Google

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/9-ebf02718

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

W杯アジア予選 大一番の勝利 オマーン戦

マスカットのオマーン・サポーター

オマーンというペルシア湾の入り口にある砂漠の国に来ています。
ペルシア湾岸に来るのは、この二か月で四回目。一か月まえまで四十五度前後まで気温が上がっていたのが、酷暑の地にも秋。最高気温三十五度程度で、日本の残暑という感じ。

昨晩(十月十三日)、オマーンの首都マスカットで行われたサッカーの二〇〇六年W杯ドイツ大会アジア一次予選で、日本がオマーンを下し、最終予選進出を決めました。
敗れでもすると、W杯本戦出場が難しくなる可能性もあった大一番のゲーム。
引き分け以上でOKだった日本、予定通りの守りのゲームで「1-0」の勝利。
新居浜出身の福西崇史選手(ジュビロ磐田)、この試合でも小野伸二選手と組んで中盤の要ボランチとして、攻守に大活躍でした。代表チームに欠かせない選手に成長しましたね。

高温下のアウェー戦、今年、二度戦って勝っているとはいえ、大苦戦した相手で、最悪のケースも想定して乗り込んだのですが、これでやっとひと安心。
ジーコ監督も前日までとうってかわって上機嫌で、いつも皮肉な質問しかしないぼくのところにも笑顔でやってきて固い握手。
ハラハラドキドキさせられても、勝利の味というのはいいものです。

たかがサッカーのゲームではあります。ただ、W杯というのは親善試合と違って、選手たちはもちろん、サポーターも気合いの入り方がまったく違ってくる。

W杯がもたらす経済効果云々はさておき、何百万人かの若者が(若者じゃないサポーターももちろんいるわけだけど)、夢や元気を寄せられる共通のなにかがあるほうが社会が沈滞化しないという程度の効用はあるでしょう。

これでW杯本戦出場が決まったわけではないですが、来年二月からの最終予選は二グループ四カ国ずつに別れてのリーグ戦。グループ二位以内で、ドイツ大会出場です。
アジア杯で苦戦の連続を乗り越えて王座を守った日本チームの精神的な成長を考えれば、本戦出場は十分望めるでしょう。10月14日、マスカットより。

(2004年10月19日「愛媛新聞」掲載)

写真:2004年10月13日 マスカットのオマーン・サポーター
スポンサーサイト
-->
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tra3.blog43.fc2.com/tb.php/9-ebf02718

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。