Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/19-df4f7731

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米大統領選 保守バネ

ブッシュ陣営運動員

選挙戦終盤に為替相場は二度にわたってドル安局面を迎えた。金融界はブッシュ再選とそれにともなう連邦財政の悪化やドル安懸念を先読みしていた。

しかし、フロリダ南部を一〇〇〇マイル(約一六〇〇キロ)近く走った実感では、活発な選挙運動を繰り広げていたのは民主党だった。たまに共和党の運動員を見かけても、投票所近くの交差点でプラカードを掲げているくらいのもので、効果的な選挙キャンペーンには見えなかった。

ただし、ホテルにたどりついてテレビのスイッチを入れれば、どのチャンネルも両候補のキャンペーンCMの洪水である。米大統領選とは四年に一度の電波による宣伝戦争なのだ。

両候補とも強いアメリカの大統領たるべき自らの資質を星条旗をバックにイメージで訴える。イラク戦争という観点からは、民主党員でも共和党員でもない有権者には(この層をどちらが取り込めるかが選挙戦の鍵だった)どちらが大統領になっても大きな差異はなかった。

テレビは両候補の歩みをフラッシュバックで紹介しながら、家庭人としてブッシュ大統領を支えてきたローラ夫人と、資産家として知られるケリー候補のテレーザ夫人のどちらがファーストレディーとしてよりふさわしいか、視聴者に品定めを迫る。米大統領選とはイメージ選挙、ポピュリズム(人気取り)選挙以外のなにものでもない。

選挙後、ブッシュ勝利の理由を「9・11事件」以来のアメリカ人の不安感にあるとした論評を数多く見かけたが、どうだろうか。
戦争が不安であれば、戦争という手段に訴えない外交戦略もある。ブッシュ政権の単独主義は、国益のためには緊張を生み出すことも厭わない力の外交である。緊張を増幅させることはあっても、不安を消し去ってくれるものではない。

広大な郡部票を左右したのは、現状を変えたくないという宗教票を中心にした「保守バネ」だった。
ブッシュなら現状を変えない。イラク戦争や経済政策の是非よりも、妊娠中絶や同性愛結婚の合法化問題が、郡部浮動票の獲得で大差がついた要因になった。

(2004年12月21日「愛媛新聞」掲載)

写真1:ブッシュ派運動員。斜陽観光産業テコ入れで共和党の現職上院議員を応援している。

写真2:http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-20.html

■米大統領選次の記事へ--->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-21.html
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/19-df4f7731

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。