビリやらなにやらで2年。復帰してヨーロッパに出かけたら、再度のドクター・ストップ。
そのあと、壊れた体と心を鍛え直すための逆療法に近い転職生活を6年ちょっと。

フィールドを離れて、東京でタクシーに乗っていました。あの仕事はあの仕事でとても面白い、大好きな仕事でした。

それが、どうしても作ってみたい本ができたのね。
原稿を書くこと、本を作るという仕事を30年間以上、させてもらってたわけだから、いまの出版界のどうしようもない元気の無さも、それから先の見えようがないネット・メディアのアミーバのような増殖状況もわからないわけではないのだけれど、残り少ない時間を作ってみたい本を作るほうに使うことにしました。

7年も8年も留守にしていたから、ちゃんと復帰できるかどうか。
年が明けたら、もう一度、走り出さないといけなくなります。
とりあえず、3月のWBCから本格的に国際トーナメント取材復帰の予定です。
ときどき、「ああ、とらさん、戻ってきたんですね」と、昔の愛読者の方が連絡を入れてくれます。
「そうです。石川とら、復帰しました」

そんなわけで、また、来年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって、素晴らしい年が訪れますように。

2016年12月31日 石川とら

2017 WBC ライバル国チェック 3 オランダ

オランダ系メジャーリーガーが脅威

前回2013年大会で予想をくつがえして、決勝トーナメントベスト4まで勝ち上がったオランダ。
ミューレンス監督(サンフランシスコ・ジャイアンツコーチ・元ヤクルト)は、11月の「侍ジャパン」との強化試合後、「オランダ・チームは、2017年大会では、優勝を目標に戦う」と、決意を述べました。オランダ出身のメジャーリーガーがだんだんと増えてきて、十分、日本やアメリカ、中南米勢と対等に戦える戦力になってきたと、ディディ・グレゴリウス(ヤンキース)、ザンダー・ボガーツ(レッドソックス)、アンドレルトン・シモンズ(エンジェルス)らの名前を挙げました。
11月時点では、6人か7人が参加する見込みだのことでしたが、最終的に何人のメジャー組が参加するのか。

「プレミア12」と11月の「侍ジャパン」強化試合のメンバーに、メジャー組を足して、招集されるのではないかと思われるプレーヤーを具体的にリストアップしてみました。
投手は、2~3人入れ替わりが出るでしょう。また、内野手も(オランダっていつからこんなに素晴らしい内野手がそろったんでしょうかね?)2人くらいはカットすることになるのかな。

投手力は左腕がほとんどいないというのが弱点。
投手を短いイニングで次々につないで失点をできるだけ抑え、長打力のある打線で打ち勝つという試合運びがオランダ・チームの戦い方になるでしょう。

2017 WBC オランダチーム 招集候補
投手
1 ジャージェンス/ジェイアー Jair Jurrjens / 右投 先発 / 元ブレーブス→統一 / 30才
2 マルティス/シャイロン Shairon Martis / 右投 先発 / 元ナショナルズ→独立リーグ / 29
3 バンデンハーク/リック Rick VandenHurk / 右投 先発 / ソフトバンク / 31
4 ジャンセン/ケンリー Kenley Jansen / 右投クローザー / ドジャース / 29
5 ファンミル/ルーク Loek van Mil / 右投 リリーフ / 元楽天→フーフト・クラッセ / 32
6 インテマ/オルランド Orlando Yntema / 右投 リリーフ / フーフト・クラッセ / 30
7 サルバラン/ファンカルロス Juancarlos Sulbaran / 右投 リリーフ / カーディナルスAA / 27
8 コルネリッセ/バイロン Bayron Cornelisse / 右投 リリーフ / フーフト・クラッセ / 23
9 ボルセンブリック/マイク Mike Bolsenbroek / 右投 リリーフ / ドイツ・ブンデスリーグ / 29
10 ファンドリール/ベリー Berry van Driel / 右投 リリーフ / フーフト・クラッセ / 31
11 マークウェル/ディエゴマル Diegomar Markwell / 左投 先発 / フーフト・クラッセ / 36
12 プルッガー/ジム Jim Ploeger / 左投 リリーフ / フーフト・クラッセ / 25

捕手
13 キーボーム/スペンサー Spencer Kieboom / 捕手 右右 / ナショナルズ / 25
14 リカルド/ダシェンコ Dachenko Ricardo / 捕手 右右 / フーフト・クラッセ / 27
15 ザラーガ/ショーン Shawn Zarraga / 捕手 右両 / ドジャースAAA / 28

内野手
16 ボガーツ/ザンダー Xander Bogaerts / 内野手 遊 右右 / レッドソックス / 24
17 デキャスター/ユレンデル Yurendell DeCaster / 内野手 右右 / 元パイレーツ→独立リーグ / 37
18 グレゴリウス/ディディ Didi Gregorius / 内野手 遊 右左  / ヤンキース / 26
19 プロファー/ジュリクソン Jurickson Profer / 内野手 二 右両 / レンジャース / 24
20 スコープ/ジョナサン Jonathan Schoop / 内野手 二 右右 / オリオールズ / 25
21 シモンズ/アンドレルトン Andelton Simmons / 内野手 遊 右右 / エンゼルス / 27
22 プロファー/ジュレミ Juremi Profer / 内野手 右左 / レンジャースAAA / 21
23 スコープ/シャルローン Sharlon Schoop / 内野手 右右 / オリオールズAAA / 29

外野手
24 バレンティン/ウラジミール Wladimir Balentien / 外野手 右右 / ヤクルト / 32
25 ガリア/クリス Chris Garia / 外野手 右両 / フーフト・クラッセ / 24
26 サムス/カリアン Kalian Sams / 外野手 右右  / 米独立リーグ / 30
27 オデュベル/ランドルフ Randolph Oduber / 外野手 右右  / 元ナショナルズAAA→フーフト・クラッセ / 27

2016/12/25 石川とら

2017 WBC ライバル国チェック2 韓国

メジャー組動員できるか? 韓国

前回の2013年大会1次リーグで、オランダ、台湾、韓国の3チームが2勝1敗で並び、当該国の得失点差で韓国は3位となり、2次リーグ進出を阻まれてしまった。

スター選手のMLBへの移籍、八百長疑惑、有名選手の賭博行為などで、ファンからあきれられている韓国球界。2017年大会でも1次リーグ敗退などということになっては、野球人気は地に落ちることになってしまいます。

なんとしても2次リーグへ、そして、ドジャース・タジアムで行われる決勝トーナメントへというのが韓国野球界の念願です。
2017年大会代表チームの監督に、第1回、第2回大会で韓国チームを率いたキム・インシク(金寅植)監督が復帰。
日本代表とは何度も戦っているベテラン組を招集しているのが目につきます。

WBC 2017 韓国代表/2016.11.10発表分
投手
1 イ・デウン / 李大恩 / 右投先発 / 前千葉ロッテ / 27才
2 ウ・ギュミン / 禹奎珉 / 右下手投先発 / LG / 31
3 ウォン・ジョンヒョン / 元鐘玄 / 右投先発 / NC / 29
4 イム・ジョンウ / 林廷宇 / 右投リリーフ / LG / 25
5 イム・チャンヨン / 林昌勇 / 右投リリーフ / KIA 元ヤクルト / 40
6 チャン・シファン / 張視ファン / 右投リリーフ / KT / 29
7 イ・ヨンチャン / 李庸燦 / 右投リリーフ / トゥサン / 26
8 キム・グァンヒョン / 金廣鉉 / 左投先発 / SK / 28
9 チャン・ウォンジュン / 張元準 / 左投先発 / トゥサン / 31
10 ヤン・ヒョンジョン / 梁弦種 / 左投先発 / KIA / 28
11 チャ・ウチャン / 車雨燦 / 左投先発 / サムスン / 29
12 イ・ヒョンスン / 李賢承 / 左投リリーフ / トゥサン / 33
13 パク・フイス / 朴熙洙 / 左投リリーフ / SK / 33
捕手
14 ヤン・ウィジ / 梁義智 / 右右 / トゥサン / 29
15 カン・ミンホ / 姜珉鎬 / 右右 / ロッテ / 31
内野手
16 カン・ジョンホ / 姜正浩 / 右右 / パイレーツ / 29
17 イ・デホ / 李大浩 / 右右 / マリナーズ 元ソフトバンク / 34
18 キム・テギュン / 金泰均 / 右右 / ハンファ 元千葉ロッテ / 34
19 チョン・グンウ / 鄭根宇 / 右右 / ハンファ / 34
20 ソ・ゴンチャン / 徐建昌 / 右左 / ネクサン / 27
21 ホ・ギョンミン / 許敬民 / 右右 / トゥサン / 26
22 パク・ソンミン / 朴錫珉 / 右右 / NC / 31
23 キム・ジェホ / 金宰鎬 / 右右 / トゥサン / 31
外野手
24 チュ・シュンス / 秋信守 / 左左 / レンジャース / 34
25 キム・ヒョンス / 金賢洙 / 右左 / オリオールズ / 28
26 ミン・ビョンホン / 閔炳憲 / 右右 / トゥサン / 29
27 チェ・ヒョンウ / 崔炯宇 / 右右 / サムスン / 24
28 イ・ヨンギュ / 李容圭 / 左左 / ハンファ / 31

ただし、この召集予定選手が最終リストではありません
この28人のなかには、何人か、FA移籍先が決まっていない選手がいます。とくにFAでメジャー移籍を目指している8キム・グアンヒョン、10ヤン・ヒョンジョン、17イ・デホらの移籍先が最終決定しないと、参加できない選手も出てくるでしょう。

第1回、第2回のWBCで日本チームが手こずった韓国の先発左腕投手陣は脅威です。また、打撃については、イ・デホ、キム・テギュン、チュ・シュンスら強打者がそろっていますので、日本とほぼ互角と見ていいのではないでしょうか。

日本が韓国と当たるのは、2次ラウンド(ソウルで行われるプールAの上位2チームと、東京ドームで行われるプールBの上位2チームが対戦します)になります。
順当な予想ですと、プールAからはオランダと韓国が勝ち上がってくるでしょう。プールBからは日本とキューバになる可能性が高いかな。
その4チームが3試合ずつ戦って1位抜けならよいのですが、2位と3位のチームは、最後にプレーオフを戦います。
韓国チームは、対日本戦となると、とても手ごわい相手になってきました。WBCの過去の対戦でも、「日本には負けたくない」という因縁のゲームを繰り広げてきています。場合によっては、「2位-3位」のプレーオフ戦を戦わないといけない可能性もあります。
韓国チームというのは、とてもメンタルが強いチームですので、日本としては、できれば、そういう展開にもっていかないで、2次ラウンドを3連勝するのがベスト。弱みを見せると、老獪なキム・インシク監督は、そこを衝いてきます。「侍ジャパン」にとっては、決勝ラウンドへの正念場が韓国戦ということになるでしょうね。

2016/12/23 石川とら

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング