Google

Entries

アジア2次予選 テヘラン・イラン戦

テヘランより石川とら 2005/03/25

まず、「2-1」の敗戦は、予想の範囲内というか、たぶんこうなるだろうと見ていたとおりです。
前半30分を守り切ることができると、「0-0」ドロー型のゲームをすることができたかもしれないのですが(ホームで得点できないと、イラン、焦りがちになるチームなので)、俊輔の負傷セットプレーからの失点、あれは致し方ないでしょう。加地(だったか?)がつぶされてしまいましたが、ああいうフィットネスと球際の強さを持っているのがイランという難敵。

基本的にチーム戦力は紙一重ですから、前節バーレーン戦で勝ち点「1」しか上げられなかったイラン、ホームでは最大の強敵日本相手でも絶対落とせないゲームですし、観客数(正確には10万弱だと思いますが)、立ち見まで含めて超満員のホームゲームですからモチベーションの差が出るのはあたりまえで、妥当な結果でしょう。
希望としてはドロー以上でしたが、ジーコでさえも、ここで「勝ち点無し」の場合も覚悟していたはずですから、チーム首脳にはショックはまだない状態。次節バーレーン戦も落とすということなら、監督解任ということをキャプテンも考えるはずですが。

以下、理由を列記します。

・決定的チャンス数でイランが上回った。
日本がチャンスを作れなかったのは、高原が完全に押さえ込まれた。
ポストプレーも、競い合いもできず。レザエイにほとんど競り負け。

鈴木がいなかったのはその意味で痛い。鈴木という「つぶされ役」がいると、たとえつぶされても、ディフェンスを左右に引きずり出し、中村、中田が攻撃に割って入ることができる。あるいはフリーキックのチャンスが生まれる。高原、ほとんどボールをキープもできなかった。
それでも、バーレーン戦の先発に起用するのか? たぶん、ジーコは高原を軸でいくのでしょう。

・イランのイバンコビッチ監督の采配の妙。
前日練習は完全秘密練習、前日記者会見をすっぽかしてまで、手の内を一切、明かさなかったイバンコビッチの策を読めなかった日本陣営。
日本はイランが対バーレーン戦のときと同じ「4-2-3-1」で来るものと考えて、慣れていないが、守り重視のアウェー戦ということで「4-4-2」を選択しました。
しかし、イバンコビッチは、「4-4-2」それも、ワンボランチにして2トップの下をダイヤモンド型に組む攻撃的なフォーメーションを採用しました。
このフォーメーションは、北朝鮮の安をワンボランチに置いた「4-1-3-2」で日本が苦戦したのが参考になっているはず。
それと、イバンコビッチ監督はハシュミアンの高さを生かしたかったと、ゲーム後の記者会見でも示唆しています。

マハダビキア、カリミらの突破からトップのダエイ、ハシュミアンの大型2枚に合わせるという(2失点目など見事にそれでやられた)戦術。4バックスとアンカー的なワンボランチのネコナム以外は、ボールを奪ったら、即、攻撃に出る(つまり常に5人以上でスパッと攻撃に移れる)陣形でした。

イランのこの陣形に対して、ジーコ、後半に陣形を変えるというような指示をしていない。90分を通じて、ジーコ監督、ゲーム中にライン際に出て選手に指示を出すということをいっさいしていない。
ついでに言うと、「1-1」の同点にした途端、日本は三浦淳がしばしば攻撃参加するようになり、クロスを上げたりはするのだが、イラン側にカウンターで返されたり、俊輔がマハダビキアにボールを奪われたりということになる。なぜ、同点になった時点で、ジーコが一度、指示を出さなかったのか?
あそこで「ドローも可」と、守備の再確認をすれば、ゲームは「1-1」でもう少し落ち着いていたはず。そういうマリーシアがジーコにない。その辺りが的確に選手交代をしたイバンコビッチとの差。

イランのフォーメーションは、ワンボランチのすぐ両脇や両サイドのマハダビキアとザンディの後ろのスペースに穴が生じるのですが、そこを狙うことができなかった。
前半に俊輔が2度、倒されてしまい、俊輔、だいぶん痛みました。後半は対面のマハダビキアに再三、ボールを奪われ、それが2失点目の発端になった。
前々日までの日本の右サイド側(ヒデ、福西、加地)の守備連携の不安は解消されましたが、俊輔の負傷(バーレーン戦に引かないか心配)で、マハダビキアに何度も突破されてしまって、前半は三浦淳は下がり気味の守りのみ。あれではマハダビキアの思いのままに攻め込まれても仕方がない。

・中田ヒデについて。
中田ヒデは、全盛時に比べると、動きまだまだ。しかし、2日前に比べれば、出来としては及第点だったか。後半、入った小笠原の軽いプレス(一発で突破されてピンチになった)などよりはずっとましだった。ただし、カリミに何度か簡単につぶされていたのを考えると、90分使える状態まで復調しているわけではない。

大きな疑問は、ジーコ監督も答えていないのですが(会見、イラン側の質問で時間切れ)、小野をなぜ交代させたのかがわからないこと。
小野、すでに次節バーレーン戦はイエロー累積で出場停止が決まっていたのだから、そのまま90分プレーさせるべきだったのでは。小野が自分から手を上げたりしていなかったことを考えると、最初から70分が限度というフィットネスコーチの判断だったのかもしれないが。
しかし、それなら小野→中田コの交代でしょう(前日練習、中田コ)よかった。ヒデは2列目でそのまま使ったほうがまだチャンスを作り出す可能性はあった。

30日の対バーレーン戦次第で、負けならもちろん、ドローでも「監督交代」の声が再燃するでしょう。

イラン戦後の中村俊輔とジーコ監督のコメント・データ。

中村俊輔:
「1-1」の同点になった時点で、アウェーだから守ってこのままでもいいと思っていたんだけど。監督から攻めていけという指示が出たので、攻め上がっていった。あそこをちゃんと守りきることができたらよかったんだけど。やっぱりこういう展開のアウェーのゲームはディフェンシブにいくのかどうか、迷うところだから。チームとしてもっと意思統一があれば、追加点を取られるのを防げたんじゃないかとは思う。

ジーコ監督記者会見コメント:
・今日の試合についてどう思うか?
「日本にとってむずかしい試合になるというのは考えていたとおりで拮抗した試合になった。イランも日本も決定的なチャンスを作り出し、イランのほうがより多くチャンスをゴールにつなげたというだけのことなので、内容は決して悪い出来ではなかったから、頭を切り替えて次の試合に臨みたい」

・2試合が終わったところで、日本がW杯に出るチャンスは?
「いまは2試合が終わっただけだという時点で、イラン、バーレーン、日本が団子状態になってはいるが日本は後の試合を確実に勝っていくことで、積極的に前に進んでいくつもりです。私はこのチームを信じていますから、W杯には行けると確信しています」

・中田ヒデの招集について日本でいろいろ報道されていたが?
「(彼のコンディションや代表復帰については)いろんな噂があったのは事実ですが、私は噂話についてはコメントするつもりはない。日本チームの内容がよかったし、実際、またヒデの動きもチームと同じくらいよかったということでもあり、彼のコンディションは戻っていると思うし、彼を使うのはチームにとって有益であると判断したから招集しました。ヒデとは数試合、いっしょに戦ってきたし、ヒデの力はチームに大きな力となったし、今日の試合でも彼は非常によくやってくれた。これからも彼が全力を尽くしてチームのW杯進出のために戦ってくれると信じています」

・今日のイランのシステム(2トップの下にダイヤモンド型にMFを配置した変則4-4-2)がバーレーン戦(4-2-3-1)と違っていたことで困ったことは? また、それを試合の中でどう対処したのか?
「イランが第1戦で勝ち点1しか取れなかった。今日の試合がイランのホームゲームということで、当然イランは前からプレスをかけてくるだろうと思っていた。実際、高い位置でボールを奪って攻撃してきたし、私たちが予想していた中盤からどんどんプレッシャーを受けた。選手との確認のなかでイランは1―1でも出てくると言っていた。失った2点はどちらもクロスが自分たちの選手に当たって相手に拾われるという不運な形だった。イランの選手が持っている技術と経験があの2点をゲットするということになったのだと思う。アウエーのゲームですので、勝ち点3なら素晴らしい結果、勝ち点1でも日本には好都合の結果と考えていたのだけど、攻めもしっかりできていたし、チャンスを作り出したけど、そうはいかなかったということです」

・ボールが足下で止められなかった不調な高原を下げないで、玉田を代えたのは? 2失点目は中澤をサイドに引き出されて4バックスの欠陥が出たのでは?
「玉田は一瞬の奪取から建てに突破するタイプのプレーヤーなのだが、今日はよくなかった。今日は前半から滑るようなことが多かったので、同じような速さの柳沢を投入した。高原の一発の決定力と経験を買って、高原を残した。実際、今日は高原も本来のできではなかったけども。2失点目は楢崎の手前でボールが当たってああいうゴールになった。センターバックが引き出されたのは悪い形だが、あの場合、中澤がカバーするのはあたりまえで。(3バックスの)アジア杯のときのヨルダン戦でも同じかっこうで引き出されて失点したケースもあるわけで」

・今日の試合の最大の敗因は? 今後の対策は?
「イラン戦というのは歴代の結果を見ても、3勝3敗4分けと拮抗しているわけで、今日の敗因はうちが1ゴール、イランが2ゴールを挙げてしまったということ。スコアどおり試合も拮抗していたわけですが、スコアがすべてを物語っている。これからは最初にバーレーンのことを考える。ホームなので、リスクを覚悟で前からプレッシャーをかけて勝ち点3をもぎとりにいく」
記者会見、時間切れで、小野の交代の理由についてはジーコに聞くことできず。
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/150-c1c45d68

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング