Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/365-5a0f9c9c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワールドカップ開幕直前レポート「FIFA総会」

ワールドカップドイツ大会開幕前に6月7日と8日の2日間、ミュンヘンで開催された第66回FIFA総会。
日韓ワールドカップ直前にソウルで開かれたFIFA総会のときは、ブラッター現会長批判派の理事がクーデターを起こすという波乱があったが、今回はいたって平穏。

初日の7日は総会討議はなしで、ショーとFIFAの栄誉表彰。
メルケル・ドイツ首相も列席して、ドイツ大会のPR一色の感のある総会となった。
ヒップホップ・ダンスに、キャンディ・ドルファー(オランダの世界的女性サックスプレーヤー。美人)のファンキー・ジャズの2部構成のショーは、FIFAのご老人たち、なかなか頭が柔らかいなあと感じさせる若者向きのショー仕立て。FIFA総会までエンターテインメント化しつつあるという感じ。

開幕戦に合わせて、過去のチャンピオンチーム、ブラジル、イタリア、ドイツ、アルゼンチン、イングランド、フランスの優勝メンバーが特別ゲストとして招待されており、フィナーレでは、各国の子どもたちに手を引かれて160人近い歴代の名選手が壇上に並んで拍手を受けた。

最多優勝国ブラジルからは、往年の名選手リベリーノ、ジャイルジーニョ、日本にもお馴染みのドゥンガ(元ジュビロ磐田)やベベトら50人近くがミュンヘン入り。ドイツからは74年大会の地元優勝組と90年大会を制覇したリトバルスキーらも姿を見せた。

ドゥンガとリッティに、日本チームについて聞いてみた。

ドゥンガ。
「ジーコが指導してきたチームだから、オーストラリアにもクロアチアにも負けないと思うね。ブラジル1位、日本の2位だなあ。福西が中心選手になったというのがうれしいな。ぼくがしごいた甲斐があった。彼のプレーを楽しみに見せてもらうつもりだ。日本はぼくにとっても懐かしい故郷みたいなチームだから、日本にもがんばってほしい。いちばんいいのは、ブラジルと当たるまでに、日本もグループリーグを突破してくれることだが、そういう展開になっていることを祈っている。日本戦はもちろん見にいくよ」

リッティ。
「たしかにオーストラリアのサッカーは急速に力をつけたよね。オランダとも引き分けたし。でも、ワールドカップというのは、経験が大きな作用をするトーナメントだから。日本は3回連続で出てくる選手が中心だしね。経験とスピードのあるサッカーをする日本の勝ちだよ」

FIFA功労者表彰では、日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンが、プロリーグ「Jリーグ」の発足、日韓ワールドカップの開催成功などの功労を認められて、ゴールデンメダルを授与された。

川淵キャプテンのコメント――。
「今日はさすがにちょっと緊張したな。ずっと応援してくださった日本のサッカーファンに代わって、こういう晴れの舞台で表彰されることになったわけで、とても名誉なことだと思います。会場でも、アル・ディレスが挨拶に来てくれたり、ドゥンガやリッティ、Jリーグでプレーしてくれた選手や監督が10人以上、ワールドカップのチャンピオンチームにいたんだなあと、あらためて気がついた。日本のサッカーが、本当に国際レベルになってきたということを実感しています」

ミュンヘンの駅に、各国のサポーターたちが続々到着しては、「オレー、オレ・オレ・オレー」と気勢を挙げて街に散っていきます。
だんだんと開幕モードになってきました。

6月7日。ミュンヘンより。
携帯imidas 2006W杯レポート 2 石川保昌
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/365-5a0f9c9c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。