Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/34-38417db1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アテネ五輪 イラク、メダルへの挑戦

パラグアイ戦イラクチーム

アテネ五輪サッカー準決勝「イラク-パラグアイ」戦は、イラクが「3-1」で敗れた。
ギリシャ入りして5戦目、パラグアイはオーバーエージ枠の選手がチームに馴染み、日本戦のときと違って攻守ともにほぼベストな状態に仕上がっていた。
戦術ミーティングで、パラグアイのフォワード、カルドーソを要注意と伝えてあったのだが、カルドーソひとりにかき回されて前半で2失点を喫し、追いつくことができなかった。

イラクがメダルを獲得するには、3位決定戦に勝つしかなくなった。
「仕方がない。次のイタリア戦をがんばろう」
と、フセイン・サイード(イラクサッカー協会会長)に声をかけたが、
「今日はなんとしても勝ちたかった。国民みんながメダルを待っているんだ」
と悔し泣きしたまま。

イタリアも難敵である。しかし、「アンダー23」世代のゲームでは、僅差の展開に持ち込めば、チャンスがないわけではない。日本がブラジルを破ったアトランタ五輪の例だってある。
その3か月前、アテネ五輪のヨーロッパ最終予選で、ベラルーシが「2-1」でイタリアを破った番狂わせのゲームをぼくはドイツで観ていたし、グループ・リーグで日本がイタリアに敗れた理由も分析していた。
イタリアの得点源であるセンターフォワード、ジラルディーノを封じ込むことさえできれば、イラクにも勝機はあると考えていた。

ジラルディーノはその前シーズンのイタリア・リーグでシェフチェンコと最終節まで得点王を争ったゴール・ゲッターである。この世代では間違いなく世界トップクラスのセンターフォワードのひとりだろう。
パラグアイ戦を一緒に観戦していたシュタンゲ(前イラク監督)に、ベラルーシがどうやってイタリアを下したかを話した。
「4バックス+1リベロという超守備的な布陣さ。ジラルディーノ1人を常にバックス2人で挟み込んで仕事をさせなかった。4バックス+1ボランチでマークするという手はある」
シュタンゲはイラクは4バックスはあまり得意じゃないんだと首を捻ったが、確かにその方法しかないかもしれないなと答えた。

(2005年3月15日「愛媛新聞」掲載)

写真:2004年8月24日 テッサロニキのパラグアイ戦に臨むイラク・チーム。写真をいま見ると、イラクの選手たち、メダルがかかった試合なので緊張しているのがわかる

■イラクサッカー支援 次の記事へ--->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-40.html


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/34-38417db1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。