Google

Entries

ソーリーは私だ 四面楚歌

「永田町泥船決戦」3幕3場
「官邸四面楚歌」の段。(おおおさ やかた しめんそか)

2018.5.23

「ソーリーの私がここまで追い込まれてしまうなどと...」
「だれかおらぬか。イッマーイでもイズミーでもよい。
だれかおらぬか-」

「昨日はナカムーラの隠し球にやられ、
今日は捨てたはずの文書から値引き交渉記録まで
すべて国会に提出しただと」
「それがどういうことか、アッソーの馬鹿タレは
分かっておるのか」

「お呼びでございますか」

「なんで、今頃、財務省の文書が出てくるのだ。
出してくるにしても、出すタイミングというのがあろう。
あれを出されては、クロッカワを使って
特捜を握りつぶした意味がないではないか」

「ソーリー。お言葉ではございますが。
立件見送りで、裁判になるのを避けられたと。
まずは一難を避けた。そうお考えいただかないと」

「値引きするように圧力をかけたのが、いったいだれか
文書を読めば、すべてバレバレではないか」

「至急、どの文書とどの文書が提出されたのか、
財務省に確認いたします」

「出されてからではもう遅いわ。
だいたい9000ページもある文書を
財務省は、どれは出す、どれは出さないか
ちゃんと読んで判断したのか」

「...それは。まず大臣はお読みでないかと。
財務大臣は日本語が苦手で漫画しかお読みになりません。
次官はセクハラでお辞めですし。
佐川長官はあの通り、辞めさせられましたし...」

「幹部はだれも読んでないのか」
「内容が内容でございますので、だれでも代わりに読めと
いうわけにはいきませんでしょうから」
「墨塗りもしないで、政治家だの、私の妻だのの名前が
そのままになっているのを全部出してしまったのか」

「...ハア。先ほどのニュースによれば、...御意に。
財務省としては、これ以上、隠しただの、捨てただの、
批判されるのはかなわないと」

「せめて、あと1週間、遅らせることもできなかったのか。
会期末まであとわずかだというのに」
「......。」

「アッソーの野郎、責任を取らされるのを逃げやがった。
財務省が残っても、内閣が潰れたら終わりだろう」
「それとも、なにか。自分だけ責任をとって辞めるなどと。
まさか、辞めて次の総理総裁の勝ち馬に乗るつもりか」

「どうすればいいのだ。ソーリーの私が、
もし、私が、そして私の妻が関わっていたら、
ソーリーも国会議員も辞めると言ってしまった案件だぞ。
どうやってシラをきる」

「財務省で残っている首は、サッコータか。
サッコータの喚問はやむを得ない。
ただし、妻の喚問はダメだ。それは認めない。
それで時間をかせぐ。会期末までもてばいい。
最後の最後は裏切ろうとしやがったアッソーだ。
アッソーの首と一緒に総辞職だ。
そこで、新内閣組閣か。あるいは解散」

「ソーリーは私だ。ソーリーの私が最後の決断をする」


毎日新聞 2018.5.23

スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/725-7d56d766

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング