fc2ブログ
Google

Entries

【スポバカ】DELUXE 2004 報告

前略

石川とらです。
 無事、(本当に今回はトラブルもなく、ぼくの長旅では奇跡のようないい旅でした)、7月23日に帰国いたしました。

 今回の「スポバカDELUXE2004」プロジェクトにご協力いただいたみなさま、ならびに旅先に新しい情報や励ましのメールをお送りいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 今回の旅の最大の成果は、まだこれくらいのタフな企画も十分こなせるという体力的な自信を得たことでしょうか。体重、ほぼ3キロ減で帰国。旅先で病気、怪我など、まったくなしでした。

 それと、自分なりの戦評の書き方を実験してみるという宿題。
 各ゲームの勝負の分岐点を、ゲーム終了後、2~3時間で書き上げるという目標についても、さすがにEURO2004の連戦7~8戦目ころに睡眠不足で倒れかけた時期もありましたが、東京からの緊急たたき起こし電話で助けてもらって、ことなきをえました。
 正味60日で連載43本。1本400字でだいたい15~17枚(週刊誌だと4ページくらいの分量)。こういう変なプロジェクトでないと、こんな荒技を試す機会はまずありませんから、いいトレーニングになりました。

 asahi.comの調べでは、サッカー記事が毎日3万5000から6万件、MLBが2万から3万5000件のアクセスがあったとのことなので、有料ページのコラム連載としては、まずまずの数字らしいので、なんとか責任を果たせたかなというところです。

 ネットへの原稿は、ふだん使い慣れない口語体で書くこともあって、推敲する時間もないまま早書き早送りしないといけない作業でしたので、それぞれのレポートがそれでよかったのかどうか、反省しているところは多分にありますが、観戦、取材、執筆の方法論、自分なりのゲームの分岐点へのフォーカスの絞り方を、今回の取材旅行を通じて開発できたように思います。

 2002年W杯のときから、「腑に落ちないこと」は、当事者(監督や選手)から直接、聞いてみたいと考えていました。
 記者会見やミックスゾーンで、聞いておかないといけないことをできるかぎり聞く。今回はUEFAやMLBや各球団からミックスゾーンやクラブハウスでの取材ができるクレデンシャル(取材パス)をもらえましたので、ずいぶん助かりました。

 言葉の能力をもっともっと磨かないといけないことをあらためて痛感しています(この年齢からもう一度、再挑戦です)。

「当事者にまず聞け」は、スポーツであれ、ノンフィクション・ドキュメンタリーの基本だと考えています。推測や論評の裏をとる。それを限られた時間内にどこまで臨機応変にできるか。毎日がそのトライアルで、とても面白い取材でした。

 雑誌連載のほうは、集英社の「Sportiva」誌の10月号(8月末発売号)から3回連載をやります。こちらの原稿はこれから書くことになります。やっと1回目の写真を選んだところで、2回目以降はギリシャかイスタンブールあたりで書くことになるでしょう。実際に見た時点から雑誌に掲載されるまで3か月のタイムラグが生じてしまいますので、どんなことを書くかはこれから考えます。

 なお、8月8日から9月12日の予定で、スポバカ第2弾として、「アテネ・アンマン行」を行います。
 ドバイ-イスタンブール経由・陸路ギリシャ入りという、青春時代の想い出のルートをたどります。

 五輪後、ドバイに戻り、アンマンに10日、クェートに2日くらい滞在する予定です。もしイラク新政府から入国許可が下りたら、バクダッドを訪ねたいと思っていますが、現在の情勢不安のままでは入れないかな?

 イラクは見ておきたいことがいろいろあるのですが、入国できない場合は、アンマンでイラクのサッカー関係者たちとスポーツ教育分野での復興支援問題について協議する予定です。

 真夏のアテネ、ぼくには悪い想い出しかない最悪の時期と場所ですが、思考をもう一絞りして、2004年という変な時代について考えてみたいと思っています。
 こちらはまだネット連載するかどうか、現時点でははっきりしておりません。ネット連載しない場合は、グループ・メール宛てかなにかでレポートを送るかと思います。

 どんな困難にも、いたってポジティブに旅をするつもりではおりますが、「旅にしあれば」感傷的にならない人間などおりません。感想、励ましなど、メール大歓迎です(返事をお送りできないこともありますけれど)。

 炎暑にて、みなさまご自愛くださいますよう。
 以上、取り急ぎ報告と御礼まで。

 2004年7月27日 石川とら
スポンサーサイト



-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/299-c2fc348b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング