Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/27-4b4f40cd

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アテネ五輪 イラク、ベスト4進出

フセイン・サイード

イラク対オーストラリアの決勝トーナメント1回戦は、前日、イラクのフセインサイード・サッカー協会会長、アドナン監督、シュタンゲ前監督と一緒に戦術対策会議で想定していたとおりの1点を争うゲームになった。
イングランドのプレミアリーグでプレーする選手を主力にしたオーストラリアは、速いカウンターと高さを活かしたイングランド・スタイルのサッカー。

前半、オーストラリアが押しに押す展開。イラク、オーストラリアのヘディングシュートが2本、ゴールポストを叩くという幸運に救われる。
高さで劣るイラクのバックス陣はゴール前のヘディング争いで劣ったが、190センチ近い相手センターフォワードをマークして、クロスを入れられたら体を預けて相手に自由にヘディングさせないという指示どおりの必死の守り。

後半19分、イラクはカウンターのクロスからエマド・モハメッドがバイシクル・シュートを決めた。
終盤、オーストラリアのパワープレーに最後まで冷や冷やさせられたが、イラクはこの虎の子の1点を守りきり、「1-0」で準決勝へと勝ち上がった。

サッカーについて原稿を書いたりはしていても、ぼくはプロのコーチでもなんでもない。ましてや他国のナショナルチームとこんな付き合いをすることになるなんて考えてもいなかったことだが、このゲームではオーストラリアチームの戦術分析レポートが見事に当たった。

ゲーム終了の笛が吹かれたとたん、フセインサイードがうれし涙で顔をクシャクシャにして階段を駆け下りてきた。
「サディーク(兄弟)、次のゲームも手伝ってくれ」
次は準決勝(ベスト4戦)。メダルに手が届くところまでイラクはとうとう勝ち上がった。
「喜んで手伝うさ。メダルを持って帰ろうぜ。そしてぼくも君のチームと一緒にバクダッドに凱旋する」
ぼくたちは抱き合って勝利を喜んだ。

イラクチームの取材は予定通り。でも、まさかボランティア・スタッフとしてつき合うことになるとは。 

(2005年2月1日「愛媛新聞」掲載)
 
写真:オーストラリア戦勝利直後。フセインサイード・イラクサッカー協会会長

■イラクサッカー支援 次の記事へ--->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-28.html


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/27-4b4f40cd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。