Google

Entries

サッカーでなにを見ているのか?

Kotaさんの質問(コメント)へのお答え。

むずかしい質問ですね。
サッカーでも、ほかの球技でもですが、ゲームというのは、2つのチームの強い気持ちのぶつかり合いが、どちらかに破綻を生じさせて、そこでゲームが動くという瞬間があるように思います。
だから、できるかぎり、そういう瞬間を察知すること、感じようとゲームを観ます。観客席にいるんだけど、選手たちの心理状態に自分自身をシンクロさせていくというか。

今年はあまり観にいってないので(高校サッカーの野州戦をどうして観なかったのと、何人にも馬鹿にされていますが)、天皇杯の決勝のケースを書きますと――。

レッズもエスパルスもぼくには関係のないチームなので、気楽に観ることができるゲームでした。
(白状すると、ゴンが好きなのでジュビロが好き。ただし、ヤマハまで通ったりはできないので。湘南の田舎に住んでいる関係で、マリノスとベルマーレの試合に出かけるほうが多いかな)

あの試合だと、「2-0」の直後に、市川が決めて「2-1」になったセットプレーがありましたが、ああこれやられるなという失点になる雰囲気、濃厚に感じましたね。
あれだけ失点が少ない浦和であっても(もちろん、レギュラーが欠けているという理由もあるけど)、ああいう失点をしてしまうというところに、強力なチームなのに、いまひとつリーグ王座に届かなかった理由のひとつがあるのかもしれませんね。
「こんなところで取られるかい」という優勢な心理状態を持っていないから、市川をフリーにしてしまった。

それから平松が無駄口で2枚目をもらって試合が壊れてしまった直前ですが、「平松、行っちゃダメだ。行くな、行くな。2枚目もらっちゃうぞ」と記者席で叫んでました。左コーナーでアレックスがキープして、平松があとからボールを奪いに行ったシーンね。ああ、ここで試合が変わっちゃうという勘がなんとなく働いたんだと思う。
ファウルをもらおうと待っているところに鉄砲玉があとから飛んでいくと、確実にファウルを取られるもので。本人はボール奪わなきゃ、時間がないと焦っている。焦るからああなる。冷静じゃないから無駄口を言ってしまう。

「強い気持ち」というのと「気が強い」というのはまったく別ものですよ。

ボールゲームに限らず、格闘技でもテニスでも、博打でもそうですが、勝負事というのは、ある一定の水準に達した同士の戦いは、「負けないんだ」という自信と気力が、ゲームの安定性を支えているんです。それがひょっとしたことでコロッと動いてしまう。
メンタルだけじゃどうしようもない、彼我の実力差がそのまま点差になって出てしまわざるをえないのはラグビーくらいで。

サッカーは劣勢のチームでも「0-1」のビハインドをひっくり返すゲームができる競技でしょう。
実際、とんでもない逆転や同点撃を観てるし。
そういうときの攻める側のチーム全員が共有している「追いつくんだ。おれたちは返せるんだ」という気持ちの強さや信頼感は、全員の献身的な動きという形で感じられる。
押されている側のヨレヨレアップアップ状態――最終ラインがずるずる下がってしまって5バックがエンドラインまで押し込まれてしまったような状態のときにポカッと生じてしまう心理的な隙(チーム全体としての集中力の欠如ということでしょうが)ができると、やはり、点を取られるもので。
そういう集団心理劇を観る楽しさがサッカーにはありますね。
質問、ありがとう。

寄せてくださった質問には、なるべく早めにお答えするように努力してみます。忙しくなっちゃうと、すぐお返事できないこともありますが、そのときはお許しを。

まだ、試したことがないのだけど、「投稿をする」のいちばん下の「Not Display」をチェックすると、
非公開のコメントが投稿できるみたいですが、できればオープンなほうがありがたいです。

2006/01/13 石川とら



スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/162-cef02027

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング