Google

Entries

キリンチャレンジカップ2006 「日本 2-0 フィンランド」

2:00。エコパより戻る。

試合のことを書くつもりだったが、東名の帰りに事故に遭遇。
御殿場手前で乗用車2台大破の大事故。
1台は横向きになって追い越し車線を完全に塞ぐ形で大破。ライトも消えていたため、何だか分らず。
あっと思ったときには目の前にグレイの事故車が横たわっていた。

真横にほかの車がいなかったのが幸い。隣車線に半分割り込んで、すんでのところで避ける。斜め後ろを走ってきた大型トラック、運転台が高いから先に事故車が見えていたのかも。急ブレーキで入れてくれる。
ジャリッジャリッという飛び散った部品を踏む音。
100メートルほど先の追い越し車線にフロントノーズ大破がもう1台。
こちらはライト片目が生きていたのでわかった。
車の脇に女の子が立ちすくんでいたように見えたが。
事故が起きたばかりのよう。
タイヤのバーストが心配で、ブレーキを踏むわけにいかず、左端車線に移って減速するも、次から次へ大型トラックが追い越していくので、止めるのが恐い。
運転したまま、携帯で110番に緊急事故通報。
夜中の高速のそれも追い越し車線側の事故では、車を止めて負傷者を助けることもできず。
日本平PAの食堂で、エコパ帰りのサポーター多数見ているので心配。

実は、昼間ももらい事故になりそうだった。
走っていた中央車線のど真ん中にドラム缶大のプラスティックかゴムのじょうごのような落下物。両側の車線に並行車がいたので、急ブレーキと追突されるのも覚悟で、車線割り込みで避けた。
往復たった400キロかそこらのドライブで2度もあわやなんて、どういうことだ。
興奮で眠れず。

フィンランド戦。フレンドリー・マッチとはいえ、あそこまで攻め手がない相手では評価対象にならず。
フィンランド、前後半合わせてわずかシュート2本。
伸二にためて、2列目の小笠原、左サイドの村井、あるいは巻の飛び出しなど、攻撃の組み立ては見るべきものもあるが。
まあ久保がゴールも決め85分保ったこと(少なくとも、これで久保が外れることはない)、
ボランチの位置で伸二を使うと、攻めのバリエーションに俊輔とは違う縦のやわらかさ、しなやかさが出てくることが確認できたのを良しとする。
できれば久保は75分で代えてほしかったが。
ジーコによれば、あえて長い時間を使いたかったとのこと。

小笠原の超ロング・シュート(65メートル弱か?)、小笠原らしい。
イングランド・ラグビーのウィルキンソンのキックのよう。
エコパでやった「ブラジル-イングランド」戦のロナウジーニョのシーマン越えもすごかったが、あれはフリー・キック。うなるしかない。

高いディフェンスに対する攻めで、前半後半24、25本打ったクロスに対して、ニア側に詰めたのが前半の加地の1回、後半久保の1回、佐藤の1回。
背の高いディフェンダーの前に飛び込む厳しい攻めがないと、オーストラリア、クロアチア相手なら、はね返されるだけ。久保が使えるとなると、どのコンビがいいのか。
久保、巻コンビでどちらがニアを取るのか、まだ決め切れてないためもあるかもしれない。
アーリー・クロスの種類(グラウンダーも含めて)、精度を上げる必要あり。

2006/02/19 石川とら

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/225-90201a24

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング