Google

Entries

ミュンヘンつらつら

ミュンヘン、とても暖かい。朝6時過ぎで12度前後。ありがたい。
機内ではほとんど眠ることができない体質なのだが、少しだけうつらうつら。

LHのミュンヘン便、機内無線LAN完備の最新機。
ヒェーッ! 機内(エコノミー席でも)から自由にネットサーフ、メール送受信できる時代になったなんて。
成田で送りそこねた原稿の直し、機内から送る。
エコノミー席だと予備バッテリーは貸してもらえないから、2時間の利用で15ドル弱。
1時間の利用だと9.45ドル、成田からミュンヘンまで13時間つなぎっぱなしなら24.5ドルだったか。

ドイツ、街の中に無線LANが飛び交っている。
今回泊まったホテルは、ホテル内の無線LAN1時間で3ユーロ。
T-mobileやVodaphoneの無線LANパック(外国人旅行者は金額設定5倍くらい高くなるので、ドイツに住んでいる知人に契約してもらうと、安上がり)を契約すれば、空港、駅、スタバや駅の近くのカフェ、ホテルなど、いたるところでアクセス可能。
2006年W杯はネットで情報が飛び交うイベントになるのは間違いないと思う。
ただ、ドイツの場合も無線LANは有料が原則になっている。
アメリカなどのように、公共図書館付近では自由に無料の無線LANにアクセスというわけにはいかないか。
日本も公共機関、できれば公立図書館や道の駅みたいなところが無線LANの無料アクセスポイントになってくれると、使い勝手がいいのにといつも感じる。

■戸塚で成田エクスプレスに乗り込んだとき、大きな自転車のバッグをかついだ青年と一緒になった。

Discovery Channel のロゴ入りバッグだったので、まさかと思ってきいてみたら、アームストロングのUCIチームに所属するプロ・サイクラーの別府史之(べっぷ・ふみゆき)君。
茅ヶ崎の有名なサイクラー別府3兄弟の3番目。

2005年からUCIと契約して、マルセイユをベースに、ヨーロッパのロード・レースで活躍している唯一の日本人プロ選手だ。
1983年生まれだからまだ22歳。高校を卒業して、フランスに渡ってプロ選手としてはい上がるまで苦労したらしいけど、ちょっと話をしていても気持ちのいい青年。体も心も伸びやかであること、プロ選手の必須の条件だと感じているのだが、いろんなスポーツの分野で海外に挑戦している若い世代が出てきているのはうれしい。

今年は観に行く時間が取れないけど、来年はどこかのレースで応援に行くからと約束。
別府史之クンのオフィシャルサイトは http://www.fumy.jp

■さて。このところずっと考えてきた問題というか、若いライター諸君からときどき質問されてきたことでもあるのだが。

石川とらに「サッカーに対する愛情」などというものがあるのか?
正直言うと、「ウ~ム?」だなあ。ないなあ。少なくとも、君たちほどはないよ。

それがないと、原稿は書けないか?
そんなことはないでしょう。
プロのライターというのは、自分の専門であろうがなかろうが、仕事になれば、なにについても書けなきゃプロじゃないからね。好きだから続けられるということはあるかもしれないけど、愛情がないと書けないなんてことはない。
ただ、その人その人の愛情や愛着というのは、原稿にタッチとしてにじみ出てくるから、それはそれで悪いことではない。

5歳くらいのときから、バックネット裏で野球ばっかり見ていたから(高校野球だけど)。野球のほうがよくわかる。
サッカーをちゃんと見るようになったのは97、98年からだから。
イチローに対する撞着とヒデに対する敬愛は大差があっても仕方のないことなのです。ぼくにとっては。
イチローに質問したりしたの、はじめて会ってから5年後くらい。ヒデには英語で質問してもね。
それはそういう人生だったのだから仕方がないので。

ただ、愛情に欠ける分、仕事として見る場合、サッカー専門の書き手とは、好奇心の角度やダメ出しの仕方が違っているかもしれない。
ノンフィクションとはなにか、というルポの方法論のなかでぼくはリアリズムを最優先にしたいから。
推論や憶測、噂話というようなものは取材の準備データでしかないのでね。
裏取りができてない情報は書くべきデータではないし、そんなものは情報でもないと思っている。

ぼくなんかよりもサッカーに愛情を持っている君たちが、もっとリアルな方法論を確立してゆけば、みんなが読みたいもっと進んだサッカー・ノンフィクションが書けるのじゃないかなあ。

このあいだの事故のようなことがあると、いろいろ考える。
もう少し続けてみたらと言われてるのだとしたら、あとしばらく(できてあと8年かなあ)、やってみようかという気にはなりつつあるけど。

しばらくサッカーのことより野球のことを書かないといけないので、本名でも、匿名でも、どちらでもいいから、これ書きたいというのがあったら、書いて送ってくれれば。

2006/02/21 ミュンヘンつらつら 石川とら


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/228-94638600

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング