Google

Latest Entries

千客万来大歓迎!

「コメント、質問の類はこちらまで」

「お父さん、なんですの、その貼り紙?」
――若いときの淡島千景風のおかみさん、玄関先から箒を持って現れる。

「いや、訪ねてくださった方が迷ったらいかんと思うてね。ここへ貼っておこうと」
「しつもんのルイ? ルイって、なんですねん」
「ルイじゃなくてタグイと読んでください。たぐいとね。たぐい」

「ルイでもタグイでもええんですけど。なんでさえ、うちのブログは高飛車や、
敷居が高そうやと言われておるんでしょ。
倉庫みたいな重いもんばっかり積み上げて、あのオッサン、なに考えとんやって。
和さんなんか、夕べもはっきりそう言ってました」

「いや、彼がいったのは、正論には正論の重みがありますねえと…」

「都合のええ解釈ばっかりしてから。
せっかく来てくれはったお客さんがいんでしまうようなかた苦しいこと、
わざわざ札まで出さんでもよろしいんと違います」

「そうかねえ、ウ~ム。まあ、そういう見解もあるかもしれませんが…」


「ごめんください」
「はーい。はいはい」

――姉さんかぶりの手ぬぐいを取って、玄関の木戸へカランコロンと小走りに出るよしえ。

「いらっしゃいませ。どうぞ、お入りになって。お父さん、お客さま」

―― 一杯飲み屋のような紺地に白抜きで「千客万来」と大書きしたのれんを
不思議そうにくぐる来客。

「千客万来は縁起物やゆうて、吊したままにすることにしたんですわ。どうぞ、どうぞ。
遠慮なんかせずに。どちらからお越しで。まあ、そりゃまた、遠方からご苦労はんなことで」

「やあ、どうもどうも…。お母さん、お母さん、お茶」
「いやあ、初めまして…」


――来客、風呂敷包みを解きながら、

「粗末なものですが…」

と、口中でつぶやきつつ、コメントを玄関の上がり口に置く。

「まあ、気を遣っていただいて。お母さん、結構なものをいただきましたよ」


…昭和34年ころまでの玄関先の礼儀でありました。
いい時代でしたなあ。いま思い出しますと…。


――遠くを見つめているとらオジ。目をしばたたかせている。


――とらオジの後ろでよしえさん、めくりをめくる。
それはさておき、この玄関先を普請中のあいだ、コメントやご質問、そこはかとない書き込みなどの場所にさせていただきます。

――二人、並んでお辞儀。

質問をいただきましたら(お題をいただきましたら)、さっそくナマモノの調理に
とりかからせていただきます。


おもしろいお題には、「ハイハイ、山田君、座布団差し上げて」。

それぞれのレポートについてのコメントはその項目にお書き込みください。
苦情、クレームにつきましては、できますればご遠慮させていただけましたら。

よしえさん、きっぱりと、

「隅から隅まで読み終わるのは不可能な構造になっておりますし、
やばいモノの上にはまたアップロードで隠してしまう予定ですわ。
ささいなことには目をつぶりましょう。ネッ。」


――ウィンクするよしえさん。

「お母さん、さあさあ、いただいたコメントを見せていただこうじゃないか」

ひな祭りの午後、今日も平和なとらオジ宅であった。


コメント欄はこのページのいちばん下です。
(広告の入れ方を直す時間がなくてゴメン)


フーゾク系と判断されるコメントは、即時、削除。
なんとも判断しかねるコメントは暫時、削除します。ご理解を。

2017 WBC 決勝「アメリカ-プエルトリコ」戦 戦評

2017 WBC 決勝「プエルトリコ-アメリカ」戦 戦評

ストローマンの奮投で「チームUSA」完勝

アメリカの完勝。ジム・リーランド監督におめでとうしかない。脱帽です。
「リーランド爺さん」には、さきほど会ったので「おめでとう」を言いました。

アメリカが13安打8得点。3回にキンスラーの2RHRで先取点、5回に連打で中押し、7、8回にダメ押し。
プエルトリコは、アメリカ先発のストローマンの沈む球(2シームかな。2種類くらい沈む球がある気がしますが)に苦しみ、7回表に初安打が出るまで、わずか1四球(そのランナーも内野ゴロ・ダブルプレー)では、攻撃の糸口さえ見つからない試合になりました。

ストローマンは6回を投げて打者19人に、被安打1、与四球1、奪三振3、18のアウトのうち、11が内野ゴロという完璧なピッチングで、1週間前にサンディエゴで負け投手になったリベンジを果たしただけでなく、今大会のMVPを受賞しました。

いちばん大事な試合で先発投手が好投する。こんないい勝ち方はないわけです。
その試合に、リーランド監督は、3月17日の2次ラウンド2戦目の同じカードで先発して、1回に6連打で4失点を喫して負け投手となったストローマンをあえて起用しました。
日本語的な言い方ですと、「あえて奮起を促す」というところかなあ。

テレビモニターを見ていませんので、前回登板とどういう違った組み立てをしたのかわかりません(キャッチャーは、17日はポージー、決勝はルクロイに変わりました)。アメリカチームのキャッチャーは1試合毎の輪番制で、準決勝はポージー、決勝はルクロイがマスクをかぶったわけですが、そのあたりもいい方向に作用したのかもしれませんね。

少なくとも、ストローマンは、なぜ、自分が6連打を浴びたか、しっかり反省してきていたはずでした。
「根気よく低めに。奴らは同じだと思って早振りしてくるはずだ」がストローマンの考えだったのではないでしょうか。

プエルトリコの先発だったルーゴは、同じカードでストローマンと投げ合って、5回3/2で被安打5(本塁打2本)、失点3で勝ち投手になっています。ルーゴは、1、2回は緊張しながらも無失点でしのぎますが、3回、前回の試合には出ていなかった9番のルクロイと1番のキンスラーに痛打されます。

こういうところが、メジャーのデータ野球なんじゃないかなと思いますね。前回登板で苦戦した相手投手について、その配球傾向、狙い球など、細かいレポートが上がってきますので、ルクロイはストレート狙いで初球のストライクをセンター前にクリーンH。キンスラーも内角のストレート系の球だったと思います。見事に、センターオーバーの先制2R。

2点を取られたあと、ルーゴはアメリカ打線のプレッシャーを受けて、球数も多くなり、ストレート系の球よりもスライダーで逃げるピッチングになるのですが、それを読まれて、5回に連打されて2点を失います。

アメリカは先に一度、負けた投手をもう一度、チャレンジさせた。プエルトリコは、前回、奮投して勝った投手で当たり前のように連勝を目指した。どちらも中4日の登板ですから、この2人が投げ合うのは不思議でもなんでもないのです。ただ、アメリカには、別の先発投手の選択だってなかったわけではない。あえて、ストローマンの闘志を買ったリーランド監督の選手理解や選手起用のうまさを感じますね。

ストローマンが試合後の会見で、「ファイナルでの先発は、リーランド監督からサンディエゴで言われた」と応えていますので、3月17日の敗戦のあとに、「次を準備しておけ」と言われていたのだと思います。

ストローマンは、お母さんがプエルトリコ系の方ですから、今回のWBCでは、プエルトリコ・チームからも参加してほしいという要請を受けていました。彼のお父さんはアメリカ人なので、どちらのチームを選択することもできるので、チームUSAを選んだわけですが。
前回対戦のときに、そのことがプエルトリコの応援団などから、「見てみろ、プエルトリカンは、裏切り者なんかに負けねえぞ」的な批判や冷やかしを浴びることになります。

ストローマンは、やはり会見で、「どんな批判や中傷も、ぼくにいいピッチングをさせるモチベーションになったし、投げるための燃料タンクを満タンにしてくれた。こういう機会を与えてくれたジムに感謝したい。そう思って投げた」というような話をしています。
ストローマンは、サイヤング賞を取ったような名投手でも、プレーオフで活躍した記憶に残る投手でもありません。でも、WBCの決勝は、彼のキャリアのなかで初めての華々しい舞台でした。その舞台で最高の奮投をすることができた。また、それをさせたのが「リーランド爺さん」だったということでしょう。

ジム・リーランドは、このWBCを最後に球界から引退すると述べました。
最後にキッチリ仕事をして、チームUSAに初のチャンピオンを取らせての引退です。
会見席や、クラブハウスで、もうあの味のあるしゃべりを聞くことができなくなるんだなあと思うと、ちょっとだけ寂しい気分ですね。

2017/3/23 ロスより。石川とら

2017 WBC 決勝「アメリカ-プエルトリコ」戦

アメリカ、プエルトリコともほぼオーダー変えず。  
2017 WBC 決勝「プエルトリコ-アメリカ」 

【先攻】アメリカ
1番 3 2B キンスラー 右右 タイガース 
2番 10 CF A.ジョーンズ 右右 オリオールズ 
3番 7 LF イエリッチ 右左 マーリンズ 
4番 12 3B アレナド 右右 ロッキーズ 
5番 35 1B ホズマー 左左 ロイヤルズ 
6番 22 RF マカチェン 右右 パイレーツ
7番 26 SS クロフォード 右左 ジャイアンツ 
8番 27 DH スタントン 右右 マーリンズ 
9番 25 C ルクロイ 右右 レンジャース
先発投手 6 ストローマン 右投げ ブルージェイズ

【後攻】プエルトリコ
1番 16 A.パガン LF 右両  ジャイアンツ
2番 12 リンドア SS 右両  インディアンス
3番 1  コレア 3B 右右 アストロズ
4番 15 ベルトラン DH 右両 レンジャース
5番 4  モリーナ C 右右 カーディナルス
6番 9  バエス 2B 右右 カブス
7番 17 ロサリオ RF 右左 ツィンズ
8番 5  T.J.リベラ 1B 右右  メッツ
9番 7 CF K.エルナンデス CF 右右 ドジャース

先発投手 67 ルーゴ 右投げ メッツ

2017 WBC 「日本-アメリカ」戦総括

相手をナメてちゃ勝てないよ。

2017 WBC「日本-アメリカ」戦 戦評

日本がなぜ敗れたのかについて、まとめておきます。

アメリカに打たれた安打数が6、日本が4、得点「1-2」。
完全な投手戦ゲーム。
投手戦でアメリカが繰り出してきた7投手を攻略できなかった。
日本ベンチも、アメリカのリリーフ陣が左右、いろんなタイプがそろっていて、リードを許した状態で中盤以降になると、イニング毎に別な投手がつないでくるだろうと予想していたので、先発のロアークをどう打ちくずすかを試合のカギと考えていたはずである。

――ベンチの基本的な戦略については、試合の前日に、日本チームの志田スコアラーと情報交換しましたが、ほぼ、ベンチの考え方はそうだったと思います。

ロアークからどうやって先制点を取るか。それが、たとえば、1回裏ノーアウトで、死球で出塁した山田を犠牲バントで二塁へ送るという一見、消極的な戦術選択になったわけです。これは、動くボールで内野ゴロを取っていくタイプのロアークと対する場合(内野ゴロゲッツーという可能性が高いので)、賢明な選択だったと考えます。スコアリングポジションにランナーを置いて、青木、筒香に狙わせる。いちばん得点の可能性が高い戦術だったと思います。

ところが、このロアークを打ち崩せない。ロアークは今回のWBCでは1次ラウンドで1回1/3しか投げていない投手で、その登板結果もよくなかったから、その程度の投手が偶然、日本戦登板のローテーションになったんだという、楽観論が仇になったのではないかな。
ロアークは、昨シーズン、ナショナルズで16勝をあげている先発ですので、どういう球を投げてくるかなどは事前に調べようと思えば、できた投手のはずだったのですが。
このあたりのデータ野球のレベルは、4強のなかで日本がいちばん劣っていたのではないかな。
小久保監督が、試合後の会見で、「動く球をとらえられなかった。想像していた以上に、1次ラウンドや2次ラウンドであたったレベルとは違う水準の動く球だった」と話しましたが、ファイナル・ラウンドに上がってくるレベルのチーム力がそれだけ高くなることを覚悟していなかったというのは、不勉強の極みというしかない。

相手チームのレベルを現実的な意味で把握していたなら、たとえば、次のような選択はしなかったと思います。
たとえば、「菅野を5回終わりで替えるのではなく、6回まで投げさせた」、「千賀を1イニング限定でなく、2イニング投げさせた」。こんな相手をなめたことやっていると、やられちゃうよと、つぶやきながら観ていましたが、案の定です。

4回表終了時で「0-1」。6回までリードを許したままだと、メジャー各球団のクローザーを並べたリリーフ陣が来るわけですから、次の1点を取られたら、試合は終わりです。

相手に得点を取られないことに最大限の注意力を払わなければならなかったのに、「今日の菅野の調子なら大丈夫だろう」と、アメリカ打線が3回り目に入っても、菅野続投。本当に勝とうと思っているのなら、相手をなめちゃいけない。石橋を渡らなければならない。そのずさんさが、「千賀が7回を3者三振だから、8回も続投」という判断につながってくる。

記者会見で小久保監督に確認したら、「もし、7回裏に得点できたら、別の投手に替えるつもりだった。得点できなかったら続投という判断だった」と、答えました。

千賀投手、よかったです。ただし、こういう大きい試合で、7回、8回を、1次ラウンドや2次ラウンドとはまったくレベルの違う打者と、「1-1」という極限状態のプレッシャーのかかる状態で投げていたんです。千賀投手をこれまでの試合で、重要な局面で2回とか3回とかを投げさせてきているのならまた別ですが、試していないことを要求するのは、相手のレベルを考えたら、期待のし過ぎ、酷な注文だったように思います。

相手チームの打者の特性などを日本のバッテリーがどう考えていたかはなんともいえませんが、先取点を取られたときのマカチェンへの外角へ1球変化球で外して入ったあと、(ストレート系の球か? モニターを見ていないので球種不明)ストライクを取りにいったのを狙い打たれているのですが、マカチェンとかクロフォードという気持ちで打っていく打者にああいう入り方をすると、やられます。もっと内角に攻め込んで、踏み込めないようにしてからという嫌らしい投球をしないとね。
そういうデータを、たぶん今回の日本チームは重要視しなかったのかなと思います。

それから、今回、「アメリカ・チームは本気だからね」というような論評をよく見かけますが、投手については、大事な投手を各球団から預かっているわけなので、決勝戦が終われば、球団のキャンプで過ごしているのと同じ状態で球団に還さないといけないので、しっかりしたトレーニング管理をしています。

しかし、野手についていいますと、たとえば、4番のアレナドは、日本戦でも4打数4三振。(サンディエゴで1度だけ、当たりそこねの安打を観ていますが)、ヒットが打てる状態ではありません。それでも、アレナドをチームに招集するのに、ライバルの三塁手は呼ばない、全試合、先発出場させるというような(4番で使うという条項まで入っているかどうかは不明)細かい条項が入っているのでしょうね。アメリカがもし、どうしても優勝したいなら、打てないアレナドを外して、ほかの内野手を入れたほうが、たぶん「+2」くらい、得点力は上がるでしょう。しかし、昨日の監督会見でもリーランド監督は、「私はラインナップはいじらない」と言っています。アメリカがWBCで勝てない理由は、現在も続いている。そして、その意味では、決してベストの状態でないアメリカに対して、「1-2」の緊迫した試合結果ではあったけど、勝てなかった日本だったというのが、ぼくの総括ということになります。

2017/03/22 ロスより。石川とら

WBC 2017 準決勝「日本-アメリカ」戦

リーランド爺さん、やはりアレナド4番です。
日本は、常勝オーダーを変える必要がない。


両軍、先発ラインナップ発表

2017 WBC 準決勝「日本-アメリカ」

【先攻】アメリカ
1番 3 2B キンスラー 右右 タイガース 
2番 10 CF A.ジョーンズ 右右 オリオールズ 
3番 7 LF イエリッチ 右左 マーリンズ 
4番 12 3B アレナド 右右 ロッキーズ 
5番 35 1B ホズマー 左左 ロイヤルズ 
6番 22 RF マカチェン 右右 パイレーツ
7番 28 C ポ-ジー 右右 ジャイアンツ
8番 27 DH スタントン 右右 マーリンズ 
9番 26 SS クロフォード 右左 ジャイアンツ 

先発投手 57 ロアーク 右投げ ナショナルズ

【後攻】日本
1番 23 山田 哲人 右右(DH)
2番 4 菊池 涼介 右右(2B)
3番 7 青木 宣親 右左(RF)
4番 25 筒香 嘉智 右左(LF)
5番 13 中田 翔 右右(1B)
6番 6 坂本 勇人 右右(SS)
7番 3 松田 宣浩 右右(3B)
8番 55 秋山 翔吾 右左(CF)
9番 22 小林 誠司 右右(C)

先発投手 11 菅野 智之 右投げ

ドジャースタジアム、残念。小雨。気温は14度くらいかな。少々、肌寒い。いま、日本は朝9:00前?
ロサンゼルスとは、16時間の時差ですか。こちらは、21日の17:00。まだ明るい。試合開始まで、内野にはまだシートがかぶされたままです。日本からの応援団がそろそろ観客席に入り始めたところです。

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング