Google

Entries

ロンドン取材 気になったことなど

「チェルシー-バルセロナ」戦、観戦に来ていた日本のファン、多かった。
チェルシーはロンドン在日本人会員が多いクラブなので、わからぬこともないが。
日本人観戦客、ツアー組も含めて数百人はいたんじゃないかなあ。みんな元気だねえ。
イギリス物価高いから、ぼくなんかなるべく行かないようにしてる。
ポンド札は、翼がはえているみたいに懐から飛んでいく。

記者席はスカパーのロンドン担当が1人だけ。通信社、新聞、日本人記者、皆無。
カメラはダイジェストとあとフリーが1人いたのかな。
12月の「チェルシー-リバプール」のときもそうだった。
日本のメディア、進んだファンには完敗の状態だねえ。

ヨーロッパ在の新聞通信の運動部記者諸君は、みんなトリノに動員されたのか。
W杯の開催年としては不思議。

ノックアウト・ラウンドだから、チェルシーとバルサのどちらかが次の試合のあとは落っこちてしまう。
たしかに「日本-インド」戦もあったから、パッと飛んでくるというわけにはいかないのもわかるけど。
どうして日本のライター諸君がだれも来てないのか? 観客席で見ていたのかもしれないけど。

リーグ戦だと、対戦相手によってはレギュラーを外してきたり、チェックしておきたい選手も、100%のプレーをするかどうかわからない。
チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメントというのは、それなりの格のあるゲームだから、いろんな選手のポテンシャルを見るのにはいちばんいい試合になる。
まあ、テレビを見れば、試合の流れは書けるからそれでいいのか。

5月になって、あれだけテンポの早い試合に急に出遭っても、ゲームにうまくシンクロできないからね。
W杯に出てくる軸になる選手を観ておきたいのと、海外取材はなにが起きるかわからないから、機材チェックも含めて、予行演習のつもりで出かけるようにしているわけで、たしかに仕事になんかならないけども。

成田に着いたら、バルセロナのセカンド・レグの取材申請案内が来ていた。
セカンド・レグのときはフロリダで野球の取材。残念、見ることできず。
だれか若い奴に代わりに行ってもらおうか。

2006/02/25 石川とら

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/232-1706476e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="https://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング