Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/122-5ea6f5c7

-件のトラックバック

-件のコメント

[C5] W杯放浪 2発刊予定はいつですか?

W杯放浪は楽しく読ませていただきました。
今でも、私のバイブルとなっております。

「---2」の発刊予定はないのでしょうか?
やはり、Webがいくら発達しても、最後に残るのは髪では・・・。いや。紙では・・・・。

本で読みたいです。

一ファンより。

[C6] どうもありがとう。

ぼく自身、本にしたかったし、内容的にもあったほうがいい本だと思っています。何人か友人が出版化を奔走してくれましたが、JAWOCの決算を待っているうちに時間がどんどんたってしまい、単行本化のチャンスを失いました。
本にするとしたら文庫本でしょうけど、どうかなあ?
それは版元さんが考えることで。
読みたいという方が何千人もいるということなら考えてくれるでしょうが、
ぼく自身、出版の側の人間でしたが、出版界の元気のなさを身にしみて知っていますのでね。

いまは本の形じゃないといけないのかどうか、昔ほどこだわっていない。
それよりも、みんなで情報を共有すること、
ジャーナリストとしては、自分が見たり得た情報を社会にフィードバックすることのほうが
優先されるべきじゃないかと思っています。
やっぱりあれだけ大きなナショナル・イベントだったわけですから。

ネット上に今回、さらすことにしたのはそういうわけです。
このブログを読みにくる方が何千人、何万人と出てきたら、版元さんも考えるでしょうけどね。

本にするための交渉にかかるエネルギーや労力があれば、
次の取材に出かけることを優先します。
過去の総括よりもこれからの世界のことを考えることのほうがより大切なことのように思います。

コメントありがとう。ときどき訪ねにきてください。とら。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「W杯放浪 2」簡易検索目次アップします。

2002年日韓W杯レポート「W杯放浪 2」の簡易検索目次、上げておきます。
右側のカテゴリーメニューで「2002日韓W杯レポート」をクリックするか、
月別アーカイブの2006年1月をクリックしていただいても、リストは出てきます。

各項目の原稿数が増えてくれば、プルダウン・メニュー方式にしようと思いますが、
なにぶんテンプレートの編集レイアウトの知識、まだ皆無の状態ですので、
わかる方がいたら、アドバイスください。

「W杯放浪 2」は、もともとは本にするつもりでしたが、JAWOCの決算が出るのを待っているうちに、
出版化の機会を逃してしまい、そのまま塩漬けにしてあった原稿です。
出版界で25年以上、仕事をしてきたひとりとしては、本にしないでネット上に公開することがいいのか
どうか、ずいぶん悩みました。
日韓大会については、サッカーファンにはもちろん、それ以外の方々にも広く知っておいていただいた
ほうがいい運営上の問題点や、日韓外交の諸問題があったように思います。
ドイツ大会を控えて、W杯への関心が高まっているいま、関心のある方に読んでいただくことにした次第です。

ただ、ネットと関わらない人には、文庫本にするなり、なんらかの手立てを考えているところですので、
申し訳ありませんが、「W杯放浪 2」については、原稿のそのままの引用や転載はご勘弁ください。

以上、なにとぞご理解のほどを。 2006/01/04 石川保昌


『W杯放浪 2――日韓往復23連戦』簡易検索目次 
著者 石川保昌 イシカワヤスマサ

 1 ソウル

   ■ソウル
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-102.html

   ■FIFA総会
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-103.html

   ■「FIFA反乱軍、敗北セリ」
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-104.html

   ■バイロムの上前をハネたチケット小僧たち
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-105.html

 2 熱戦始まる──グループリーグ戦

   ■開会式──見送られた天皇訪韓
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-106.html

   ■王者フランス初戦敗退
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-108.html

   付表 2002年大会直前グループリーグ予想
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-109.html

   ■連戦転戦
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-110.html

   ■「コングラチュレーションズ!」
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-111.html

   ■札幌決戦「フーリガン始末記」
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-112.html

   ■横浜の歓喜──「ニッポン」ロシアを下す
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-113.html

   ■正念場グループリーグ第3戦──強豪、陥落相次ぐ
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-114.html

 3 決勝トーナメント

   ■決勝トーナメント始まる
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-115.html

   ■日本、トルコを崩せず──トルシエ采配の破綻
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-116.html

   ■「アリラン」の奇跡
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-117.html

   ■1点の攻防──セミ・ファイナル2戦
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-118.html

 4 ファイナルの光と闇

   ■ファイナルの光と闇――ブラジルの栄光
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-119.html

   ■ネット報道の敗退──JAWOCのチケット「お手盛り」疑惑
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-120.html

   ■ファイナルを襲った「テポドン」のデマ
   http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-121.html


追記 世の中は正義だけで成り立っているわけじゃない。

「サポティスタ」からやってきてくれたみなさんへ。
「遠路はるばるおこしやす」です。はじめまして。

いろんな方が見にきてくださるのはとてもありがたいのですが、「チケット問題」だけが2002年大会の記憶では楽しくないじゃないですか。
それもひとつの側面でしかないのであって、嫌なこともあったかもしらないけど、ぼくは日韓2国でW杯を共催したという経験が、サッカーの世界だけじゃなくて、今後、いろんなかたちで次の世代に引き継がれることをより期待しています。

サッカーファンのひとりとしては、W杯を開催したおかげで、こんなに底辺が広がったと思っていますし、開催のためにJAWOCやJAWOCのスタッフ、参加したボランティアの方々が果たした大きな成果を、
ぼくはポジティブに認めています。
あれだけ大きなナショナル・イベントでしたから、サッカー協会や、サッカー業界だけではハンドリングできませんでした。政府や開催自治体の積極的な関与があって成功に導けた。それは事実として受け止めなければならないと思います。

時間がある方は、「チケット問題」のところだけを見るのではなく、「2002日韓大会レポート」の全体を読んでください。
もっと時間のある方は、「イラク・サッカー支援」なんかもクリックしてみてください。

「今日はうちのクラブ、勝ったでー」だけがサッカーというのも、それはそれでいいですが、あなたが好きなサッカーのことから社会や世界のことを考えることもできなくはないんじゃないかなというのが、このブログからの提案です。

ときどき、またのぞきに来てくだされば。

2006/01/14 石川とら


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/122-5ea6f5c7

0件のトラックバック

2件のコメント

[C5] W杯放浪 2発刊予定はいつですか?

W杯放浪は楽しく読ませていただきました。
今でも、私のバイブルとなっております。

「---2」の発刊予定はないのでしょうか?
やはり、Webがいくら発達しても、最後に残るのは髪では・・・。いや。紙では・・・・。

本で読みたいです。

一ファンより。

[C6] どうもありがとう。

ぼく自身、本にしたかったし、内容的にもあったほうがいい本だと思っています。何人か友人が出版化を奔走してくれましたが、JAWOCの決算を待っているうちに時間がどんどんたってしまい、単行本化のチャンスを失いました。
本にするとしたら文庫本でしょうけど、どうかなあ?
それは版元さんが考えることで。
読みたいという方が何千人もいるということなら考えてくれるでしょうが、
ぼく自身、出版の側の人間でしたが、出版界の元気のなさを身にしみて知っていますのでね。

いまは本の形じゃないといけないのかどうか、昔ほどこだわっていない。
それよりも、みんなで情報を共有すること、
ジャーナリストとしては、自分が見たり得た情報を社会にフィードバックすることのほうが
優先されるべきじゃないかと思っています。
やっぱりあれだけ大きなナショナル・イベントだったわけですから。

ネット上に今回、さらすことにしたのはそういうわけです。
このブログを読みにくる方が何千人、何万人と出てきたら、版元さんも考えるでしょうけどね。

本にするための交渉にかかるエネルギーや労力があれば、
次の取材に出かけることを優先します。
過去の総括よりもこれからの世界のことを考えることのほうがより大切なことのように思います。

コメントありがとう。ときどき訪ねにきてください。とら。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。