Google

Entries

【スポバカ】EURO2004開幕戦 「ポルトガル 1-2 ギリシャ」ポルト

「EURO2004」開幕しました。
 オープニングゲームで早くも大波乱。それにしても、ポルトガル困ったものです。なんていうことはない。自滅してしまった。
 今日のゲームはテレビでご覧になった方も多いと思うので、ゲーム詳細は書きません。後半、PKで「0―2」の展開になったところで、ギリシャはあとは守ればいいという展開のゲームになった。何回、クロスを入れても、中央で合わせるプレーヤーが1枚足りないというポルトガルの攻撃布陣では、2点を返すのはむずかしかったというほかありません。

 ただ、もし、ポルトガルにほんの少しの希望を与えたものがあったとすれば、ゲーム終了直前、1点を返せたこと。残り2戦のふんばり次第では、得失点差が大きな意味を持ってきます。「0-2」のまま終わるのと、「1-2」で終わるのでは、大きな違いが出てくるでしょう。

 ゲーム後、記者会見室に下りるエレベーターのなかで一緒になったギリシャ記者団の喜ぶこと、喜ぶこと。
「ヘラース、ヘラー!(フレー・フレー!)オットー・レーハーゲル!」の大合唱でした。「ゲーム前の君たちの予想はどうだったのかい?」と聞くと、
「勝つなんて思ってもなかったもの。ただただびっくりしてるだけさ」との答え。

 ポルトガルの失点は、2点とも、あまりにも痛いイージー・ミスから。それも取られた時間帯が悪すぎる。ああいう時間帯に点を失うと、自分たちのリズムを取り戻すのに時間がかかってしまう。しかも、ピッチ上は30度を超える暑さでした。後半、追いつきたくても、時間がたてばたつほど、足がもたないだろうなあという予感どおりの展開でした。
 前半7分の失点は、1点献上しますとでもいうべきパスミスから。自陣内で敵にパスミスをしてそのままカウンターを食らったもの。
 後半51分のPKを招いたファウルも、ギリシャのカウンター攻撃に、相手右サイドバック・セイタリディスの上がりをマークしていなければならなかったクリスチャーノ・ロナウドがマークを怠り、ペナルティー・エリア内でラストパスをもらったセイタリディスに余計な突っかけをして押し倒してしまうという、2重のイージーミスによるPK。
 こういう無駄な失点を、それも2点もしてしまえば、あきらめるしかない。

 一方、ギリシャは2002年W杯の「ポルトガル-アメリカ」戦で、アメリカが採用した長いロブ球のカウンター戦法を参考にしていたと思います。攻撃では、美しいサッカーよりも高さと当たりの強さでポルトガルに立ち向かい、守備では、ルイ・コスタ(後半はデコ)、フィーゴがバイタル・エリアに入り込むと、早めにチェックをかけて、中央で仕掛けをさせない。また、パウレタをセンターフォワードがきっちりマークして、パウレタに前向きでボールを持たせないという完璧な守りを後半80分過ぎまでできたのが、この勝利につながったということになるでしょう。

ポルトガル 1-2 ギリシャ

[得点]
ギリシャ:カラゴウニス(前半7分)、バシナス(後半51分PK)
ポルトガル:(クリスチャーノ)ロナウド(後半ロスタイム94分)

[先発メンバー]
ポルトガル「4―2―3―1」
GK:リカルド
DF:ルイ・ジョルジ、コート、ジョルジ・アンドラデ、パウロ・フェッレイラ
MF:マニチェ、ルイ・コスタ(46分→デコ)、コスティーニャ(66分→ヌーノ・ゴメス)、フィーゴ
FW:パウレタ、シモン(46分→ロナウド)

ギリシャ「4―4―2」
GK:ニコポリディス
DF:フィサス、カプシス、デラス、セイタリディス
MF:カラゴウニス(46分→カツォラニス)、バシナス、ザゴラキス、ジャンナコ
ポウロス(68分→ニコライディス)
FW:チャリステアス(74分→ラキス)、ヴリザス
レフェリー:ピエルルイジ・コッリーナ(イタリア)

 両チーム監督のゲーム後のコメントも当然だけど、対照的でした。破顔一笑というのはこういう顔のことをいうのかなというくらい、にこにこ笑顔で手を振りながら会見室に現れたオットー・レーハーゲル監督。
「私自身、予想していなかった偉大な、自分にとってもワン・オブ・ザ・グレーテストといってもいい勝利であり、チームが一丸となって全力を出し尽くした結果、こういう会心のゲームをすることができた。今日はこの勝利をチーム全員でゆっくり味わって気持ちよく眠り、また次のゲームに備えて猛練習をする」

 スコラーリ・ポルトガル監督はさすがに渋い顔。
「オープニング・マッチという重圧のかかるゲームで、やってはいけないミスをして試合を落としてしまった。後半でもまたミス。ポジショニング、パス、すべての面でミスをした。ギリシャは全員がよく組織化されたチームであり、その相手にこういうミスを重ねてしまえば、敗戦は仕方ない。今日の結果について、応援してくれているポルトガルの国民に謝罪したい。ロシアとの第2戦がライフ・オア・デッド(生き残り)を賭けたゲームになる。選手の交代起用については、1点をリードされ、また後半2点目を失い、より攻撃的にするためにはああいう交代しかなかったと思う」

 マンオブザマッチを受賞したギリシャのチーム・キャプテンのザゴラキス(右ボランチ、2点リード後は3枚ボランチの中央でアンカーとして守備に活躍)は、
「オープニング・ゲームで、しかもポルトガルとの対戦、世界中のファンが見てくれているこういう大きなゲームで、こんないい結果を残せたことがうれしい。これで世界のだれもが私たちギリシャ・チームのことを知ってくれるようになるだろう」

 ポルトガル・チームの選手たち、いずれも口が重いのは当然か。
前半で交代したルイ・コスタが今日はミックスゾーンで記者団に神妙に応えていました。
「本来、今日のゲームはわれわれがゲームをコントロールしなければならなかったのに、ギリシャの執拗な組織的な守備のまえに攻撃を封じられた。次のゲームで全力を出し切るしかないだろう」

 そのルイ・コスタと代わったデコはミックスゾーンの通路を通り過ぎながら、
「今日のゲームに負けたからって、別にびっくりするほどのことじゃないさ。そんなこともあると思っていたもの」と一言。

 ポルトガル、スペインの記者団も、デコの言葉をどう受け止めたらいいのか、真意をはかりかねている。
 ポルトガルのフォーメーション「4―2―3―1」のオフェンスの要の役(第2列の真ん中の位置)に、ルイ・コスタとデコのどちらを先発で使うのか、ポルトガルでは盛んに議論されてきました。
 スコラーリ監督はたぶんルイ・コスタを先発で使ってくるだろうというのが、ポルトガル記者団の大方の予想でしたが、先のFCポルトのチャンピオンズ・リーグ優勝の最大の立役者であり、ポルトの町の最大のヒーローでもあるデコを先発で起用してほしいという願いは、ポルト番の記者やポルトのサポーターには根強くある。

 ポルトガル・サッカー界の古参クラブ間の思惑も絡み合って、たとえば、フィーゴが3週間前にあるスペイン紙に語ったという「デコはブラジル代表になればよかったんじゃないかい?(デコはブラジルからの帰化選手)」という皮肉な発言の真意をめぐって、記者団が情報の確認に走り回ったのは、つい一昨日のこと。

「フィーゴの発言は、昔からの同僚、ルイ・コスタをかばっただけのことさ。いまは、もしスコラーリがデコを先発で使っても、フィーゴも文句は言わないさ」
 と、解説してくれた記者もいましたが、悪いゲームをしてしまうと、必ず、この問題は蒸し返されることになるでしょう。

 デコの発言を、「ギリシャは強いチームなのだから、われわれが負けたってそれは不思議なことじゃない」と、単純に受け取るべきなのか、「自分を先発で使わない以上、こういう結果も不思議じゃない」と、悪意を持って解釈すれば、監督批判になってしまいますね。 ポルトガル紙がデコの発言をどう書くことやら?

 そういえば、ゲーム後半、「0―2」でほぼこのゲームは終わりと思われていたときにも、デコがボールを持てば、あるいはゴールマウスを外そうと、デコがシュートを放てば、観客席はそれだけで大拍手。ヨーロッパ選手権のナショナル・マッチとしてはとても不思議な緊張感に乏しいゲームだった。残念。

2004/06/12 23:00 ポルト・ドラガン・スタジアム・プレスルームにて。石川とら
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/202-fe05f968

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング