Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/442-9dae44d7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

TRAs Sports News [2009 WBC] 第4回 韓国最終ロースター

■ベテランはいなくなったが、投手力は要注意の韓国

日本が3月5日の第1戦対中国戦に勝つと、日本の2試合目は「韓国-台湾」戦の勝者とということになります。北京五輪で「金」メダルを取った韓国チームに敬意を表して、3月7日19:00からの日本の第2戦は、「韓国-日本」になると予想しましょう。

■「ダブル・エリミネーション」方式

今回のWBCのルール変更のうち、もっとも大きいのが「ダブル・エリミネーション」方式トーナメントに変わったことです。ちょっとわかりにくいルールなので、説明しておきます。
「敗者復活戦」方式という言い方もありますが、実際に戦っているチームにとっては、「2度負けたらそこで終わりよ」方式と言ったほうが正確です。この方式は、総当たりリーグ戦ではないということを頭に入れておきましょう。

各グループ4チームで、まず1試合ずつ戦います。勝ったチームはいい。負けたチーム2チームが敗者復活戦に回ります。そこで負けたチーム(2敗目を喫したチーム)は、「はい、そこで敗退」になります。
次に勝者同士が戦います。勝ったチームは2連勝。これで、「2次ラウンド進出決定」です。
負けたチームは、敗者復活戦を勝ち上がってくるチームと対戦します。どちらも1勝1敗の状態で戦います。このゲームで負けたチームは、2敗目になりますから、そのチームは、ここで敗退です。勝ち残ったチームは「2次ラウンド進出確定」ということになります。2次ラウンド進出が決まった2チームで、最後にもう1試合、グループの1位2位を賭けて戦います。

2連勝して最終戦に臨むチームは、3試合を戦います。しかし、1度でも敗れると、2勝1敗で最終戦に勝ち上がってくるわけですから、最終戦は4試合目ということになりますね。
1次ラウンド、2次ラウンドと3試合、3試合で乗り切ることができれば、準決勝や決勝用にとっておきの先発ピッチャーを計算通りに残しておくことができるのですが、たとえば2次ラウンドで4試合を戦うチームは、投手のローテーションを前倒ししないといけないというようなケースも出てくるでしょう。

互いに1勝ずつ挙げた日本と韓国は、(仮定の話ですよ、まだ)2戦目の対決で勝つと、勝ったほうは、「2次ラウンド進出確定」の試合になります。そういう意味では、両チームにとって気合いの入る試合になるでしょうね。

さて、韓国の最終ロースターは、こうなりました。金寅植(キム・インシク)監督、23日には26人まで発表していたのですが、キャンプ中に朴鎮萬内野手の突然の負傷離脱などもあって、最終人選を迷ったように見えます。

ヤクルトの林昌勇投手は最後の最後で入ってきた2人の1人です。「ああ、林がいないなあ」と、思ったのですが、やっぱり入れてきた。セットアッパーとしては、林よりも尹錫を評価していたということでしょうか。北京五輪で活躍した金広鉉か柳賢振の若手両左腕が先発、尹錫、林昌勇でつないで最後は呉昇桓という継投の可能性が高いかなあ。

打撃は、李承も金東柱もいなくなり、一発長打の迫力はなくなったと思います。
<2009年2月26日 石川とら>

韓国最終ロースター
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/442-9dae44d7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。