Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/301-a6d84c1a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【スポバカ】アテネ五輪「女子マラソン」


 今日はゲームではなくて、トホホなアテネのお話。
オリンピックというのは、日本でテレビで見るのがいちばんだと思います。

 今日は朝からつきがなかった。クレタのホテルの親父に1時間間違えて起こされ、2時間しか眠れず。
「ソーリー、1時間間違ってた」って、その親父さん、そう謝りにきて、またロビーのソファーで寝てしまいました。オイオイ。

 チェックアウトしようとしたら、昨日はカードでいいと言ってたのに、「おれ、実はカードの機械いじったことないんだ」と言い出して。

飛行機の時間が迫るのに、朝6時半にキャッシュ・ディスペンサーを探して走り回らないといけないわ。やってきたタクシーは新車のベンツののくせして、メーター壊れてるからとヌケヌケとボッてくるわ。

 アテネに着いたら、今日と明日だけどうやってもホテルの都合がつかず、ユースホステルの6人部屋のドミトリーベッド。エアコン、扇風機もなしで1泊30ユーロ。念のため、1週間くらい押さえてあったんだけど、パトラスやクレタに出かけるのでキャンセルの連絡を入れておいたのに、先払いのお金はビタ一文お返ししませんというタヌキ親父と、眠いし、暑いのに延々と交渉。4日分、半額だけ戻させることで決着。

 原稿を書く場所を探して、てくてく歩き回り、パソコンも携帯も充電しないといけないのに、電源は大きなトランクに入れたまま忘れてしまうというチョンボ。

 取りに戻ろうとタクシーに乗ったら、マラソンコースが間にあって、どうやってもユースにたどりつけない。クノッソスの迷宮状態。「ここで降りて歩いていってくれ」って。オイオイ、アクロポリスの近くの坂道ばっかりのところで降ろされて、マラソン・スタートの1時間前くらいだから38度くらいの気の狂う暑さのなかを汗ダラダラ、ヒーヒーいいながらセミがシャーシャー鳴いているのを半分、朦朧状態で聞きながらホテルに戻る。

 マラソンのスタートだけテレビで見て、続きは室伏のハンマー投げを見ながら、スタジアムの大画面でと、いそいそとメイン・スタジアムに出かけましたが、着いてみれば、チケットはすべてソールドアウト。
ダフ屋の3倍、2・5倍攻勢(1枚、150ユーロだ、120ユーロだ、最後は80ユーロだ)に、どうしようか迷いましたが、金を払おうにも、近くにキャッシュ・ディスペンサーがない。だいたい競技場の中以外、水のボトル1本、売ってなければ、テレビもない。チケットがなければ、水も飲めないのです。

「オーイ、なんとかしろよ、アテネ五輪組織委員会」
「セキュリティー・チェックだけやってないで、ダフ屋も取り締まれよ」

 結局、最初の袋小路で(マラソンのゴールになったカリマルマロ競技場の手前)マラソンを見ることにして、地下鉄で振り出しに戻る(最初からそこにいればよかったんだ)。

 地下鉄の出口で会ったボランティアの方が親切なマラソン・ファンで、観戦にいいのはここだと連れていってくれて、ぎりぎりセーフ。そのおじさん、奥さんに電話しては、「いま野口が1位だ」「いまはどこを走ってる」「あと2分でここにやってくる」と、中継をしてくれました。

 競技場の手前40メートルくらいの場所は人垣でいっぱいでしたが、余っていた観客の誘導柵で即席の観戦台を組み立て、飛び乗ったとたん、野口選手が走ってきました。

 今日の観戦、野口2秒、土佐2秒、山下2・5秒。

 なにがあったのか、レース展開もなにもあったものじゃない。

それにしても、野口みづき選手の新陳代謝ってどうなってるんでしょうかね。この暑さのなかで2時間26分台。

信じられないなあ。水分補給だけじゃなくて、ミネラル補給とかも研究が進んだということなのかもしれません。
スタートから前目に出て、気持ちの強い選手なんでしょうね。飛ばしすぎてゴール前で「アンデルマン状態」になるのだけを心配していたのですが、力強いピッチのまま競技場に消えていきました。もう大丈夫と、拍手で見送りました。

(8月23日午前1時。深夜になっても30度を超す暑さに眠れぬままのアテネ)石川とら
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/301-a6d84c1a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。