Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/618-96b35406

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2017 WBC 3月14日「日本-キューバ」戦先発

キューバ打力重視のオーダー変更

【先攻】キューバ

1番 10ロエル・サントス 右左(CF)
2番 43アレクサンデル・アヤラ 右右(SS)
3番 24フレデリク・セペダ 右左(DH)
4番 54アルフレド・デスパイネ 右右(LF)
5番 47ウリスベル・グラシアル 右右(2B)
6番 28ウィリアム・サーベドラ 右右(1B)
7番 11 ヨスバニー・アラルコン 右右(C)
8番 12 ジェファーソン・デルガド 右右(3B)
9番 32 ビクトル・メサ 右右(RF)

先発投手:59 ブラジミール・バニョス(右投げ)

【後攻】日本

1番 23 山田 哲人 右右(DH)
2番 4 菊池 涼介 右右(2B)
3番 7 青木 宣親 右左(RF)
4番 25 筒香 嘉智 右左(LF)
5番 13 中田 翔 右右(1B)
6番 6 坂本 勇人 右右(SS)
7番 3 松田 宣浩 右右(3B)
8番 55 秋山 翔吾 右左(CF)
9番 22 小林 誠司 右右(C)

先発投手 11 菅野 智之(右投げ)


キューバ、先発を大分、変えてきました。

調子のいいウリスベル・グラシアルをデスパイネのあとの5番に。グラシアルは本来の守備位置であるセカンドに入ります。

キャッチャーには、打力優先で、ヨスバニー・アラルコンを。アラルコンは、今シーズン、キューバリーグでホームラン16本を打ち、2位。長打力があります。

8番サードに、ジェファーソン・デルガド。デルガドは、今季キューバリーグの首位打者で打率.405。出塁率は5割を超えます。台湾での強化試合でケガをしたため、ずっと先発では使われてきませんでしたが、やっと使えるメドが立ったということでしょう。

9番ライトには、キューバの英雄ビクトル・メサの息子、ビクトル・ビクトル・メサ。ユリエキス・セスペデスと同様、若くて足の速い外野手。今シーズンのキューバリーグの盗塁王。
セスペデスがこの2試合、疲れのせいかやや元気がないので、先発交代。

菅野攻略のため、打力得点力アップの布陣できたということですね。

対する日本は、好調の秋山を8番センターで使ってきました。
打線のつながりを考えると、秋山が9番でもよかった気もしますが、勝ってきている状態なので、オーダーそのものを大きく変える必要はないという考えでしょう。

【1回裏】
日本、先頭打者山田のレフトセンター間へのソロHR。山田らしい当たり。やっと来てくれたという感じですね。「1-0」 。筒香、センター前H、中田、四球も、坂本、セカンドゴロ。
【2回表】
キューバ、デスパイネ、ショート内野安打。グラシアル、レフトへライナーで2RHR。低い弾道の矢のような当たりがそのままスタンドに飛び込みました。スライダー甘かったかなあ。「1-2」
キューバ、打順変更、即、当たりです。1死後、アラルコン、レフトセンター間フェンス上端直撃の二塁打。パワーありますね。菅野、ものすごく調子いいんだけど(ストレート150km出てます)、コースが甘いとこにいくと、やられますね。
【3回裏】
山田、レフト線へ2BH。菊池のセカンドゴロで三進。2死後、筒香のセンター前Hで山田が還り「2-2」。
【4回表】
デスパイネ、レフト前H。1死後、サーベドラ、センター前H。アラルコン、レフト前Hで1死満塁。デルガド、三振も、ビクトル・メサ、起用に応えて、初球をレフト前Hで、2者還り、「2-4」。送球の間に三塁を狙ったランナーを「7-2-5」でアウトに。
この回、菅野、4連打。ここまで72球、被安打7、失点4。たぶん、この回で交代。キューバ、菅野対策、きっちりしてきましたね。
【4回裏】
バニョス、落ち着きを取り戻したか。三者凡退。
【5回表】
日本、ピッチャー交代。66平野(右投げ)に。平野、三者凡退。
【5回裏】
小林、レフト前H。バニョス、山田を怖がって、ストレート四球で無死一二塁。
投手交代。バニョス、74球。→58 ヨアニ・イエラ(左投げ)に。菊池、犠牲バントでランナー進み、1死二三塁に。青木、0-2からファウルで粘り、セカンドゴロの間に三塁ランナーが還り、「3-4」。2死三塁に山田で筒香。筒香、3打席連続センター前Hで、山田が還り、「4-4」同点に。筒香2打点目。
ヨアニ・イエラ、キューバにとって、いちばん使い勝手のある中継ぎなのですが、今大会、ランナーがいるところで使われて、2試合ともリリーフに失敗しています。2ストライクまでいっても、勝負球の(落ちるスライダーか? )がすべてボール球になるので、打ちとれないという悪循環がつづいてツキ目を失っています。
【6回表】
日本投手交代。19増井(右投げ)に。デスパイネのセンター前に抜けそうな当たりを増井がグラブではたき、セカンド菊池が処理。「1-4-3」のセカンドゴロ。グラシアル、一塁強襲二塁打。サーベドラのライトフライでグラシアル、三進。アラルコン、レフト前Hでグラシアルが還り、「5-4」に。6回まででキューバ、9安打1本塁打6点と打撃好調。
【6回裏】
ワンアウト後、松田、三振振り逃げ(PB)で一塁へ。秋山の4球目にワイルドピッチで二進。もらいもののチャンスですねえ。秋山四球で1死一二塁。キューバ、投手交代。44ミゲル・ラヘラ(右投げ)に交代。あとがないキューバ、6回途中で、今大会、クローザー役を任せているラヘラを投入せざるをえない。小林、ラヘラの2球目をレフト前タイムリーH。小林、2打席連続のタイムリーで「5-5」の同点に。1死一二塁で山田がカウント「3-2」で三振、三塁へ盗塁の秋山、「2-5」と送られ、ダブルプレー。この回、1点のみも、拾いものの1点で、同点に。
【7回表】
日本、投手交代。10松井(左投げ)に。松井、三者凡退に。
【7回裏】筒香、四球で出塁も、中田の三塁線を襲う強烈なゴロをデルガド、ファインプレーでさばく。
【8回表】
日本、投手交代。12秋吉(右横手投げ)。キューバのクリーンアップへの投球。セペダ、ピッチャーゴロで1アウト。デスパイネ、バットを折りながら、センター前H。グラシアルのライトへの打球、やられたかと思ったが、フェンスの前で落ちる。ライトフライ。
フーッと、大きく息をつく秋吉。気をとりなおしてサーベドラをセカンドフライに。
【8回裏】
1死から松田、一塁エラーで出塁。前の回の振り逃げ、WPに続くもらい物チャンスか。秋山がレフト前Hで1死一三塁に。小林に代えて代打市川。場内、市川の応援歌で騒然。市川のライトライン際のファウルフライ、ビクトル・メサが見送るかと思ったら、キャッチ。犠牲フライとなって三塁から松田が還り、勝ち越し点。「6-5」に。ラヘラ、気落ちしたか、山田がすかさず、レフトセンター間に今日、2本目のHR(2R)で「8-5」に
ビクトル・メサ、若い外野手なので、判断、誤りましたね。ファウルかどうか微妙でも、ファウルなら取ってはいけないフライでした。山田の2本目も、山田本来の当たり。決勝ラウンドで戦うことになると、メジャーのパワー打線に見劣りしそうですが、山田、筒香、中田と3人、HRを打てる打者がそろえば、なんとかなるかな。
【9回表】代打の市川に代わって9炭谷がキャッチャーに。投手交代。35牧田(右下手投げ)に。牧田、きっちり三者凡退で日本の勝ち。日本5連勝で、2次ラウンド1位で勝ち上がりの可能性が高くなりました。

試合時間3時間25分 「○日本 8-5 キューバ」 日本 得点8 H9 キューバ 得点5 H10 E1

 
勝ち投手 秋吉(1勝) 牧田 S(1勝1S) 負け投手 ラヘラ(1敗1S)
HR:山田1号(ソロ)山田2号(2R) グラシアル1号(2R)

2017/03/14 石川とら

これで、日本、決勝ラウンド進出は心配なしでしょう。まあ、移動もありますし、1位で勝ち抜けするほうが
いいでしょうから、次のイスラエル戦も勝って3連勝、グループ1位で決勝ラウンドに進んでもらいたい。
明日の飛行機でサンディエゴに移動。第1戦には間に合いませんが、第2戦から取材に入る予定です。
またよろしく。
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/618-96b35406

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。