fc2ブログ
Google

Entries

柳瀬元総理秘書官、国会で証言か?

「柳瀬元秘書官、加計側と面会を認める意向」

2018.5.2

――との毎日記事、与党側の観測気球記事かと疑っていたら、
サンケイも同様の後追い記事を出しているので、
与党側も、参考人招致であれば認めるという歩み寄りを見せた模様。

「加計学園側とは会ったが、『首相案件』などとの説明は行わなかった」という線で
国会での証言を認めるということか。

与党側も、つじつまが合わない話のまま、再開国会で紛糾し、「解散→総選挙」などになったら、
疑獄を抱えたまま「自民も多数討ち死に」が、実は恐怖なのだ。

「愛媛県文章書(備忘録)勘違いされていることが多いので、以下、再確認。

【備忘録】
忘れては いかぬと思い 書き留めた
まさか加計を 粉微塵とは

【以下、筆者用のおさらいメモ】

「備忘録」とは公文書か?
陳情書に添付された事業説明添付文書であれば、「公文書」。
農水省に保存されていた文書は、その意味で「愛媛県の公文書」ということになる。
愛媛県側から朝日、東京、NHK3社へ流出したのではない。
国側(農水省、文科省、内閣府内部? 県が陳情した先、議員、関連閣僚)から3社へリークが発端か?
朝日、東京、NHKから県へ裏取り取材があり、
中村県知事が県資料であることを認めた。
――という流れ。

その後も、会議の主賓は「加計学園担当者」であったこと、
愛媛県、今治市の担当者は後ろで総理秘書官の説明を聞いたこと。
愛媛県側担当者に面会した際の名刺などがある。
農水省、文科省からの出向者も同席したこと。
――などが、追加報道されており、まだリークされていない追加文書も出てくる可能性大。

つまり、外堀を埋められてしまっているので、「記憶にない」は、
もはや通用しないとの政治的判断になったということか。
ただし、ヨルダンにいる安倍総理がその決断を承知しているのかどうかは不明。

「モリトモ」と違って、「加計」のほうは、安倍首相が関与していたら、
即、「請託収賄容疑」がかかる「首相の犯罪」に直結する疑惑である。



毎日新聞5月2日朝刊記事



スポンサーサイト



-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/679-49715193

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング