Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/215-921b44c8

-件のトラックバック

-件のコメント

[C71]

サポティスタからきました。
あっちの人は道聞かれても知らないと言ったら相手が悲しむと思ってるんじゃないっけ?それなら嘘を教えて相手をその場だけでも喜ばしてあげようみたいな。日本とは考え方が全く違うよ。
見たいな事を大学の先生が言ってた。

[C72] そのとおりです。嘘も明るいコミュニケーション。

みんな悪気があるわけじゃない。
困ってるみたいやから、オレはこう思うよと
寄ってくるわけで。
話し好きやからね。ただ、最初から半分以上、
「それちゃうやん」と思って聞いてないといけない。
間違ってたって、「まあ、マリッシュ」で済ませる世界です。

守本クンが書いている警察と軍隊の仲の悪さは、
ナセルが死んだ直後からです。
軍はナセル時代のアラブ連合派が多かった。
でも、警察は内務治安重視派ですから。
中東戦争に敗れて、アラブ連合派の軍幹部は権威失墜しました。
軍幹部は、ずいぶん、アラブ各国に亡命しました。
30数年、内務警察の力で政権維持をしてきた国ですのでね…。
警察の力が強いのはそういう事情もあります。


[C77] 親切というよりも

一般人は親切心で・・・って感じですが、警官隊の「あっちだ」については、ただ責任を他にまわしているだけです。
「あっちにいってもないんだよ、どこなんだよ?ホントに!」って言っても、別に何の協力もしてくれないですからね。
もちろん一般の人とは、適当に仲良くやってますよ。その辺の空気が読めない奴ではないので。
このあたりの対応については現地にいなければ伝わらないことなんですけども。
  • 2006-02-10
  • バルセロナの守本
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

カイロの守本クンからアフリカ・ネーションズ・カップ 第2報

バルセロナの守本和宏クン(いまはカイロ滞在)から、「アフリカ・ネーションズ・カップ」報告メール。
苦労してるみたい。かわいそうw…。


「■エジプトの大会運営の話

エジプトは、けっこう英語通じるんですけど、通じない時はひどいですね。
ワン(1)とかツー(2)自体通じないんですから。

アラビック、数字と自己紹介、スタジアムの呼称、挨拶は覚えました。
タクシーの交渉も基本的にアラビックでやってます。

タクシーといえば、この間、開催地のひとつであるアレキサンドリアから、
メディアバスに乗ってポート・サイドという街に行こうと思い、タクシーを捕まえました。
アレキサンドリアのスタジアムがミーティングポイントになっていたので
「スタジアムまで行ってくれ。“メディアバス”に乗ってポートサイドに行くから」
と言ったら、とりあえずスタジアムまで行ってくれて、警備の人に聞いてくれました。

英語でスタジアムの警備の人に説明したら、「OK」と自信満々に言うので、
間違いなくわかってないなと思いつつ、面白そうなのでとりあえず従ってみました。
結局、着いたのは、さびれた車がたくさん置いてあるターミナル。

どうやら
「スタジアムまで。“メディアバス”に乗ってポートサイドに行くから」

「“ミニバス”に乗って、ポートサイドのスタジアムに行くから」
という文章に、勝手に変換されていた模様です。

「やっぱ、ちゃうやんかー」
と日本語でタクシードライバーと、ミニバスの運ちゃんにつっこみまくってました。
やっぱり、メディアバスとか向かないんですよ。私は。
そっちのほうが楽しいですしね。

何が言いたいかというと、エジプト人(多くのアフリカ人)は、「知らない」と
言わないんです。

「メディアエントランスはどこだ?」と2人に聞くと、両方違う方向を指します。
メディア用の入り口ですよ。メインのとこですよ。
そんなもん、一周しただけでも普通わかるでしょうに!!

それだけならいいんですが、スタジアムの警備をしている警官隊が最悪です。

先に予備知識を入れておきますと、警察と軍隊は約40年ぐらい前に
対立したことがあって、それ以来お互いのテリトリーを法律で決められています。
そして、軍隊は民間の味方として。警察は国側として、お互いの地位を
固めていきました。だから、軍隊の人たちは、みんな優しくて楽しいけど、
警察は頭が固くてダメ、みたいなイメージですね。

このスタジアムの周りを警備している警官達、自分達が
ホスト国としてやっているんだという意識はまるでなし。

誰も通すなという命令をただただ忠実に守るだけです。
ひどいのが、エジプト戦の時。

対コートジボアール戦では試合開始の1時間に、入り口を完全封鎖。
錠前でカギをかけて、チケットを持っていても、メディアの人間であっても
決して通そうとしませんでした。知り合いのライターさんがスタジアムに
入れたのは、後半が始まる直前ぐらい。
「メディアだろうがなんだろうが、もう入れない」って感じで、最悪です。

そして昨日の準々決勝、対コンゴDR戦。試合開始は7時だったのに、
4時で門を閉めやがりました。私は5時に着いたのですが、
もちろん、いろんな国のジャーナリストも締め出されていて、
文句言いまくりでした。みんなで一致団結して強行突破!!とか
やってみますが、ダメです。あいつら強くて人数が多い。

結果的に門は開いたり閉まったりするので、我慢強い交渉の上、
なんとか試合開始10分前に入ることが出来ました。

しかし、この警官隊の頭の固さにはまいっちゃいますね。

「俺らは働きに来てるんだ!」って言っても、ダメの一点張りですから。
ホスト国としては、最低の対応を見せてくれています。」


■とら追記
フ~ム。アラブ圏は30年前とあまり変わってないね。
守本クン、アラブでは先に腹立てたほうが負けやからね。
「インシアラ~!」「ブクラ(まあ明日また)」「マリッシュ(気にセんと)」
の「IBM」の世界です。
あんまりイラチな人には向かない地域。まあ、守本クンならボヤキですむやろ。
フェリー沈没事故で、政情不安の可能性もあるかもしれない。
みんな気をつけて取材してください。

2006/02/4 石川とら


カイロ守本クン「アフリカ・ネーションズ・カップ」第1報--->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-181.html




スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/215-921b44c8

0件のトラックバック

3件のコメント

[C71]

サポティスタからきました。
あっちの人は道聞かれても知らないと言ったら相手が悲しむと思ってるんじゃないっけ?それなら嘘を教えて相手をその場だけでも喜ばしてあげようみたいな。日本とは考え方が全く違うよ。
見たいな事を大学の先生が言ってた。

[C72] そのとおりです。嘘も明るいコミュニケーション。

みんな悪気があるわけじゃない。
困ってるみたいやから、オレはこう思うよと
寄ってくるわけで。
話し好きやからね。ただ、最初から半分以上、
「それちゃうやん」と思って聞いてないといけない。
間違ってたって、「まあ、マリッシュ」で済ませる世界です。

守本クンが書いている警察と軍隊の仲の悪さは、
ナセルが死んだ直後からです。
軍はナセル時代のアラブ連合派が多かった。
でも、警察は内務治安重視派ですから。
中東戦争に敗れて、アラブ連合派の軍幹部は権威失墜しました。
軍幹部は、ずいぶん、アラブ各国に亡命しました。
30数年、内務警察の力で政権維持をしてきた国ですのでね…。
警察の力が強いのはそういう事情もあります。


[C77] 親切というよりも

一般人は親切心で・・・って感じですが、警官隊の「あっちだ」については、ただ責任を他にまわしているだけです。
「あっちにいってもないんだよ、どこなんだよ?ホントに!」って言っても、別に何の協力もしてくれないですからね。
もちろん一般の人とは、適当に仲良くやってますよ。その辺の空気が読めない奴ではないので。
このあたりの対応については現地にいなければ伝わらないことなんですけども。
  • 2006-02-10
  • バルセロナの守本
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。