Google

Entries

「侍ジャパン」投手編成のネック 1

WBCでの投手起用の基本パターン

2017WBCの試合日程と先発投手のオーダーを考えてみました。
WBCはご存じのとおり、投球数制限があります。1次ラウンドが65球、2次ラウンド80球、準決勝と決勝は95球です。また、50球以上投げた場合は次の登板まで中4日空けなければならない。
大谷投手のような豪腕ピッチャーでも、1次ラウンド65球ということは、最長で5イニングで交代せざるを得ないということです。理想的なゲーム運びをしたとして、だいたい、以下のような投手起用になるんじゃないかな。

2017WBC試合予定 1次ラウンド(東京ラウンド)投球数制限 65球
3月7日「日本-キューバ」戦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先発A+3投手継投
3月8日「日本-オーストラリア」戦・・・・・・・・・・・・・・・先発B+3投手継投
3月10日「日本-中国」戦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先発C+2投手継投
3月11日 プレイオフ「2位-3位」戦

2次ラウンド(日本が1次ラウンドを1位抜けの場合) 投球数制限80球
3月12日 日本-ソウル2位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先発D+3投手継投
3月14日 日本-東京2位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先発A+2投手継投
3月15日 日本-ソウル1位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先発B+3投手継投
3月16日 プレイオフ「2位-3位」戦・・・・・・・・・・・・・・・(先発C+5投手継投)

決勝ラウンド 投球数制限95球
3月20日 準決勝1「東京2位-サンディエゴ1位」・・・・(先発A+3投手継投)
3月21日 準決勝2「東京1位-サンディエゴ2位」・・・・(先発B+3投手継投)
3月22日 決勝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(先発AorB+5投手継投)

今大会から1次ラウンドと2次ラウンドでは、同じ組の2位と3位チームでプレイオフを行います。1次ラウンドでは、プレイオフ戦に出る可能性は少ないと思いますが、第1戦、第2戦を連勝してない場合は、プレイオフの可能性もあります。その場合のことを考えて、先発4番手の投手も準備はしておかないといけない。
また、2次ラウンドを1位で突破した場合と2位で突破した場合とでは、アメリカへの移動による時差調整の問題もあり、準決勝を第2戦で3月21日に戦えるほうが、投手起用の面でもベターですね。
先発A、先発B、先発C、先発Dなどのところに、ご自分の予想投手を「菅野」「大谷」「藤波」…などと、名前を入れて考えて楽しんでみましょう。

2016年12月10日 石川とら
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/528-3833e991

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング