fc2ブログ
Google

Entries

ジーコ・ジャパン アジア1次予選突破 AERA

オマーン戦速報 ジーコ・ジャパン アジア1次予選突破!(2004/10/14送稿 AERA)

「大人の守備」 
前半半ばまでオマーンが運動量で日本を圧倒。日本、後半のスタミナを考えてか、序盤は抑え気味。

 同じチームとの今年だけで3度目の対決。双方ともに相手の攻め方、持ち味をよく知っているだけに心理戦にならざるをえない。
 日本がやるべきことはただひとつ。前半を無失点で抑えきること。前半「0-0」でOKの大人のゲーム・メークを日本ができるかどうかが肝心だった。

 オマーンに先に点をやりさえしなければ、時間がたてばたつほど、「引き分けでもいい」という日本のアドバンテージが効いてくる。焦ったオマーンがバランスを崩してでも攻撃に出ようとするときに、オマーンのディフェンスに綻びが生じるはず。

 オマーン、キックオフ直後から日本の左サイド、三都主の裏を衝くロングボールで、サイドから日本を崩しにかかる。これもやはり想定どおり。

 日本のディフェンス・ライン、中澤、宮本、田中の3バックに左右の三都主か加地、あるいはボランチの福西が加わり、クロスを入れられても、ペナルティエリア内で常にオマーンの攻撃陣よりも数的優位を保つ慎重なゲーム運び。
 ときどき最終ラインが下がりすぎて、小野、福西の両ボランチとの間にスペースが生まれてしまい、そこに転がったルーズボールへの寄せがオマーンのほうが一瞬早く、ミドルシュートを打たれる。しかし、入ればもうけもののシュートばかりで怖さはない。
 オマーンの得点源、長身センターフォワードのホスニへのクロスボールは、中澤が壁になって再三、跳ね返す。

 ゲーム後、オマーンのマチャラ監督、日本の勝利の立役者として、中澤を絶賛した。
 ヘッディングの強さだけでなく、ドリブルやワンツー突破を仕掛けられたときも、ボールを追いかけるのではなく、相手の動きを見てペナルティエリア直前でオマーンの突進をピタッと止めた中澤の冷静な守りが光ったゲーム。

 前後半を通じて、オマーンにセットプレーから直接、ゴールを狙われるようなフリー・キックを与えたのはわずか2度だけ。
 シュート数、ボール支配率ともオマーンが上回ったが、日本のディフェンスがペナルティエリア付近でパニックを起こすというような守備の破綻は、後半12分、無人のゴールを割りそうになったホスニのシュートを体を張って止めた田中のファインプレーのとき以外、なかった。

「引き分けでもいいという条件を頭に入れて、冷静に、最後の球際でもしっかり守るゲームをする」
 と、宮本キャプテンが前日、話していたとおり、大人のゲームができた日本ディフェンス。これも苦戦を何度も乗り越えたアジア杯の勝利の賜物だろう。

小野・中村の切れ味

 後半開始から、小野と中村が上下にポジション・チェンジを繰り返し、オマーン・ディフェンス、しばしば2人を見失った。

「ハーフタイムに、小野と中村、それと高原、鈴木の4人に、もっとポジション・チェンジをして、オマーンのマン・マークを外せという指示をした。ポジションを変えることで、だれかが相手ディフェンスを引きずっていくから、そこにスペースができてチャンスが生まれるはずだとね」
 ジーコ監督、ちゃんと戦術指導していたんだ。

 後半7分、中央からのリスタートで小野から左サイドを駆け上がった中村にロングスルー。俊輔、相手ディフェンスをフェイント一発で置き去りにして絶妙のピンポイント・クロスをゴール前に。2列目の位置まで下がって相手ディフェンスのマークから姿をくらましていた鈴木がジャンプ一閃、頭で叩きつけた会心のゴール。

 再三、好セーブを見せていたオマーンのGKハブシもお手上げ。2006年W杯を手元に引き寄せる値千金のゴールになった。
「伸二・俊輔」のゴールデン・コンビが結局、決めるところを決めた「1-0」でも完勝のゲーム。

ジーコ・ジャパンの課題
 ドイツW杯へのアジアの出場枠は「4・5」。8チームが2グループに別れての最終予選で各グループの上位2チーム、計4チームが無条件で本戦出場。最終予選で5位となったチームは欧州予選の次点チームと最終枠を争う。
 現在の日本チームの力量を考えれば、ライバルの戦績を横目でにらみながらグループ2位以内を確保するのは1次予選を突破するよりもたやすいだろう。

 しかし、すべてが万々歳というわけではない。
 1次予選のジーコ采配について、川淵会長も再三、疑心暗鬼になり、監督更迭寸前まで気持ちが揺れた時期もあった。
 アジア杯優勝、今回の1次予選突破でジーコ監督の首は安泰になったが、協会とジーコ監督の間のギクシャクしたコミュニケーションがすべて解消されたわけではない。川淵会長が協会として、ジーコ監督との信頼関係を再構築する必要性をゲーム後に語っているが、ジーコ監督と協会、双方が代表チームの強化という共通の目標に向けて、互いにフェアに注文を出し合う健全なコミュニケーションが行われるようになるのか。また、その過程がサポーターにも伝わってくるのかどうかが重要だろう。

 ジーコ監督からすれば、チームが勝ち、結果を出したのだから自分は責任を果たした、それで問題はなかろうというブラジル流の考え方を今後も押し通す可能性が高いだろう。しかし、代表チームの人気は協会財政の屋台骨であり、それ以前に、熱心なサポーターにとっては、自分たちの代表チームという意識が強いのだ。

 代表戦のチケットはいまやプラチナ・チケットではなくなり、最近では、入場券が売れ残るゲームもときどき出ている。一部サポーターが「ジーコ更迭」要求デモを敢行したほど、ジーコはつい数か月前までサポーターからそっぽを向かれていたのも事実。

 ジーコ采配は、前監督フィリップ・トルシエのスタンドプレーを取り混ぜた雄弁なパフォーマンスと比べたとき、ファンには地味に見えてしまいがちだ。
 ジーコ監督が代表チームをどのような戦略、戦術で2006年本戦に向けて駒を進めさせようとしているのか、明確な表現で伝わってこないもどかしさは今回の勝利のあとも残ったままだし、代表選考についてもジーコ監督と縁の深い「鹿島アントラーズ」の選手が優遇されすぎているのではないかという不満が他クラブのサポーターにはくすぶっている。

 オマーン戦の勝利が「ジーコ・ジャパン」人気復活に即結びつくのかどうか、深夜の中継でどの程度のファンがテレビに釘付けになったのか、オマーンではまだ判断がつかない。

 最終予選を控えて、新たな候補選手を交えてチーム内競争を活発化させ、もう一段強い「ジーコ・ジャパン」にふるいなおす作業も急がれよう。
 協会とジーコ監督がファンやサポーターにもわかりやすい言葉と方法論でそれらの強化策を打ち出すことが「ジーコ・ジャパン」の今後の大きな課題となるはずだ。

2004/10/14 マスカットより 石川保昌
スポンサーサイト



-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/153-33f4eb9f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング