Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/409-1de4cd8c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

6月22日「日本-ブラジル」戦(スカパーブログ)

守備の戦略もなく、ブラジルに勝てというのは選手がかわいそう。

玉田の先制ゴールがサポーター諸君の重い気分を救ってはくれたが、それ以上をチームに要求してはいけない。

ブラジルとの一戦に勝たなければならない、それも最低でも2点以上の得点差をつけて。
――こんな条件でしか、決勝トーナメントに残る可能性がなかった。もし、ブラジルに勝つことがあったとしても、オーストラリアがクロアチアに勝てば、そこでおしまい。

守備のバランスだのなんだよりも先制ゴール、そして2点目もというゲームをブラジルに対してしなければならないのでは、こういう結果になるのはわかっていることで。

ジーコ自身、試合後、「すべては第1戦、オーストラリア戦の最後の8分間に3失点してしまったことが、今回の敗退の原因である」と、語るのだが。

――わずか勝ち点「1」で終わってしまったのは、これは選手の責任なのか? それとも監督であるあなたの責任なのか?
と、試合後の会見でジーコに聞いた。
「チームというのは選手だけで戦っているわけではないし、監督が試合をやっているわけでもない。どちらかに原因があったというのではなく、両方に問題があっただろうし、私は監督として、今回の結果に責任を取らなければならない。ただし、今日の敗戦も、今回のグループリーグ敗退も、すべては、第1戦の3失点からはじまっているのだ。あそこでああいう失点を喫してなければ、こういう結果にはならなかっただろう」

会見が終わって、しばらくジーコに直接、話を聞く時間がとれたので、話を蒸し返した。
――オーストラリア戦の3失点はなぜ起きたのか? あのときに足の動かなくなった柳沢に代えて、大黒か玉田を起用しなかったあなたのミスではなかったのか?
「いや、あの時点では、小野を使って、攻撃の起点を作りたかったんだ」
――クロアチア戦で大黒を投入したときは、大黒に相手陣でボールをキープさせたいと言っていたよね。なぜ、同じことをオーストラリア戦の1点リードのときにしなかったのか? そうすれば、コーナーキックやロングスローでやられる危険性は減っただろう?
「オーストラリア戦は、まさかあそこで3失点もするなどと思えなかった。追加点を奪うには、中村も中田英も動きがにぶっていたので、小野の可能性に期待した」
――トップに足を使える玉田か大黒なら、オーストラリアが2バックにしてアロイージを使うなどということもなかったはずだが。
(ジーコ、この問いには答えず)。

なぜ、ジーコがオーストラリア戦で足が動かなくなった柳沢に代えて入れたのが小野だったのか、ぼくにはいまも分からない。

原博実さんと「あの交代はどうしてかなあ?」という話をすると、
「プレマッチのドイツ戦で2-0から同点にされたゲームがあったでしょう。あのときに大黒と玉田を入れてから同点に追いつかれたのが、ジーコの頭の中にこびりついていたんじゃないかなあ。監督というのは、近い試合でやった失敗というのを忘れられないものですからねえ」
と、原さんはジーコの頭のなかを推理してくれた。

ジーコが話した、そのほかの日本敗戦の理由。
「日本の選手たちには、プロフェッショナルとしての自覚が足りない選手がまだいる。彼らと4年、つき合って、伸びしろが期待したほど出てこなかった選手たちが多かった。代表入りというのは競争だし、代表チームに入ってからも競争世界なんだが」
4年に1回のワールドカップの本番で、体調をくずしてしまった選手が続出したのは確かにジーコの計算外だったろう。

ドイツに来て、日本の試合を4試合、見たが、プレマッチのドイツ戦がベスト。大会入りしてからのゲームはさんざんだった。
暑さに負けたというのは事実だ。90分間、ビッシリ走り回ることができたのは、中田英だけというのでは勝負にならない。試合後、オーストラリアのヴィドゥカやクロアチアのプルショにも話を聞いたけど、彼ら、強靱です。
「暑かったけど、あんなものだよ」というような感じで、ミックスゾーンで涼みながら記者団に話をしていた。

フィジカルの強さというのは、筋力の話だけではない。トータルな強さのことだ。
90分走りきる持久力しかり、当たりの強さや当たられても簡単には転ばぬバランスも含めて。体つきや姿勢も、体幹がしっかりしているという感じがする(背筋も腹筋も、その他の筋肉のつき方がバランスいい)。
スポーツ選手を見るときのぼくのチェックポイントは、体幹がしっかりしていて、伸びやかであるかどうか。体幹がしっかりしている選手って大きく見えます。

本番の試合になって風邪で体調をくずしたなんていうのは論外でね。
日本の代表選手の多くが「ひ弱」だった。

たとえば、コンディション調整の失敗で、ゼーゼーヒーヒー、走るのがやっとで守備にも攻撃にも貢献できない中村を、フリーキックだけ期待で90分、使うしかなかったことが、ブラジルに中盤を支配されて、攻めまくられることになった理由だと思っているけどね。

ぼくはもともと監督としてのジーコに期待していなかったから、勝ち点「3」か「4」は取れなくはないかなとは思っていたけど、勝ち点「1」で終わってしまったのも想定内です。
ファンの方には申し訳ないけどね。
2002年に仙台でトルコに「1-0」で負けたときのような悔しさはない。
「まあ、しゃあないか」と醒めた気分で他人事のように見えてしまうのが情けないだけ。
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/409-1de4cd8c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。