Google

Entries

「ソーリーは私だ」シリーズ第2弾!!

佐川立件できず。不起訴か !? !? !?

2018.4.13

「ソーリー。さすがにクロッカワは効きますなあ」
「不起訴処理完了とのことです」
「明日の朝刊に手配いたします」
「夕刊に間に合うでしょう。今すぐ記事にさせなさい」

「ソーリーの私をだ。その私を罪に落とそうなどと...。
 20年早いわ。うるさい虫けらどもが」<ブチッ!>

「これで奥様もまったく関係ないということで」
「くれぐれも最後まで気を抜かないようにですね」
「サッガワもそれからタニーアとかも、
 二度とアッサ・ヒーヒーにつかまったりしないようにですね」
「ハイ。もしもの場合は、勝手にファックスを
 送ったと言い聞かせてあります」

「留守中に、また爆弾を落とされるようなことのないようにですね」
「ハイ。もうミサイルがどうのが使えないことは承知しております」
「分かったことを言うんじゃない。
 ドナルドとの話によっては、私が北に飛ぶこともあると、
 まあ、そういうこともあるかもしれない。
 まあ、そんなことはないとは思うが」

「ソーリーがドナルド閣下とお会いになればですね。
 さすがにソーリーは違うと。ソーリー以外に誰がと
 みんな再認識いたします」
「イシブーとかキッシンとかが留守中になにを画策するか、
 なにかあったら、即、連絡が入るように手配しておいてください」

「なにかありましても、会期末を乗り切れば、
 最悪の場合は、またクロッカワに出てもらってもいいでしょう」
「なんだ。縁起でもない。ソーリーは私だ。
 ソーリーの私がどうして最悪の場合に巻き込まれなきゃいけないんだ。
 おまえたちは私を守れないというのか」

「いったい私はなんのためにフロリダに飛ばなきゃならないんだ」
「もし、戻ってこれなかったら、どうしたらいい。
 私がソーリーだ。ソーリーの私がだ。ソーリーの私が
 フロリダでドナルドにペコペコ頭下げているあいだに
 あいつらにハシゴを外されるかもしれないんだぞ」
「ソーリーなのに、突き落とされるかもしれないという
 この怖ろしさをだれひとり分かっておらん。
 ドナルドに土下座して、また、あそこの馬鹿息子や馬鹿娘に
 なにか買ってやるのか? もうビルなんぞ買ってやれんぞ。
 どういう面さげて、フロリダに行くんだ。
 どういう面さげて、羽田に帰ってきたらいいんだ。
 ソーリーは私なのに......w」

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/654-fd76d5a1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング