Google

Entries

この不便、不愉快さ

故郷の皆様、ごぶさたしております。祭り太鼓のにぎやかな宵をお過ごしのことと存じます。
これから半年、お付き合いを願います。
     *
長旅がつづいている。
昨年末はカリブ海のドミニカ共和国へ。五月から七月は、サッカーのヨーロッパ選手権などでポルトガルを中心にヨーロッパ各国をまわって、そのままNYに飛んで米大リーグへ。八月、九月はアテネ五輪とその帰りに中近東へ。
スポーツが本業ではないのだが、久しぶりにいまの世界を見ておこうと、東奔西走、なんでも引き受けることにしたら、旅また旅の連続になってしまった。
どこに出かけても体調ひとつ壊すことがないのは、亡き父母に感謝。
そんなわけで、旅に出て感じたり、考えたことをつれずれに報告します。

それにしても、三年前の「九・一一同時テロ事件」以来、海外旅行も不便になりました。
この半年で何度、金属探知器をくぐらされたか。
フライトだけで四〇回を超え、ゲームの取材のたびに、スタジアムの入り口で複数回、セキュリティチェックを受けてきたから、百数十回は金属探知器をくぐってきた勘定になる。

たしかに、テロ事件が続発し、ましてやアフガニスタンだイラクだチェチェンだと戦争状態がつづいている以上、安全優先のためにはセキュリティチェックが必要なのはわかる。しかし、たかが飛行機に乗るのに、靴まで脱がされるのは勘弁してほしいのだ。

この不便、精神的な不愉快さについて、それでいいのだろうかと、疑問や不満を持つべきだというのが筆者の考え。

なにゆえ、世界が相互不信の時代に突入したのかを考えないかぎり、この不便さをもたらした根源の理由は解消されない。
そのような不自由な時代を作り出したのも人間と国家であれば、それを改善するのに数十年かかるとしても、それを可能にするのも人間以外にない。だまって耐えているだけではなにも変わらない。

(2004年10月5日「愛媛新聞」掲載) 
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/3-7dd15be7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング