Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/237-ffb852ec

-件のトラックバック

-件のコメント

[C104]

当地でもESPN2で日本ラウンドが中継されてました。
ヤンキース東京遠征以来の生中継かな。
うれしくて早起きしましたが、練習試合以下の内容ではちょっと物足りず。韓国戦は楽しみですね。
これぐらいを乗り越えないでどうする、ニッポン!
TRA予想をよろしくです。

テレビでもCMが始まり、それなりに始まるんだなあという気分になってきました。とはいえ、ドミニカも大駒二枚が出ないということで、少々物足りず。
ピンストライブじゃないデレックにはすごく違和感。はじめは誰かな?って思いました(笑)
  • 2006-03-04
  • スポバカ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)「日本 18-2 中国」

WBCいよいよ始まりました。
開幕戦「韓国 2-0 台湾」の接戦、引き続「日本 18-2 中国」。
ほぼ予想通りの結果かな。

「韓国-台湾」戦は、両チームとも、2位以上でアジアラウンドを突破するために、第1戦に全力を投入すると、両監督が事前に言っていたとおりの展開。
現役メジャーリーガー、投手4人を継投させた韓国が台湾を抑え切りました。

「日本-中国」戦は、後半は中国がゲームを捨てて、若手投手陣を出してきたため、大差がついてしまいましたが、前半までは、日本のファンをハラハラさせるところもあったはず。

それにしても、野球はホント、メンタルなスポーツだなあ。
「日本-中国」戦、ゲームのポイントを振り返ってみます。

4回裏に王偉(ワンウェイ)捕手の見事なHRで中国が「2-2」に追いついたあとの5回表。
3人目の趙全勝(ザオ・チュアンセン)、好投していたのが、川崎にデッドボール、それからスチールで1死2塁。イチローを迎えてカウントを悪くして、「1-3」。
1塁が空いているわけだから、日本の野球なら、「歩かせても仕方ない、くさいところを」という指示になるところですが、ラフィーバ監督、勝負させます。アメリカ野球。

趙全勝投手、投げ勝って、ショートゴロに打ち取ったと思ったら、なんと、イチローの足が速い。
2アウト3塁のはずが、1死1・3塁ですから。ガックリきちゃった。
この精神的なダメージが、西岡への甘い球になってしまったと思う。

西岡、「もしHRを打ったら、ぼくがヒーローだなあ」と思いながら、ボックスに向かったんだそう。
1球目の甘い球を空振りしてしまい、「ああ、いかん。同点にされたところだから1点でも」と、セーフティ・スクイズを狙いますが、「いいや、犠牲フライでとにかく1点」と思い直したところに、またまた甘い球が来た。
「HRバッターじゃないですから、まさかというHRになって、ビックリしているし、こわい。エキシビションでも右では打ててなかったので、明日から気が楽に打てます」
とのこと。
台湾戦、韓国戦を控えて、2番の西岡が、右投手でも左投手でも苦にしないという気分で打席に立てるというのはありがたい。

――イチローが塁に出る、あるいは1塁に残る形になる機会が多くなると思うが、イチローと、走塁やあなたのつなぎのバッティングで取り決め事は?
「イチローさんが、自分の盗塁のタイミングとか、気にしないで、打ちたいように打てと言ってくれました」
とのことだ。

川崎、イチロー、西岡と小技でつないで、HRを打った福留、「足も魅せた」松中で帰すという攻撃ができれば、言うことなし。
なお、イチロー、今日の試合を観る限り、ピッチャーに「打たされている」感じ。いいときのイチロー、バッターボックスでアドレスのときから、自分のリズムで投手に「放らせる」という感じがするのだけど、調子がよくなかった。
ラフィーバ監督が、中国の投手たちに、「イチローだからって萎縮するな、勇気を出して向かっていけ」と叱咤したのがきいたのかなあ。

投球数65球制限ルール
5回を65球、ピッタリ投げた上原投手に、4回、5回の投球について、「65球制限ルール」が影響したか、聞いてみた。

「ものすごく意識しました。できれば6回まで投げたいと考えていたので、4回、5回はストレートとフォークと、ストライクばかり投げてしまった。後悔している部分があります。打線が打ってくれて、勝ってよかったなあという気分と、4回、5回の情けない、泣きたいような悔しい思いと両方です。やっぱりストライクだけじゃなくて、高低も、遊び球もはさんで自分本来の組み立てをしないといけない。次回、投げるときはアメリカの2次ラウンドになるので、もう少したくさん投げられるようになるから、反省して臨みます」
とのこと。

65球制限ルール、韓国のいい先発投手には、前半、ファウルで粘って、球を放らせるという逆手の戦略もあるかもしれない。

「スモール・ベースボール」はアメリカ・ラウンドになってから
王監督、とにかく会見で、日本だけでなく各国のプレスの質問に、嫌がることなくわかりやすく答えてくださる。
「スモール・ベースボールで勝ち抜くと言ってたけど、日本はパワー・ベースボールを見せつけたじゃないか?」というアメリカのプレスの質問に。

「アジアラウンドでは、別にスモール・ベースボールにこだわる必要はないので、あれはアメリカ・ラウンドに行って、アメリカと戦わないといけないときには、そういう日本的な野球も必要だということで」

台湾の林監督、明日の日本戦にとにかく全力を注がなければ、その先がないので、総力戦で臨むとのこと。

残念だったのは観客数
「日本-中国」戦。観客数1万5869人。
午前中に開始の「韓国-台湾」戦は4500人弱くらいだったか。

今日、テレビで観戦した方々、大差はついたけど、試合は楽しめたと思うのだけど、どうだったかな?

当日券はまだあるはず。
チケットの値段が、これは昨年末にあったサッカーの「TOYOTA杯」と同じで、次回大会からは再検討してもらいたいね。
スタジアムを観客で一杯にするトナーメントにすることを優先してもらいたい。

「王ジャパン」を応援したい人は、ぜひ後楽園ドームに来てみるといい。
サッカーのW杯とはまったく雰囲気がちがうけど、国別対抗戦、ぼくは面白がって観ている。
ただ、報道の立場なので、「イッチロー!」と声を出せないのが、ちょっと寂しい。

2006/03/04 石川とら


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/237-ffb852ec

0件のトラックバック

1件のコメント

[C104]

当地でもESPN2で日本ラウンドが中継されてました。
ヤンキース東京遠征以来の生中継かな。
うれしくて早起きしましたが、練習試合以下の内容ではちょっと物足りず。韓国戦は楽しみですね。
これぐらいを乗り越えないでどうする、ニッポン!
TRA予想をよろしくです。

テレビでもCMが始まり、それなりに始まるんだなあという気分になってきました。とはいえ、ドミニカも大駒二枚が出ないということで、少々物足りず。
ピンストライブじゃないデレックにはすごく違和感。はじめは誰かな?って思いました(笑)
  • 2006-03-04
  • スポバカ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。