Google

Entries

米大統領選 二つのアメリカ

キーウエスト・ドライブ

共和党は同時に行われた連邦議会選挙でも上下院とも過半数を制した。
ブッシュ政権はなに憚ることなく単独主義外交を貫くことになるだろうし、当面のイラク戦争が速やかに終息する可能性はますます遠のいた。

ケリー候補の敗北表明の翌日、フロリダからニューヨークに寄った。
ニューヨークも今年は冬が遅いのか、セントラル・パークの樹々も黄色い葉をつけたまま。翌日のニューヨーク・マラソンに備えて、何千人というランナーがジョギングしていた。

予想どおりの結末となり、急ぎのレポートはキャンセルになる。選挙戦で少しはイラク戦争の是非が論争されるかと期待していただけに、気分が重い。

パームビーチ郡で民主党系の選挙監視ボランティアの青年と論争になった。
「大量破壊兵器が存在しなかったのに、なぜ開戦してしまったのかを君たちは論議しないのかい?」
「この戦争は正義の戦争なんだ」
「開戦以来、アメリカ人が一二〇〇人近く(十月末時点)死に、イラク側にはその百倍近い犠牲者が出ている。戦争になってなければ彼らは死ぬ必要はなかったと思わないかい?」
「でも、戦争のおかげでサダムは滅び、イラクに民主主義を与えることができたじゃないか」
アンチ・ブッシュの民主党のボランティアでさえ、イラク戦争を正義の戦争と考える大国のエゴイズム。
NYタイムズの友人と久しぶりに会う。
「どうするんだい。二年後には戦争出費と減税のつけで連邦財政が破綻する可能性だってあるだろうに」
「そうなったらそのときに考えればいいとしか、多数派は考えなかった」
開票結果が塗り分けられた地図を見ながら、
「賢明な選択よりも、強いアメリカであることを望むアメリカ人のほうがこれだけ多かったということさ」
と彼は言った。

広大なアメリカの中西部は共和党の「赤」に、カリフォルニアや巨大都市が点在する東部が民主党の「青」にくっきりと塗り分けられた二つに分断されたアメリカがあった。

(2004年12月28日「愛媛新聞」掲載)

写真:速報レポートもなくなり、マイアミからキーウェストまで自棄(やけ)ドライブ。
半日で450マイル飛ばす

■米大統領選関連記事 1 --->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-72.html

■米大統領選関連記事 2 --->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-73.html

■米大統領選関連記事 3 --->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-74.html
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/21-cdd66c58

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング