Google

Entries

6月20日「スウェーデン-イングランド」戦(スカパーブログ)

イングランド、オーウェン離脱も、ルーニーは完全復帰。

グループリーグも最終ラウンドに突入。
今日のカードは「スウェーデン-イングランド」戦。

2試合を終えてスウェーデン勝ち点4、イングランドは勝ち点6。
直接対決で1位と2位が入れ替わる可能性もある最終戦。

前回のスウェーデン戦(対パラグアイ)のあとの監督会見で、
「EUROのときのように(スウェーデン-デンマーク戦)、幸せなドローで両方が決勝トーナメントに進むつもりはないのか?」
と、イングランドのプレスがラガーベック監督に質問した。
ラガーベック監督、
「そういうつもりはない。イングランドに挑んで、自力でグループ1位の座を勝ち取りたい」
と答えている。

この日(6月20日)、先に行われたグループAの首位対決の結果、グループAの1位はドイツ、2位はエクアドルに決まった。
決勝トーナメント1回戦で、ホスト国ドイツと戦いたくなければ、スウェーデンはこの試合に勝たなければならない。イングランドは引き分けでもOKというゲーム。

攻撃サッカーが売り物のスウェーデンだが、トリニダードトバゴがパラグアイに勝った場合は、勝ち点が同じになる可能性もあるので、4バックスの前に1人ボランチをアンカーに置いた形の「4-1-3-2」という、第2戦パラグアイ戦の最後に得点を挙げたフォーメーションと同じ。
suedenengland.png

一方のイングランドもハーグリーブスを4バックスの前に置いた「4-1-3-2」。
イングランドとしては普段よりもやや守備的な布陣。引き分けでも別にかまわないと、エリクソン監督は考えていると見ていい。
ルーニーがこの試合から先発に復帰し、ちょっと疲れ気味かなと思われたジェラードはベンチ・スタート。

キックオフからわずか1分過ぎ、オーウェンがタッチライン際で右足首をそらせたまま後ろに倒れ込んだ。スウェーデンのプレーヤーと接触したわけでもなんでもない。記者席のすぐ真下なので、顔をゆがめて痛がっているのが見える。
レフェリーも気がつかない。相撲なんかで取り組み中にヒザを痛めたりした力士が、ヒザが入ったまま後ろに倒れるというのを見たことがあるが、同じような変な倒れ方で心配。治療している箇所を見ると、右ヒザの異常。靱帯かなあ。オーウェン、以後の試合に出るのは無理でしょう。

タンカで運び出されたオーウェンに代わって、クラウチが交代で入った。
クラウチとルーニーの連携がいい。クラウチがバックヘッド気味に落としたボールをルーニーが拾い、シュートまで行きかけたシーンがこの試合でも何回かあった。
今後、イングランドの先発2トップは、クラウチとルーニーに固定されるでしょう。
左のJ・コールとセットで、クラウチをちょっと下げ気味にして、クラウチにロングボールを競わせてJ・コールとルーニーの両方が平行に相手ゴール方向に突っ込むという戦術を取ると(とくに後半)、相手ディフェンスをパニックに追い込めるけどね。

そう。「4-3-3」。ただし、クラウチはちょっと下がり気味のところで、ハイボールのポストマン役になって、バックヘッドなら、J・コールかルーニーに、後ろに落としたときは、ジェラードかランパードが飛び込んできてミドルを打つという仕掛ができる。
もちろん、ロングボールを入れるのは、ベッカムやジェラード。ときにはGKからダイレクトのロングでもいい。

これは攻撃というだけでなく、1点リード、2点リードの場面で、相手エリアで主導権を握ってゲームをするというだけでなく、有効な守備にもなる。クラウチと競り合って相手がファウルを犯せば、FK役にはベッカムが控えている。
オーウェンの突然の負傷、ルーニーの復帰で、エリクソン監督、2トップについては、結果的にベスト・チョイスをすることになったのではないだろうか。

前半はイングランドが支配したゲーム。
左サイドのJ・コールが、サイド突破、あるいはドリブル・カットインからしばしば決定的なチャンスを作り出して、イングランド・サポを沸かせる。
前半34分のイングランドの先制点は、右サイドからのフワッと浮いたロブクロスにクラウチがゴール前で合わせ、落としたボールをスウェーデンのディフェンダーが大きくクリアすることができず、結果的に左サイドにいたJ・コールへのパスの形になってしまって生まれたもの。

スウェーデンの「4-1-3-2」という攻撃重視の頭でっかちのフォーメーションは、「4-4-2」や「4-3-3」のフォーメーションに比べると、どうしても両サイドの守備が甘くなります。そこをJ・コールとA・コールが連動したサイド攻撃で衝かれた。

試合後、スウェーデンのラガーベック監督に、
――J・コールに左サイドからアタックされるのは予想していたと思うのだが、なぜ、あえてサイド攻撃に弱いフォーメーションを選択したのか?
と、聞いてみた。
「イブラヒモビッチの故障欠場で、4-4-2ではわれわれの攻めの形にならない。アルバックとヨンソンを使うことを考えると、あの形がいちばん機能すると考えた」

イングランドに勝ちたい(グループ1位になってドイツとは当たりたくない)。もし敗れることがあっても、得点を1点でも挙げなければならない(もしトリニダードトバゴが勝って勝ち点が4で並ぶ場合は、僅差の総得失点差の勝負になる可能性がある)。

ラガーベック監督、今日は、最初から1位狙いの攻撃的布陣で来たということです。
その結果、痛い失点を喫してしまった。
ただ、それを取り返してしまうスウェーデンの攻撃のポテンシャルの高さは認めるべきでしょう。
ラガーベック監督、こう言いました。
「たしかに2失点したが、最後にわれわれはいつものように追いつくことができたし、そういう攻撃的なサッカーがわれわれのスタイルなんだ」

エリクソン監督は、
「最後に同点に追いつかれはしたが、いちばん重要なのは、グループ1位になること(ドイツと当たらないこと)で、そうなったことを喜びたい。万全だと思っていた守備に問題が出たので、今後、それを修正したい」

後半には、休ませるつもりだったジェラードを投入して、「4-1-4-1」という超守備的なフォーメーションを取りながら、ロスタイム寸前に失点を許してしまった。

プレミアリーグの選りすぐりのディフェンダーがそろっていて、守備力には問題ないと見られていたけど、攻撃力のあるチームと当たると、無失点というわけにはいかない。
また、ルーニーは復帰したものの、まだ90分使いきることができる状態まで回復していない。そこにオーウェンの負傷(たぶん離脱になるでしょう)。イングランド、決勝トーナメントに向けて万全の状態というわけではない。

それから、ちょっと不思議な話。
イングランドのプレスのひとりが記者会見でエリクソン監督にこんな質問。
「ルーニーのケガはいったいどっちの足だったのかい? 今日、テーピングしていたのはケガしてないほうの足だったが、いったいどちらの足が痛いのか?」

エリクソン監督
「いやあ、それはぼくも知らないなあ。いったいどっちの足が悪いんだい?」
と、チームの広報担当にボソボソッと聞いたのだが、広報担当氏も答えられず。
「まあ、いいじゃないか。もう直ったんだから」
という感じの答えで会見は終わったのだけど。不思議な話。
ホントにルーニー、骨折してたのかなあ? マンUのメディカル・スタッフとファーガソン監督しか本当のことは知らないのかもなどと、思ったりもする。

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/407-c23c7467

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング