Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/335-f8ed7e9b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クロアチアとオーストラリアのテストマッチ分析

6月5日デュッセルドルフより。

6月3日はウルフスブルクで「クロアチア-ポーランド」戦。
6月4日はロッテルダムで「オランダ-オーストラリア」戦。
たいした距離の移動ではないのだけど、試合が終わってから新幹線で2時間とか3時間で移動して戻って原稿書き。同じ試合で3本書くのはやはりつらいね。
まあ、できるところまでやってみるつもりだけど。

「クロアチア-ポーランド」戦
携帯imidasとスポニチに詳細戦評はアップしてあります。
http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_wn/07110.html
フォーメーション図が入れてないから、こちらにアップしておきます。
20060605191050.png

クロアチア、ウルフスブルク入りしてからキャンプで「ウィルス性フィーバー」というからインフルエンザかな?にかかる選手が続出。
プルショ、トゥドル、トマスらが練習リタイア。トゥドルはポーランド戦のベンチにも入らず、ホテルで休養。
クロアチアで仲良くなった記者の話なので、ガセネタではないと思う。
クラニチャル監督、息子のニコをチームにフィットさせたいと願っていたのに、プルショや足の故障でN・コバチも欠場では、それもできない。
そんなわけで、
プルショ→オリッチ
N・コバチ→モドリッチ
トゥドル→ブラニェシ
というサブメンバーでのテストマッチとなった。
クロアチア・チーム、コンディション調整に失敗ですなあ。
連戦が続くときのコンディション作りというのは、常にベストを維持するのではなく、山や谷があるわけですが、ケガとか病気で練習もできなくなるというのは、想定外でしょう。インフルエンザ組は別メニュー調整になるから、組織プレーの精度を上げたいなんていう練習ができない。

N・コバチが使えるのか、使えないのか。日本戦は第2戦だから、ブラジル戦には間に合わなくても、日本戦には間に合うかな。
ただし、出るとしても、90分は無理だろう。
前半はトゥドル+N・コバチ、後半はトゥドル+ブラニェシかモドリッチということになるかなあ。

正GKのブティナとDFのシムニッチはチームにやっと復帰。どちらもブラジル戦から出てくるでしょう。

「オランダ-オーストラリア」戦
オランダ-オーストラリア戦のマッチレポートは下記に。
http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_wn/07131.html
20060605193409.png

オランダにとっては国内最終壮行試合。ファンバステン監督、まだ2つくらいのポジションで、選手を競争させていることもあり、オランダの選手たちにとっては気の抜けない試合。決して調整試合ではない。

オーストラリアの選手も、ヒディンク監督、最後まで使える選手のテストをすると明言していますので、選手たち、気合いが入っている。
気合いが入り過ぎといってもいいくらいで、オーストラリアは後半にイエロー2枚でレッドカード退場が出てしまうのだけど。
前半後半通じて、激しい接触プレーでピッチに倒れる選手が続出する厳しいゲームでした。
詳細レポートは、携帯imidasかスポニチで読んでください。

オーストラリア・チーム、コンディションいいです。
ヒディンク監督、チームのメンタル、フィジカル両面でコンディションやテンションの上げ方、手慣れていますね。

オーストラリアのフォーメーションは「4-2-3-1」。
中盤が「W」字型に、前に3人、後ろ(ボランチ)に2人並ぶ。
オランダ戦では、ロッベン、ファンベルシーという左右の強力ウィングの対応に追われて、両サイドバックは防戦一方でしたが、日本戦では、右のエマートンも左のチッパーフィールドもオーバーラップしてくると思います。
次のリヒテンシュタイン戦でキューウェルをテストするそうですから、
(キューウェル、80%くらいには調子上がってきているそうなので)、日本戦には使われる可能性もあるんじゃないかな。

キューウェルが入る場合は、ステリョフスキーを下げて、ブレシアーノが右に回り、キューウェルが左に入る。

トップ下のクリナとブレシアーノ、ボールタッチも柔らかくていい選手です。しかも、よく走る。

オーストラリア、後半30分間、10人で、「3-3-3-1」と超攻撃的になったオランダの猛攻を凌ぎきって「1-1」のドロー。
こういういいゲームをやると、ものすごく自信をつけます。

クロアチアとオーストラリア、オーストラリアを見るまで、クロアチアのほうを要注意だと思っていましたが、オーストラリアのほうが伸びしろ上です。

ロッテルダムからの帰りの電車で、ジーコ・ジャパンのスカウティング・スタッフと一緒になりました。
クロアチア戦などについては、試合のビデオや気がついた点はすでにボンに報告していましたが、ジーコの作戦会議に出ているはずのスタッフなので、再度、要点を伝える。

ジーコの批判も書きますが、3年以上、つき合ってきたチームですから、グループリーグは突破してほしいからね。

とりあえず今日はそんなところ。
プレマッチ取材はようやく終了。
今日明日で、本大会の取材道具の準備を仕上げて、7日にミュンヘン入り。FIFA総会の取材になります。

6月5日 デュッセルドルフ 石川保昌

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/335-f8ed7e9b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。