Google

Entries

2017年5月14日「早大-立大」第1戦

小島完璧 2安打完封! 早稲田○ 1-0 ×立教

【先攻】立教
1番 センター 寺山 左 29(神戸国際大付・社会3年)
2番 二塁 林田 左 23(島原・観光3年)
3番 ライト 松崎 左 4(横浜・文3年)
4番 三塁 笠松 右 3(大阪桐蔭・コミ4年)
5番 一塁 飯迫 左 7(神戸国際大付・社会3年)
6番 レフト 山根 右 1(浦和学院・経営4年)
7番 ショート 熊谷 右 10(仙台育英・コミ4年)
8番 キャッチャー 藤野 右 27(川越東・経営2年)
9番 投手 田中誠 左 11(大阪桐蔭・コミ2年)

先発投手 田中誠 左投げ

【後攻】早稲田
1番 ライト 八木 右 25(早実・スポーツ4年)
2番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
3番 キャッチャー 岸本 右 27(関大北陽・スポーツ3年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
7番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
8番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
9番 投手 小島 左 19(浦和学院・スポーツ3年)

先発投手 小島 左投げ

優勝争いの4校対決第1戦。勝ち点を落としたチームが優勝争いから脱落する。
第3週4月22日の明治戦で負傷降板した小島、久し振りの先発復帰。
9回を投球数115球、被安打2、与四球1、奪三振7の完璧な投球で復活。

100球を過ぎると、握力が落ちるのか、完投寸前で打ち込まれることが多かった小島、初完封。
大事な大事な試合で完封。おめでとう。リーグ戦終盤にきて左エースの復活はありがたい。
しかし、打線については、早稲田、相変わらず、バント下手だねえ。
当たりの出ない佐藤晋を5番から8番に下げ、首位打者加藤が勝負してもらえない可能性を考えてか、
2番の宇都口を5番に起用するという苦心のオーダー。
立教の田中誠の粘投もあって、5安打、1点しか奪うことができなかった。

【4回裏】
先頭の4番加藤が一塁線を抜く2BH。宇都口が三塁前に送りバントで1死三塁に。6番織原の「0-1」の
カウントで、立教バッテリー、スクイズを警戒したか、外角へ大きく外す。織原、そのまま見送り、
三塁ランナーの加藤、三本間に挟まれ、挟殺。ランナーかバッター、どちらかのサイン見落としの可能性大。
直後、織原、左中間に2BH。7番檜村、浅いレフト前Hで、2死一三塁。8番佐藤晋もレフト前Hで続き、
織原が還り、早稲田、先取点。
ちぐはぐな攻撃だったが、なんとか1点をもぎ取ったのが大きい。この1点を小島投手が力投で守り切った。

勝ち投手 小島 2勝 負け投手 田中誠 2勝2敗

【追記】
第2試合「慶応 ○ 5-3 × 明治」。慶応が逆転で打ち勝つ。
この結果、5月14日第1戦が終わった現在の上位4チームの成績は、下記のとおり。
1位 早稲田 5勝2敗 勝率.714 勝ち点2 
2位 慶応  5勝3敗2分け 勝率.625 勝ち点2
3位 立教  5勝3敗2分け 勝率.625 勝ち点2
4位 明治  4勝3敗 勝率.571 勝ち点2

5月15日(月)にそれぞれ第2戦。
11:00~「明治-慶応」戦
14:00前後~「立教-早稲田」戦

2017/05/14 石川とら

【追記】
立教との第3戦の前に、ネット裏で早稲田のスコアラー部員に確認したところ、4回裏のスクイズ失敗は、
スクイズでしたとのこと。ウエストされたとしても、バッターは、ファウルでいいからボールに当てに
いかないといけない。ボールの目切りが早すぎる。見逃したら、三塁ランナーが挟殺アウトになるのは当然。
カウント「0-1」でスクイズというのはギャンブル・プレーだが、カウントを追い込まれたら得点が難しいという
判断だったはず。
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/638-0e8b1d9c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング