fc2ブログ
Google

Entries

2017 WBC 1次ラウンド勝ち上がりが決まって。

イスラエル1位、オランダと先当たり

いっぱい書かないといけないことがあるんだけど、いろいろありすぎるので。
アトランダムにメモ。

まず、ソウルでの1次ラウンド「グループA」の波乱について。
イスラエルが1位抜けしてくるとは考えてなかった。
ただ、東京の「グループB」のように1位日本、2位キューバかオーストラリア、4位が中国という具合に予想がしやすい組み合わせではなかった。
参考までに、いまこれを書いている時点では、2位の可能性はキューバ60、オーストラリア40くらいの感じではないかと思っています。

「グループA」の予想については、ぼくは1位オランダ、2位が混戦だけど韓国と予想していました。
台湾の国内事情で(台湾野球連盟内部の利権争いのせいで、台湾代表に選ばれるべき選手が5~6人、外れてしまって、台湾代表チームが、ぼくが考えていたチーム力の60%くらいの弱いチームになってしまったため、「韓国、イスラエル、台湾の三つ巴2位争い」という展開にならなかったというのがいちばん大きいかな。

それでも、東京の試合を観ていて面白いかどうか疑問だったので(「小久保野球」、正直言うと、ぼくの趣味じゃないです)、それで、もともと、今回は、MLBにソウルの試合の取材申請もしてあったのね。
「日本-キューバ」戦を見終わったら、朝の飛行機でソウルに行って、オランダ戦を2試合と「韓国-台湾」戦を見て戻ってくることにしていたのですが、出かける2日前に痛風が出てしまって、歩くのもしんどい状態になったものだから、ソウルへ行くのはキャンセルにして、日本戦を続けて観ることにしました。
ただ、キューバも、オーストラリアも最初から、日本戦は落としてもいいからという戦略できているのがわかってたからね、そんなの日本が勝つの当たり前じゃないですか。そんな試合、観ても面白くないもんな。

それと、イスラエルの強さですが、チーム構成は、昨シーズンまでメジャーのロースターに入っていた選手は3人、ほかは1人、イスラエルの野球連盟のオールド・ピッチャーがいるだけで、あとはAAAかAAクラスの選手がほとんどですね。
レベルとしては、非常に高い。例えば、カブスの川崎が25人枠に入れなければ、所属するのがAAAです。日本に来る「外国人助っ人」選手の多くが、AAAかAAクラスです。
元メジャーでいまも復帰の望みをもってがんばっている選手、これからオレは競争に打ち勝ってメジャーに上がるんだという選手がこのクラスにいるわけです。
マイナーの選手だけで、チームを構成しても、たとえば、シドニー五輪でチームUSAは実際、全員AAかAAAの選手でしたが(監督はラ・ソーダ)、当時、最強だったキューバを破って、金メダルを取っています。
短期間のトーナメントだと、メジャーの選手がいるほうが勝つとは限らない(実際に今日、イスラエルがオランダに勝っちゃいましたからね)。

それと、イスラエルの監督とピッチング・コーチの手腕、すごいですね。選手の力量をきっちり掌握して、きっちり使い回しをして、相手を抑えている。
たとえば、先発とクローザー意外の投手には、短いイニングしか投げさせない。いくらメジャーリーガーでも、初めて遭うピッチャーから、そうそう連打は打てないですからね。
「次はあの球、狙おう」と思っても、もう次の打席では、別のピッチャーが投げています。
そういう継投策を3試合、きっちり基本的なスケジューリングをして、現実の試合になったら、フレキシブルに肩を作らせてということをするわけです。見事にそれをやって、強打と思われていた韓国と本当に強打のオランダを沈黙させた。綿密なベンチワークの勝利です。爪楊枝を口の中でクチャクチャさせて苦虫かみつぶして試合を観ているあの「オッサン監督」の頭の中、どうなってるのかなあと気になりますね。

その結果、明日の中国戦は、日本が勝って「グループB」は日本が1位でしょうから、3月12日の日本の2次ラウンド第1戦は「グループA」の2位のオランダと当たるということになります。それがいいのかどうか。
オランダの投手陣のローテーションを確認して考えないと正確な計算ができませんが、日本ベンチとしては、まず第1戦は、昨年11月の強化試合で2試合とも延長戦入りしたオランダとは当たりたくなかったと考えるのが普通の判断でしょうね。
イスラエルも不気味だけど、オランダはもっと強いからなあ。どちらともやらないといけないけど、できればイスラエルと先にやりたかったなあ。――と、少し、腰が引けちゃてるかなあ。

あのときのオランダチームに参加してなかったメジャー組、ボガーツ、グレゴリアス、プロファー、スクープなどがプラス4人か5人いますね。NPB組のバンデンハークもバレンテインもあのときはいなかった。
日本は、大活躍した大谷がいない。そういう両方の戦力を単純に足し算、引き算すると、戦力的には、オランダのプラス面のほうが相当、大きいですから、2試合やってほぼ引き分けという感じだった戦力均衡は、今回は最初からないんだと現実的に受け止めないといけない。
そういうチームと2次ラウンドの第1戦で戦う。2次ラウンドも、2勝を上げることがロスへの必勝切符ですから、できれば、第1戦を勝って優位に立ちたいわけです。

それはものすごく厳しい勝負なんですよね。1次ラウンド、楽勝できたから(だって、キューバもオーストラリアもいい投手を日本戦に割り振ってきてないでしょう。あのくらい、打てて当たり前なんです)、厳しい野球をしないですんでいる。だから、代打も使わなければ、ダメ押しの追加点を奪いにいく野球もしない。投手交代だって、65球制限が来るかも知れないときにどうして準備してないの? とか、宮西を使うのなら、少しでも投げやすいだろう大野を使って、雰囲気にも慣れさせておくとかなぜしないのかなあ。

イスラエルなんて、湿っている選手は、3打席打たせてみて、あと代打です。チーム内競争を厳しくやりながらかつ3連勝してきた。
「侍ジャパン」は「先発9人+内川」の10人起用みたいなものですんでいるけど、厳しい2次ラウンドになったときに、代えようにも、代えられないという状態になるのじゃないかというのが心配です。
小久保監督に試合後の会見で、そういう問題を確認しましたが、「勝っている試合だったので代えません」というのが、監督の答え。
長いリーグ戦の考え方、勝率を取るのなら、そういう考え方にも納得しますが、2次ラウンドでの2勝がかかってくる試合以後、ロスで戦いたいのであれば、負けるわけにはいかない試合がつづくわけです。「1点でも余計にとる。その1点を相手にやらない」という厳しい野球をキューバ戦で、あるいはオーストラリア戦でやっていたかというと、ぼくにはそう見えない。
どうして、「7-1」の試合を最後までもつれるような展開にしてしまうのか? 中田と筒香の両長距離砲が火を吹いて、ファンは喜んでいるけど、オーストラリア戦だって、9回の最後のチャンスでどうしてダメ押しできないのか。雑な野球をやってスキを見せたら、2次ラウンド以降は厳しいよと思うのです。

そんなわけで、今回は、ロスに勝ち上がってくるチームを観ておきたいので、東京ドームで2次ラウンド3日間観たら、サンディエゴにワープします。
アメリカ、ドミニカ、ベネズエラ、(あとメキシコになるのか、プエルトリコになるのか、なんともわかりませんが)、サンディエゴの2次ラウンドが気になるので、そんな予定にしています。

2017/03/10 石川とら
スポンサーサイト



-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/609-d47ffd2d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング