Google

Entries

藤田元司さんのこと。

追悼原稿がつづくのは気が重いが。
今日は野球の話。それも懐かしい田舎の高校野球の話。

お亡くなりになった藤田元司さんはぼくと同郷、高校の先輩である。
昭和6年のお生まれなので、直接、お話をお聞きする機会はなかった。小さいときに藤田さんが帰ってきたときに抱っこしてもらった写真がどこかにあったはずだが。

「球界の紳士」と呼ばれた藤田さんは、最初、入学した新居浜西(だったかな?)では、有名な番長だった。喧嘩がめっぽう強かった。「おまえ、そのままではせっかくの才能が…」と心配した先生方もあって、放校処分寸前に西条北(西条高校)に転校。

ぼくが生まれた家のすぐ斜め前の家に下宿してらっしゃった(ぼくが生まれるちょっとまえ、昭和24、25年のこと)。

千葉茂さんも同じ町内の生まれ(千葉さんは学校は松山商業に進学したが)4軒ほど先が千葉さんの実家で、南海で内野手をしていた青野修三さんは200メートルほど先の隣町。野球が盛んな町だった。

西条で藤田さんがバッテリーを組んだのが、NHKの高校野球の解説者として知られることになる池西増夫さん。池西さんは関大に進んだのだったかな。池西さんはプロに進まず、電電近畿の監督として都市対抗に優勝し、全日本の監督もつとめた。池西さんも気の強い方だった。
池西さんは西条のご実家で元気になさっているし、ときどき母校の練習を見にいらっしゃるとのこと。

20年ばかりまえに当時の愛媛新聞の記事を調べたことがあるが、このバッテリーが中心の西条は、強かった。手元に資料がないので、記憶だけで書く。

県内の高校では、練習相手がおらず、社会人の強豪チームだった倉敷西条といつも練習試合をしていた。
藤田さんや池西さんと同い年で、試合を何度かやったことがある中西太さん(高松一高)から、「あのときの西条はありゃ強かったでー」と、天下の怪童中西さんから直悦、聞いたことがあるから、本当にそうだったんだろう。当時、春合宿でクラレのグラウンドに来ていた法政大が練習試合で負けているはずだ。

藤田、池西、甲子園で優勝監督となった「矢野カン」こと矢野のスケさん(スケさん、スケさんとぼくらは子供時代、呼んでいた。やはり同じ町内の英雄。矢野祐弘。後に亜細亜大監督となり、名選手を育てた方。故人)とか、いいメンバーがそろったチームだったから、当然、甲子園に出ると思っていたら、県大会中に集団食中毒で敗退。甲子園に出場できず。このとき愛媛県大会、北四国大会を勝った松山東が全国優勝している。

藤田さんは選手のあいだは、高校時代からツキ目がなかった方だったのかなあ。

藤田さんは社会人、プロ球団の争奪戦の末、卒業後は日石に入る約束で慶応に進学。
巨人に入団した初年(昭和32年)に17勝13敗で新人王を獲得。エースとなり、33年は29勝13敗、防御率1.53、34年は27勝11敗、防御率1.83。
しかし、登板過多がたたって(33年は58試合、359回、34年は55試合、330回登板)肩を壊したため、通算成績は8年間で119勝88敗。
でも、通算防御率2.20というのはすごい。

最高殊勲選手を2年連続して取った33年と34年は、33年日本シリーズでは「神さま稲尾さま」の4連勝に阻まれ、34年は杉浦(南海)の4連勝に阻まれ、「悲運のエース」のイメージが強い。

監督になってからは監督生活7年で4回日本一だから、厳しい、芯の強い監督として成功なさったといっていいはず。
ただ、藤田さんが監督をなさっていた時期は、ぼくはスポーツにはかかわっていなかったので、お話を聞かないまま終わった。

亡くなった仰木さんが「藤田さんに現役時代に4連勝して、監督になって4連敗して、これもなんかの因縁やったんかなあ」という話をしてくれたことがあるが、球界の話というのは、ひとりの人から話を聞くのに義理や時間がかかるので、結局、藤田さんの話を聞きそびれたままになった。

仰木さん、藤田さん、話を聞きたかった方が次々、鬼籍に入られる。

野球記者諸君のなかで、たとえば、中西太さんのバッティング理論をちゃんと聞いて本に書いてくれる人がいないものか。
元気なうちに話をちゃんと聞いておいてもらいたいのだが。

2006/02/11 出張先の松山のホテルで。石川とら


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/218-c571e088

0件のトラックバック

1件のコメント

[C79]

中西さんは、わたしの実家の近くに住んでいらして、こどもの野球に関するつたない質問にも丁寧に答えてくださると聞いた。わたしが実家にいた頃はお孫さんとよくキャッチボールをなさっていた。
一人の優れたプロ選手の持っている情報はものすごい財産だから大切にして次に生かしてほしいですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング