Google

Entries

ドイツ大会、なんだかなあ…。

笑っちゃう移動。でも「ダンケシェーン」。 
ケルンPICT0006

夜の試合だと、ゲームが終わって記者会見に出て、
スタジアムを引き上げるのが真夜中過ぎになる。
タクシーを呼ぼうにも、なかなか来てくれなくて、
電車やバスで最寄り駅まで出るのだが。

今日はさすがのぼくも信じられない移動。
スタジアムから路面電車でケルン駅に向かったのだけど、
イングランド・サポが路上で騒いでいて電車が遅れに遅れた。
予約している電車に間に合うかどうか。

途中でタクシーを拾うしかないと、駅の方向に向かって
走りながらタクシーを探していたんだ。
方角が合っているか、自転車を押していたお兄ちゃんに
たずねたら、「案内してあげるよ」というんだね。

韓国系のドイツ人の青年でした。
そして、その辺に止めてある自転車にカードを入れて、
カチャカチャッとボタンを押すと、
「これに乗ってついてきなよ」と言うんだ。
「エーッ?」さすがに面くらいました。
彼がセットしてくれたのは、ドイツのどこの街角にもある
レンタ・サイクル。
とにかく列車に間に合うかどうか瀬戸際だったので、
夜のケルンの下町をすっ飛ばして、滑り込みセーフ。
駅で自転車の料金を渡そうとしたのに、「少しだから」と
受け取ってくれなかった。無事、間に合ったよ。ありがとう。

電車のなかでは、各国のサポーター諸君の話を聞いたり、
明るい時間の移動だと、列車のなかで原稿書きに追われる。
行きと帰り、あるいは、次の町への移動で、毎日、5~6時間は
電車に乗っているということになるかな。
試合後の移動PICT0061

締切りを考えると、電車のなかでも原稿を書かないといけないんだけど、
夜行列車だと電気も消えちゃうので、仕事にならない。
文字原稿だけなら、電車から携帯電話でメールで原稿を送る。
1本送れば、今日の宿代とがんばっているのだ。
6/21 とら。
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/394-32d1932b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング