fc2ブログ
Google

Entries

TRAs Sports News [2009 WBC]第30回 2次ラウンド「メキシコ-キューバ」戦

2次ラウンド敗者復活戦1回戦 キューバ復活

キューバ 101030200|7
メキシコ 001100011|4

勝投手N・ヴェラ 1勝 S P・ラソ 1S 負投手 L・カンピーヨ(1敗)
本塁打 カントゥ(1号)、プレシチ(1号)
観客 9339人

【先攻】キューバ
1番 26 L:マルティン(中)、2番 28 H・オリベイラ(二)、3番 12 M・エンリケス(DH)、4番 24 F・セペーダ(左)、5番 10 Y・グリエル(三)、6番 51 Y・セスペデス(右)、7番 40 R・メリーニョ(捕)、8番 L・アンデルソン(一)、9番 E・パレ(遊)
先発 20 N・ヴェラ(右投)→99 P・ラソ(右投)

【後攻】メキシコ
1番 17 F・サンドバル(二)、2番 26 O・ロブレス(遊)、3番 23 A・ゴンザレス(一)、4番 3 J・カントゥ(三)、5番 10 K・ガルシア(DH)、6番 14 S・ヘアストン(中)、7番 C・プレシチ(左)、8番 M・ヴァレンズエラ(右)、9番 M・オイェーダ(捕)
先発 33 J・カンピーヨ(右投)→オルテガ(右投)→F・ロドリゲス(右投)

【1回表】
マーティン(左打)、三振。オリベイラ(右打)、三塁ライナー。エンリケス(右打)、四球。セペーダ(S左打)、四球。二死一二塁に。グリエル、初球をセンター前タイムリー・ヒット。エンリケスが還り、先取点。二死一二塁。セスペデス、三塁ゴロ。
メキシコ先発カンピーヨ、二死を取りながら四球でくずれた。
「キューバ 1-0 メキシコ」。

【1回裏】
サンドバル(左打)、三振。ロブレス(左打)、粘り、10球目をライト・フライ。A・ゴンザレス(左打)、セカンド・ゴロ。キューバ先発ヴェラ、初回、18球。

【2回表】
メリーニョ(右打)、三振。アンデルソン(左打)、一塁ゴロ。パレ(右打)、セーフティ・バントアウト「5-3」。

【2回裏】
カントゥ(右打)、三振。ガルシア(左打)セカンド・ゴロ。S・ヘアストン(右打)、三振。

【3回表】
マーティン、ライト前ヒット。オリベイラの初球でエンドラン。ショートがセカンドベースに入った後ろに飛ぶ幸運なセンター前ヒットで無死一三塁に。エンリケス、ショート・ライナー。セペーダ、詰まったセンター前ヒットでマーティン還り、2点目。一死一二塁。グリエルのセカンド・ゴロで、セカンド、サンドバル、ランナー、セペーダにタッチしてから一塁に送球アウトでダブルプレー。
「キューバ 2-0 メキシコ」

【3回裏】
プレシチ(右打)、遊ゴロ。ヴァレンズエラ(右打)、ライト・フライ。オイェーダ(右打)、レフト線2BH。二死二塁。サンバドル、ライト前ヒットでオイェーダが還り、1点。サンバドル、外野から返球の間に二塁を狙うが、ヴェラがカットして、二塁手前で封殺(9-1-6)。
「キューバ 2-1 メキシコ」。

【4回表】
セスペデス、三塁ゴロ。メリーニョ、三塁ゴロ。アンデルソン、ライト前ヒット。パレ、セカンド・ゴロ。

【4回裏】
ロブレス、投ゴロ。A・ゴンザレス、四球。カントゥ、死球。ガルシア、投手強襲安打で一死満塁。S・ヘアストン、ボテボテのセカンド・ゴロ。三塁ランナーA・ゴンザレス生還。二死二三塁。プレシチ投ゴロでランナー2者残塁。
「キューバ 2-2 メキシコ」。

【5回表】
マーティン、センター前ヒット。オリベイラ、初球をセーフティ・バントで無死一二塁。エンリケス、「2-3」から四球。本人は三振と思いこみ、ベンチに下がろうとするのを、アンパイアが一塁を指さして止める。今日のアンパイアの判定、少し変というか、判定にブレがあるなあ。セペーダ、右中間にランナー一掃の2BH。3者が還り、5点目。無死二塁にセペーダ。
メキシコ投手交代。カンピーヨに代えて52 P・オルテガ(右投)。
グリエル、三塁ゴロ。セスペデス、三振。メリーニョ、遊ゴロ。二塁にセペーダ、残塁。
「キューバ 5-2 メキシコ」。

【5回裏】
キューバ守備交代。メリーニョに代わり、ペスタノがキャッチャーに。
キャッチャーにメリーニョを先発起用したのは、メリーニョの打力と、先発ヴェラと同じサンティアゴの正捕手なので、相性のよさを買ったものだろう。
ヴァレンズエラ、三振。オイェーダ、三振。サンバドルのカウント「2-3」で、投手のヴェラ、右太ももを痛めて降板。一度、痛みを訴えてチーム・ドクターのアントニオ・カストロ(フィデルの息子)がマウンドで診察したのだが、そこで交代させなかった。どうしても勝たないといけない試合なので、ヴェラ頼みはわかるのだが、無理させすぎ。
キューバ投手交代。ヴェラに代わって、ラソ(右投)が急きょ登板。ヴェラ、肩を作れているのかどうか。ラソとは、何度も会っているので、わりと仲良し。メキシコでは最低のピッチングだったので、少し気になります。サンドバル、四球。(この四球は、記録上はヴェラにつきます)二死一塁。ロブレス三振。

【6回表】
アンデルソン、三振。パレ、セカンド・ライナー。マーティン、三振。

【6回裏】
A・ゴンザレス、三振。カントゥ、レフト線2BH。ガルシア、ライト・フライ。S・ヘアストン、三振。

【7回表】
オリベイラ、ライト・フライ。エンリケス、二塁ゴロ。セペーダ、レフト前ヒット。グリエル、センター前ヒット。
メキシコ、投手交代。オルテガに代えてF・ロドリゲス(右投)。
セスペデス、左中間いちばん深いところを破る三塁打で、2者還り、7点目。
今日、マイアミで同じ名前のフランシスコ・ロドリゲスがクローズしたのだけど、こっちのF・ロドリゲスは、打たれてクローズしちゃった。こっちのF・ロドリゲスがどんなピッチャーか調べようと思っても、K・ロッドのほうしか出てこない。登録名を変えたほうがいい。ペスタノ、三振。
「キューバ 7-2 メキシコ」。

【7回裏】
プレシチ、死球。ヴァレンズエラ、センター・フライ。オイェーダ、三振。サンバドル、三振。

【8回表】
アンデルソン、ライト・フライ。パレ、三塁ゴロ。マーティン、三振。

【8回裏】
ロブレス、センター・フライ。A・ゴンザレス、センター・フライ。カントゥ、レフト・オーバー・ソロHR。遅かりしカントゥ。ガルシア、センター前ヒット。S・ヘアストン、三振。
「キューバ7-3 メキシコ」。

【9回表】
メキシコ投手交代。L・アヤラ(右投)に交代。
オリベイラ、センター・フライ。エンリケス、遊ゴロ。セペーダ、ファースト・ゴロ。

【9回裏】
プレシチ、レフト・オーバー・ソロHR。ヴァレンズエラ、三塁ゴロ。オィエーダ、二塁ゴロ。サンドバル、遊ゴロ。
ゲームセット。
「キューバ 7-4 メキシコ」。

キューバ 1勝1敗。メキシコ2敗。敗者復活戦第1戦はキューバが勝ち残り。

付記
今日のキューバ、オーダーを大幅に変えてきました。
試合後の記者会見で、ベレス監督、今日はスピードと機動力の野球をしたかったと語っています。メキシコではHR連発の巨砲野球だったのですが、ペトコ・パークでは、そういう野球をしていては勝てないという現実的な判断に(とにかく、負けたら終わりですから)立たざるをえなかった。

ただし、この試合で先発起用した控え選手たちがこれまでの試合で当たっていたということではないので、野球のスタイルを急にこの試合から変えたわけですから、ものすごい冒険だったと思いますし、打線が勢いづくまでN・ヴェラとラソの力投に頼らざるをえなかったというのが現実かなあ。

キューバ・チームは、いちばん信頼できる先発のヴェラとロング・リーフにも対応できるラソをこのゲームで使い切ったので、あとの試合は、残りの投手陣を短くつなぐスクランブル登板で乗り切ることになるのでしょう。日本あるいは韓国との対戦を考えると、それはやはりハンデになってくる。でも、生き残るためには、なりふりかまっていられない野球になるのでしょうね。

ラソ、ホームランを2本打たれましたが、ソロHR2本ですから、まあいいでしょう。
やっと勝てたよという感じの握手で別れました。

<3月18日 サンディエゴ 石川とら>
スポンサーサイト



-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/470-7db47ccc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング