Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/72-4fdcb7dc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

一点突破の全面展開

クウェート国境

自殺者が毎年三万人を超える現在の日本で、郵政民営化問題だけが問われるべき解散総選挙という不思議な「国民投票」のような総選挙だった。なぜあそこまで自民党が大勝したのか。

小泉首相が背水の陣を敷いて、郵政民営化問題一点に絞って、一点突破の全面展開に打って出たからというしかない。退路を断ってリスクを背負い込んで解散総選挙に臨んだ小泉首相の勇気と意気込みのイメージが無党派層を取り込んだ。

リスクを冒さないで既得権で利益が保証されている日本社会のビジネス構造に飽き飽きしている都市部の無党派層が郵政民営化を雪崩を打って支持した。
与党が衆院定数の三分の二を押さえるという想像もできなかった与党有利の希有な状況が生じてしまっては、2009年まで総選挙は見送られることになるだろう。

郵政民営化以後の行財政改革、年金改革、財源としての消費税値上げ問題などが、今回の総選挙で選ばれた議員たちによって決定されていくことになる。
小泉首相の言う「痛みをともなう改革」とは、文字を換えれば「財政削減と増税」ということにならざるをえないだろう。その痛みを日本社会全体で共有する改革となるのかどうか。

昨年の話に戻る。
ヨルダンからクウェートへと回り、イラクへの物流状況を見た。
クウェートからイラク国境まで約120キロの砂漠の中の一本道を、米軍の資材、石油関連施設の復旧のための機器などを満載にしたコンテナ・トレーラーが何百台と列を作ってイラクへと向かう。
気温は48度。送電線以外、なにもない。あるのは地下に眠る石油だけの砂漠である。

クウェートでイラクから戻ってきたアメリカの石油開発企業ハリバートン社のエンジニアから話を聞いた。ハリバートン社の元会長がブッシュ政権のチェイニー副大統領である。イラクの石油産業復旧策の決定権は事実上、ハリバートン社が握っている。
「半年でスタッフ33人が死んだ。うち17人がアメリカ国籍だ。危険は承知さ。いいビジネスだからね、これだけ稼げる場所はアメリカにはないから」
ハイリスク・ハイリターンのビジネス戦争がイラク戦争の別な一面だった。

(2005年9月20日「愛媛新聞」掲載)

写真1:2004年9月9日 イラクとクウェートの国境にあるアル・アプッドゥフリー検問所。日本の民間人が入れるのはここまで。軍需物資や建築資材を山と積んだコンボイがイラク領へと走る

写真2:http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-73.html

■イラクサッカー支援 次のページへ--->http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-74.html


スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/72-4fdcb7dc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。