Google

Entries

6月19日「スペイン-チュニジア」戦

ワールドカップレポート・グループリーグ
Match 28 グループH「スペイン-チュニジア」戦
スペインチュニジアPICT0004
6月19日 21:00 ゴッドリーブ・ダイムラー・スタディオン/シュツットガルト

ラウル、ホアキン投入でスペイン逆転。スペインH組1位抜けに万全の勝利。

第1戦、ウクライナに「4-0」で快勝したスペイン、第1戦と同じメンバーの「4-3-3」のフォーメーション。
前半。スペイン、序盤から主導権を握って、チュニジア陣に攻め込むが、チュニジアがほとんど8人で守る展開となり、ゴールをこじ開けるところまでいかず。

前半8分、中盤のこぼれ球に合わせて飛び出したチュニジアのトップ、ジャジリがドリブルでペナルティ・エリア奥深く侵入。マークしたプジョルをドリブルで翻弄して、ゴール前に横パス。2列目から飛び出してきたシナリがダイレクト・シュート。GKのカシージャスがはじいたところを、シナリがもう一度寄せてシュートを決めた。チュニジア、前半、唯一のチャンスを先制ゴールに結びつけた。

スペイン、まさかの失点に浮き足立つ。フェルナンド・トーレスへのロングボールやスルーパスでチャンスは連続して生まれるが、トラベルシらチュニジアのディフェンダーに体を張って守られる。
前半終了直前の右コーナーキックからシャビ・アロンソが放ったヘディング・シュートも、ゴールを割ったかに見えたが、ゴールマウスの中で守っていたアヤリが阻止。
前半終盤から激しい雷雨。ピッチ上が濡れ、チュニジアのプレーヤー、トラップミス、パスミスが出始めた。大会始まって、試合中の激しい雨ははじめて。

後半。スペインのアラゴネス監督、後半開始と同時に、ルイス・ガルシアに代えてラウルを、また、右サイドの守備的MFマルコス・セナに代えて、セスク・ファブレガスを投入。
後半57分には、早くも3人目の交代のカードを切り、ホアキンを入れる。

ラウルがトップに入ったことで、前半、バラバラだった3トップの連動した動きが可能になった。また、セスクは攻撃の際にはトップ下に上がり、シュートやラストパスを出す役割を果たす攻撃的MF。ホアキンは右サイドのスペシャリスト。

後半71分、この3人が連携して、スペインの同点ゴールが生まれる。
ホアキンが右サイドをドリブルで突破。グラウンダーの浅めのクロスをペナルティライン上に入れた。フェルナンド・トーレスがこのボールをまたぐようにスルー。その真後ろからセスクが強烈なシュート。それまでファインセーブを続けてきたチュニジアのGKブームニジェルもはじくのが精一杯。ブームニジェルがはじいたボールをラウルが押し込んだ。
アラゴネス監督の思惑どおりの同点ゴール。

同点にされたチュニジア、ラインをやや上げて攻撃に出ざるをえなくなる。こうなると、フェルナンド・トーレスをチュニジアの最終ラインの裏側に走り込ませて、トーレスにスルーあるいはハイボールといった攻撃も可能になる。

76分、セスクからトーレスに計ったような斜めのスルー。トーレスがうまく抜け出して、GKとの「1対1」を落ち着いて決め、スペインが逆転。
ロスタイム直前には、トーレスへのハイボールがファウルを誘い、PKとなって、トーレスがこれを決め、スペインが「3-1」で逆転勝ちの勝利。

ワールドカップ初出場組だけで簡単にゴールを奪えないとなると、ラウル、ホアキンら、日韓大会で痛い経験を味わったベテランも組み合わせての3ゴール。
スペイン、2試合を終えたところでは、不安なしというところ。

試合後の記者会見で、アラゴネスク監督に聞いてみた。
アラゴネスPICT0023ara_edit

――3人目のホアキンの交代が非常に早かったが、心配はなかったのか? ホアキンにはなにをアドバイスしてピッチに送り出したのか?
「今日は、勝ち点を取らないといけない試合だし、まず同点にしないといけなかったので、そのためには、ラウルとセスクだけでは、まだ足りないと考えての交代だった。チュニジアが非常によく守ってきて、彼らのサッカーに合わせたサッカーをしていたから、もっとテクニカルなサッカーをしなさいと、みんなには言った。ホアキンには、彼をマークするチュニジアの左サイドはイエローを1枚、取られているから、そんなに抵抗できないはずだから、しつこく右サイドから突破してチャンスを作れと話した」

点数を追いかけないといけない展開では、戦力を逐次投入してはいけないといいます。
代えるなら一気に。そういう決断がなかなかできないで、失敗する監督が多い。
ルイス・アラゴネス監督の話、なかなか味がありました。

「スペイン 3-1 チュニジア」

【得点】
スペイン;ラウル(71分)、トーレス(PK・76分、90分)
チュニジア:ムナリ(8分)
0619spaintunigia.png

【スペイン先発】 「4-3-3」
GK:1カシージャス
DF:3 ペルニア、5 プジョル、15 ラモス、22 パブロ
MF:8 シャビ、14 シャビ・アロンソ、16 マルコス・セナ→18 ファブレガス
FW:9トーレス、11 ルイス・ガルシア→7 ラウル(46分)21 ビジャ→17 ホアキン(57分)

【チュニジア先発】 「4-3-3」
GK:1 ブームニジェル
DF:3 ハギ、6 トラベルシ、15 ジャイディ、19 アヤリ→4 ヤヒア(58分)
MF:8 ナフティ、12 ムナリ、13 ブアジジ→10 ゴドバヌ(58分)
FW:5 ジャジリ、14 チェドリ→グゥエマムディア(81分)、20 ナモウナ

レフェリー:カルロス・シモン(ブラジル)

【ボール・ポゼッション】スペイン:66% チュニジア:34%

【シュート数】スペイン:24(内ゴール枠内シュート10) チュニジア:4(同3)

【マン・オブ・ザ・マッチ】シャビ・アロンソ(スペイン)

【6月19日の他の試合結果】
グループG「トーゴ 0-2 スイス」
グループH「サウジアラビア 0-4 ウクライナ」


6月20日 ケルンより。
携帯imidas 2006W杯レポート14 石川保昌

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/377-0fdad052

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング