FC2ブログ
Google

Entries

国会会期末への与野党攻防

正面強硬突破の「自+公+維」
審議拒否+不信任案で抵抗の野党


2018.5.19

国会会期末をにらんで、政府は「モリカケ疑惑」
隠蔽のために、モリトモ関連文書の国会提出を
遅らせ、柳瀬再喚問や中村愛媛県知事の招致を
拒否。首相と首相の妻の疑獄案件に、頬かむり
のまま、審議不十分の重要法案を強行採決へ。

野党は、審議不十分として、採決を拒否。
TPP法案の強行採決に抵抗するため、担当の
茂木経済再生相の不信任案を提出。

絶対多数を握る「自民+公明+維新」が、今後も
強硬突破を図るであろうことは、予期される。
森山自民党国会対策委員長は、茂木経済再生相の
不信任案に関連して、内閣への不信任案が出れば、
「解散→総選挙」の可能性も匂わせている。

野党側が選挙協力を行えるかどうかが大きな課題。
安倍内閣が「首相案件」である「モリカケ」疑惑に
フタをした形で、総選挙に突入すれば、自民党への
批判票が前回選挙よりも多く出ることが予想され、
自民・公明議員は「解散総選挙」には及び腰感あり。

普通に考えれば、会期延長をして、安倍総理が発言
したとおり、疑惑を明らかにして、膿を出し切る論議を
すればいいだけのことである。しかし、「モリカケ」ともに
疑惑を明らかにすれば、「加計疑惑」は総理大臣に
請託収賄罪の嫌疑がかかる可能性が高い。総理本人の
自白がないだけで、状況証拠はほとんど黒に近い灰色。

「モリトモ」は総理の妻が関わっている可能性が100%。
「もし私や私の妻がかかわっていれば、総理大臣も議員も
辞める」と総理大臣自らが国会で宣言しているため、
「疑獄の解明」を進めることができない。その結果、疑惑を
残したまま、会期終了まで粘るという選択しかないのが
安倍政権の現状。


共同通信 2018.5.18

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/721-cd212249

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング