Google

Entries

ワールド・ベースボール・クラシック 準決勝「日本-韓国」戦 現地速報イニング・レポート(サンディエゴ 1)

王監督、先取点を狙って先攻するゲームにするために、オーダーを変えてきました。
イチローを3番に入れ、得点力を上げることを狙います。1番には青木を入れ、王監督曰く、「一回りしたら、川崎、青木、西岡、イチローと、より連打を狙えるオーダーにした」とのこと。

先攻:日本先発メンバー
1番 青木宣親(センター)、2番 西岡剛(セカンド)、3番 イチロー(ライト)、4番 松中信彦(DH)、5番 多村仁(レフト)、6番 今江敏晃(サード)、7番 小笠原道大(ファースト)、8番 里崎智也(キャッチャー)、9番 川崎宗則(ショート)
先発投手:上原浩治(右投げ)

後攻:韓国先発メンバー
1番 李ビョン圭 イ・ビョンキュ(レフト)、2番 李鐘範 イ・ジョンボム(センター)、3番 李承ヨプ イ・ソンヨプ(ファースト)、4番 崔ヒソプ チェ・ヒソプ(DH)、5番李晋暎 イ・ジンヨン(ライト)、6番 李机浩 イ・ボムホ(サード)、7番 朴鎮萬 パク・ジンマン(ショート)、8番 趙寅成 チョ・インソン(キャッチャー)、9番 金敏宰 キム・ミンジェ(セカンド)
先発投手:徐在應(ソ・ジュウン)

試合開始直前からペトコ・パークは通り雨。アンツーカーの部分はカバーをかけていたので大丈夫だが、内野芝生はしっとり濡れている。
開始時の気温14度前後というところか。
両国国歌の演奏のときの感じでは、LAからやってきた韓国からの応援団が観客席の6割弱という感じ。
準決勝から観戦の日本の応援団もセカンドラウンドよりは多い。日本の応援団2割というところ。サンディエゴはメキシコに進出している日本企業の本拠地でもあるので、日の丸もアナハイムよりも目立つ。

試合開始時間:19時20分。

1回表:青木、初球をピッチャーゴロ。西岡、三振。イチローに対して、韓国応援団、さっそくブーイング。イチロー、2球目の高めストレートを1・2塁アイエアヒット。松中の初球にイチロー2盗。松中、「テーハンミング」コールに、「ニッポン、ニッポン」の両方の応援の声。松中、サードゴロ、イチロー残塁。
ソ・ジェウン、立ち上がりいい。日本の打者、ファースト・ストライクを早めに打ちに。

1回裏:イ・ビョンキュ、レフトフライ。イ・ジョンボム、「2-1」からライト・センター間に2Bヒット。外角からやや真ん中高めにシュート気味に入ったストレートか。1死2塁。イ・ソンヨプ、ファウルでねばるも、上原高めストレートで三振に。上原、気合い入っている。チェ・ヒソプの「2-1」のときに放ったフォークボールがパスボールに。ランナー3進。チェ、ファーストゴロ。

2回表:多村、ショートゴロ。今江、サードゴロ。確かにソ・ジウォンのスプリットか、手元でよく落ちている。小笠原、大きなライトフライ。イ・ジンヨン、ジャンプキャッチ。三者凡退。

2回裏:イ・ジンヨン、イ・ボムホ、連続セカンドゴロ。パク・ジンマン三振。三者凡退。予想通りの先発好投の投手戦。

3回表:里崎(王監督、試合前の談話で、ラッキーボーイ、里崎のツキを評価)、ショートゴロ。川崎、初球をセーフティーバントの構えで牽制してから、2球目を強振、ライトオーバーの2Bヒット。青木、ストレートの四球で、1死1・2塁。西岡、サードライナー、5-3と渡り、1塁ランナー青木、帰塁できずダブルプレーで、チャンスをつぶす。

3回裏:チョ・インソン、三振。キム・ミンジェ、ライトフライ。イ・ビョンキュ、サードゴロ。三者凡退。

4回表:イチローに対してあいかわらずのブーイング。イチロー、セカンド内野安打。ソ、打ち取った当たりだけに悔しそう。イチロー、大きなリードで牽制。松中の「0-3」のカウントでイチロー2盗。無死2塁。松中、三塁ファールフライ。多村、深いレフトフライ。今江、センターフライ。イチロー残塁。

4回裏:イ・ジョンボム、初球のレフト線ファウルフライを多村、フェンスに激突するようにしてキャッチ。ヒヤッとする当たりだが、多村のファインプレーに上原、グラブを叩いて喜ぶ。士気を鼓舞するプレー。イ・ソンヨプ、ライトライナー。チェ・ヒソプ、センターフライ。三者凡退。この回、上原5球。

5回表:小笠原、レフトライナー。里崎、センターフライ。川崎、セカンドゴロ。三者凡退。
ソ、好投。連打はなかなかむずかしい。

5回裏:イ・ジンヨン、センターフライ。イ・ボムホ、三振。パク・ジンマン、センター前ヒット。韓国、2本目のヒット。チョ・インソン、センターフライ。1塁にランナー残塁。

6回表: 韓国、ジョン・ピョンドゥ(全ピョン斗・左投げ)に交代。青木、レフトフライ。西岡(右打席)、セカンドゴロ。イチロー、ショートゴロ。三者凡退。

6回裏:キム・ミンジェ、ショートゴロ。イ・ビョンキュ、三振。イ・ジョンボム、サードゴロ。三者凡退。ノースコアゲーム続く。「0-0」のまま。
いいゲーム。重苦しいゲームではない。ものすごくいいゲームなんだ。
日本でテレビで観ている人は、どう感じているんだろう。点が入りそうにないから、観てて苦しくなるゲームだろうか? そんなことないと思うのだけど。上原、すごくいい。
ひょっとしたらあと1回いくのかな?

7回表:松中、「2-1」と追い込まれながらも、ライト線2Bヒット。ヘッドスライディングでセカンドへ。
韓国、3人目の投手交代。右下手投げのキム・ビョンヒョン(金ビョン賢)に。多村、「0-1」からバントをファウル。バントの構えのまま牽制するも、外角変化球を三振。今江に代えてPH福留、2球目、をライトオーバーの2RHR。真中ストレート、ドンピシャッ。これまで迷って悩んでいた福留、やったぁー!。キム、打たれたショックからか、小笠原の初球にデッドボール。里崎の2球目にワイルドピッチ。小笠原、2進。里崎、内角低めを強振。レフトセンター間フェンス直撃の2塁打で、小笠原還り、「3-0」に。王監督の言っていたラッキーボーイ里崎、また打点。
それにしても、キム・ビョンヒョン、また可哀想に。彼はいつも大試合のここというときに打たれてしまう。シーズン中はいい成績を残しているのだが、ダイヤモンドバックスでも、レッドソックスでもだったか、プレーオフのポイントとなるゲームで、同点一発とか逆転一発を浴びたシーンを何度か記憶している。そういう運命を背負った投手なのか。
韓国、4人目の投手、ボン・ジュンクン(左投げ)に交代。川崎、セカンドゴロの間に里崎、3塁に。2死3塁。
韓国投手交代。右のソン・ミンハン(孫敏漢)に。日本、青木に代えてPH宮本、ライト前ヒットで里崎還り4点目。
西岡もライト前ヒットで続き、2死1・3塁に。イチロー、レフト前ヒットで、宮本還り、5点目。打者一巡。松中、セカンドゴロで、2者残塁。この回5得点。「5-0」。

7回裏:上原、続投。代打の宮本、3塁守備に。
イ・ソンヨプ、見逃し三振。上原、大量点にも気合い充実か。福留のHRを迎えに出た上原、うれしそうだった。今日はバックネット裏2階の記者席。日本のベンチがのぞける場所。チェ・ヒソプ、三振。イ・ジンヨン、初球をセンター前ヒット。イ・ボムホ、見逃し三振。上原を全員ハイタッチで迎える日本ベンチ。上原、7回を3安打無四球8三振の完璧な投球。

8回表:韓国、投手交代、右のペ・ヨンスに。多村、2球目をセンターオーバーのソロHRで「6-0」に。福留、レフトフライ。
雨のため、中断。
多村君の6点目で、決まったと書いてもいいだろう。
やっぱりさあ。今回の大会はいろいろあったから、これで決まったとか口に出したり、書いたりするのをぼくもためらう気になってしまう。

「勝負事は下駄をはくまでわからない」のであって、油断は禁物なんだけど、試合をしているのは選手たちで、ぼくら記者がジンクスのことなど考える必要はないわけだけど。

でも、なんていう大会だったんだろう。
こんな二転三転するシナリオは、さすがにだれも予想のしようなんかなかったはずで。

場内では、「雨に歌えば…」がかかっている。 
♪レインドロップス・フォリン・オン・マイヘッド……♪
韓国の応援団、さすがに席を立って、LAに帰りはじめたか。
キム・ビョンヒョンにとっては涙雨。
日本の選手たちは冷たさも感じないでプレーできるだろうなあ。

こんな大きなゲームの途中で、ブログがチャット状態になるとは思ってなかったよ。
「雨に濡れても」でした。

はじまるのかな? いまシートをはずしはじめてる。
試合中断は21時29分だったから、約40分の中断。両チームの選手たち、もう一度、ウォームアップをはじめた。
ピッチャーも肩冷えてしまっただろうしね。上原君は交代でしょう。
とにかくこんなことで故障しないでほしい。
いま現地22時。試合開始から2時間40分。場内、日本ベンチ裏の日本応援団、ずっと「ニッポン、ニッポン」と声援を送り続けです。

みんな幸せな気持ちでテレビを観ているんだろうね。あと2回、無事に、緊張感を持続して乗り切ってもらいたい。

韓国チーム、守備位置に散りました。
再開です。中断45分間。

小笠原、3塁ファールフライ。里崎、センター前ヒット。川崎、三振。

8回裏:日本、投手交代。上原に代わって藪田(右投げ)。
パク・ジンマンに代えて代打パク・ヨンテク、ライトフライ。チョ・インソンに代えて代打ホン・ソンフン。ホン・ソンフン、死球。1死1塁。代走、キム・ジェゴル。キム・ミンジェ、三振。イ・ビョンキュ、センター前ヒットで2死1・2塁。イ・ジョンボム、ショートフライ。2者残塁。

9回表:韓国、投手交代。オ・スンファン(右投げ)に交代。
宮本、サードゴロ。西岡、ショートゴロ。イチローに向かって、相変わらず、韓国ファン、ブーイング。どうしてかなあ? ここまでやると興ざめ。イチロー3塁ファールフライ。三者凡退。

9回裏:日本投手交代。大塚(右投げ)に。
イ・ソンヨプ、三振。チェ・ヒソプ「2-3」から四球。大塚、待たされすぎたかな。
でもね、ここはランナー出しちゃいかんよ。スパッと終わらせなきゃ。チェに代えてPRソン・ジマン。1死1塁。イ・ジンヨン、見逃し三振。
イ・ジンヨンに代えて代打、ジョン・ソンフンを三振。ゲームセット。
「日本 6-0 韓国」

日本、明後日の決勝はキューバと。

おめでとう「王ジャパン」。そして応援していたファンのみんな。
まだ、もう一山越えないといけないけど。
よくここまで来たね。今日はゆっくり寝てください。

いま、会見室から戻ってきましたが、そちらのレポートはたぶん asahi.com で書くことになるんだと思います。
もし、あっちに載せないようでしたら、ブログにアップします。
じゃあね。

2006/03/18 サンディエゴ・ペトコパークのプレスボックスから 石川とら

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/259-3f2f847a

0件のトラックバック

6件のコメント

[C128]

神は細部に宿る、きっとそんな勝負になるのでは。
  • 2006-03-19
  • くらげ
  • URL
  • 編集

[C129]

松中はやってくれると信じる。
  • 2006-03-19
  • くらげ
  • URL
  • 編集

[C130]

上原、最高ですね。
球数(Max95球ですよね)だけなら8回もいけそう。
  • 2006-03-19
  • スポバカ
  • URL
  • 編集

[C131]

雨どうですか?w
  • 2006-03-19
  • くらげ
  • URL
  • 編集

[C132]

うちの地方局は中継終わりました。ねとらじとここで楽しみます。
  • 2006-03-19
  • くらげ
  • URL
  • 編集

[C133]

レポートご苦労様でした。そして多々お邪魔してすいませんでした。
日本チームは最後には「サンキュー、ボブ」と言って帰れるといいな、と思っています。
  • 2006-03-19
  • くらげ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング