Google

Entries

大学野球選手権準決勝

準決勝2試合とも投手戦。決勝は「国際武道大-立教大」に。 

20170610大学選手権準決勝第1試合.jpeg

第1試合「上武大-国際武道大」

8回裏に上武大が1点を追いついて、延長10回のタイブレーク・ルールで「3-2」で決着したが、9回終了時点で、国際武道大はH4本、死四球5、上武大はH3本、死四球3、ともに得点2なので、両チームの投手陣が踏ん張った投手戦。
こういう試合は、エラー、四死球、それと、今日は外野に向かってHR風とでも呼ぶべき強風が吹いていたのでHRで決まりそうという雰囲気のゲームだった。

【5回裏】
先制したのは上武大。先頭の6番増野が死球で出塁。送りバントで二塁に進み、8番吉田の深いライトフライが犠飛となって三塁へ。9番山脇のショート内野安打で増野が還り、先制。
山脇が俊足だったので一塁滑り込んで際どくセーフというプレー。神宮の人工芝を気にしたか、ショートがバウンドを待ってから捕球した分、送球が遅れたように思う。エラーにはならなかったが、普通なら、ショート内野ゴロでアウトのプレーだろう。

先制したことで、次の試合の投手起用も考えてか、6回表から、上武大、好投の西村(右投げ)から平沢(左投げ)に継投。
【7回表】
1死後、8番筒井が粘って四球で出塁。9番赤木が「左対左」を苦にすることもなく、1ボール後のインコースの球を(ストレートか? *翌日の新聞記事によれば、カーブ) 強振。高く上がったライナーが風に乗って右中間フェンスを越える2RHR。逆転。前のバッターを四球で出したため、ストライクを取りにいったボールが甘く入ってしまったか。
【8回裏】
2死から1番島田がカウント「0-2」から粘って四球。2番田中が初球を左中間へ2BHで、島田が還り、「2-2」の同点に。四球でランナーを出したところで、ベンチがタイムを取るなり、キャッチャーが間を取るなりしなかったベンチのボーンヘッド。
2失点とはいえ、国際武道大の伊藤将、敢投でした。
【10回表】
タイブレーク・ルールは、「1死満塁」の状態で戦います。内野ゴロ・ゲッツーに終わったら、負けるというルールだと思えばいいでしょう。
国際武道大は1番、2番、3番を塁に置いて、4番服部がバッターに。服部、ピッチャー返しの鋭いゴロ。セカンド山脇が横っ飛び、止めますが、当たりが強かったためにボールがグラブからこぼれて、内野安打に。三塁ランナー矢後が還り、3点目。次のバッターが「4-6-3」ダブルプレーで1点のみに。
【10回裏】
上武大は7番、8番、9番を塁に置いて、1番バッターから。しかし、9回からリリーフの平川(右投げ)に2三振に打ち取られてゲームセット。


20170610大学選手権準決勝第2試合

第2試合「立教大-東海大北海道」

【1回裏】
1番寺山がショートゴロ。ショートが一塁に暴投(E6)。2番熊谷の送りバントで寺山二塁へ。3番飯迫の三塁ゴロ。三塁一塁に低投(E5)。1死一二塁に。笠松、死球で1死満塁。山根の三塁ゴロを三塁が後ろにそらし(E5)、寺山が還り、立教が先制。次の打者は「6-4-3」のダブルプレーで1点のみ。

以後、立教の田中、東海大北海道の太田の両左腕エースが好投。
田中 7回2/3を被安打3、与四死球3
太田 8回を被安打2、与四死球2
「スミイチ」(1回表か裏の1点で決まる試合)かなあ? という展開のゲームに。

【8回表】
田中、簡単に2死をとったあと、1番中西に死球。キャッチャー藤野がすぐマウンドの田中のところへ。藤野、今シーズンで見事、成長。2番、松永にセンター前にクリーンHを打たれて、2死一三塁に。立教、ここで、田中に代えて、右下手投げの1年生ストッパー中川を継投に。中川が1回1/3をピタッと抑えて、立教、なんとか初回の1点で逃げ切る。

立教打線、振れていませんね。決勝戦で投手陣がどこまで踏ん張れるか。

試合展開とは関係ありませんが、この試合の球審を東京六大学の審判が勤めたのには、少し、疑問があります。
該当チームの所属リーグでない審判が担当するというのが良識的な考え方だと思います。

決勝戦「国際武道大-立教大」は6月11日13:00から。NHK BS1とJ SPORTS で実況中継の予定。

2017/06/11 石川とら

【追記】
決勝戦は別件先約があって、観戦できませんでしたが。
立教が「9-2」で勝ち、1958年以来、59年振りの優勝。立教、おめでとうございます。
国際武道大は伊藤将の連投。立教は二本柱の手塚の先発。
初回、大東の3RHRなどで5点を奪った立教が終盤にも加点して快勝の試合だったようです。

2017年5月28日「早稲田-慶応」第2戦

早稲田、意地を見せる。立教優勝確定。

【先攻】慶応
1番 ライト 天野 左 5(智弁和歌山・環境4年)
2番 三塁 瀬尾 右 6 (早稲田佐賀・理工4年)
3番 センター 柳町 左 1 (慶応・商2年)
4番 レフト 岩見 右 13(比叡山・総合4年)
5番 キャッチャー 郡司 右 22(仙台育英・環境2年)
6番 一塁 清水翔 左 3(桐蔭学園・総合4年)
7番 二塁 倉田 左 7(浜松西・法4年)
8番 ショート 照屋 右 10(沖縄尚学・環境4年)
9番 投手 菊池 18 右投げ(慶応志木・政3年)

先発投手 菊池 18 右投げ
リリーフ  高橋佑 左投げ 34(川越東・環境2年)
       高橋亮 15 右投げ(慶応湘南藤沢・総合2年)
       関根 36 右投げ(城東・環境1年)

【後攻】早稲田
1番 ライト 三倉 左 25(東邦・スポーツ4年)
2番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
3番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
7番 キャッチャー 小藤 左 26(日大二・スポーツ2年)
8番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
9番 投手 柳澤 右 17(広陵・スポーツ4年)

先発投手 柳澤 17(右投げ)(広陵・スポーツ4年)
リリーフ 二山 15(左投げ)(早実・商4年)
     北濱 12(右投げ)(金沢桜丘・人間4年)
     小島 19(左投げ)(浦和学院・スポーツ3年)

【1回表】
慶応、1番天野が初球をレフト前H。瀬尾が送りバントで1死二塁。
柳町のファーストゴロで天野が三塁へ。岩見が四球で2死一三塁。
郡司のライト前タイムリーHで天野が還り、慶応、先取点。「0-1」。2死一三塁。
昨日、満塁HRの清水翔とは勝負せず、2死満塁に。倉田セカンドゴロで3者残塁。
【1回裏】
早稲田、左打ちの三倉を1番に起用。また、7番にキャッチャーの小藤(左打ち)を起用。
三倉、ライト前クリーンH。檜村の送りバントで二進。3番佐藤、レフトオーバーの2RHR。
「2-1」。今日は、初回から打撃戦の様相。
【3回表】
先頭の岩見に四球。当たっている郡司、左中間フェンス直撃の2BHで無死二三塁。清水翔のセンター前タイムリーHで2者が還り、「2-3」。バッターランナー清水も返球の間に二塁へ。無死二塁。
早稲田、柳澤から二山に投手交代。
倉田の送りバントで、清水が三塁へ。1死三塁で、照屋のライトフライで清水が還り、「2-4」に。
【3回裏】
早稲田、2死後、4番加藤がセンターオーバーの2BH。宇都口がレフト前Hで加藤が還り、「3-4」に。
宇都口、盗塁で2死二塁に。長谷川がレフト前Hで宇都口が還り、「4-4」に。2死から3連打で2得点。
【4回裏】
この回先頭の8番織原がセンター前H。送りバントで二進。三倉のファーストゴロで三進。
檜村の投手強襲ショート前Hで織原が還り、「5-4」に。
【5回表】
先頭の郡司が四球。送りバントで二進。倉田が四球。2死後、代打の明渡に四球で満塁。
天野に死球で押し出し「5-5」。
瀬尾のレフト前タイムリーHで倉田が還り、慶応、逆転「5-6」。
早稲田投手陣、慶応の強打を警戒しすぎるためか、5回までに10四死球。これが無駄な失点につながった。
【7回裏】
この回先頭の佐藤晋、ライト線へクリーンH。加藤のファーストゴロで二進。宇都口のライト前Hで1死一三塁。2死後、PH熊田が死球で2死満塁。PH福岡が左中間へ2BHで3者が還り、「8-6」に。PH小野寺のショートゴロをエラー。2死一三塁。三倉が四球で満塁。檜村のセンター前タイムリーHで2者が還り、「10-6」に。この回、4安打、2四球、1エラーで、打者一巡、5得点で早稲田再逆転。
【8回裏】
先頭の加藤がレフト前H。加藤、今日も5打数2安打で、打率.405と1位を維持。
加藤に代えて八木がPRに。八木が盗塁。1死後、長谷川のセンター前Hで八木が還り「11-6」に。長谷川ワイルドピッチで二進。2死後、吉澤のレフト前Hで長谷川が還り、「12-6」。

早稲田、5回途中から7回までを北濱が、8、9回を小島が投げ、6回から9回を三者凡退に抑える。
ひょっとしたら、北濱、早慶戦、初勝利か。おめてとう。
早稲田、意地のライバル優勝阻止。立教の18年ぶりの優勝決定。
立教、おめでとうございます。大学選手権、がんばってください。

1位 立教 15試合 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692→確定
2位 慶応 13試合 7勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.636
3位 法政 12試合 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 11試合 6勝5敗 勝ち点2 勝率.545
5位 明治 11試合5勝6敗 勝ち点2 勝率.455→確定
6位 東京 10試合0勝10敗 勝ち点0 勝率.000→確定

早慶戦第3戦は、観にいくことができない。残念。

2017/05/28 石川とら

【追記】

5月29日の早慶戦第3戦は、「○慶応 4 - 3 早稲田×」で、慶応が2勝1敗で勝ち点を取りました。
観にいくことができませんでしたので、詳細はわかりませんが、慶応が2回裏に2点先制、
5回、6回と追加点を上げ、「4-1」に。早稲田が終盤、1点差まで追い上げるも、届かず
という試合だったようです。不要な失点を与えて、最後、届かずという今シーズンの早稲田の
悪い試合運びが最終戦でも出てしまった。早稲田投手陣、「被安打8+与四死球7」ですので、
これでは試合の主導権を握れませんね。

その結果、最終順位は、下記のとおりに。
1位 立教 15試合 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
2位 慶応 13試合 8勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.667
3位 法政 12試合 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 11試合 6勝6敗 勝ち点2 勝率.500
5位 明治 11試合5勝6敗 勝ち点2 勝率.455
6位 東京 10試合0勝10敗 勝ち点0 勝率.000

それから、個人成績では、新4番の加藤雅樹外野手が打率.375で首位打者を獲得しました。
まだ2年生ですので、今後も早稲田打線の核となるはずです。

2017年5月27日「慶応-早稲田」第1戦

前半投手戦、後半満塁HR2発で慶応が「優勝王手」

【先攻】早稲田
1番 ライト 八木 右 25(早実・スポーツ4年)
2番 ショート 檜村 右 7(木更津総合・スポーツ2年)
3番 一塁 佐藤晋 右 10(瀬戸内・教育4年)
4番 レフト 加藤 左 31(早実・社会2年)
5番 二塁 宇都口 右 2(滝川・人間4年)
6番 センター 長谷川 左 24(仙台育英・社会4年)
7番 キャッチャー 岸本 右 27(関大北陽・スポーツ3年)
8番 三塁 織原 右 5(早実・社会4年)
9番 投手 小島 左 19(浦和学院・スポーツ3年)

先発投手 小島 19(左投げ)
リリーフ 柳澤 17(右投げ)(広陵・スポーツ4年)
     早川 13(左投げ)(木更津総合・スポーツ1年)
     北濱 12(右投げ)(金沢桜丘・人間4年)
     二山 15(左投げ)(早実・商4年)

【後攻】慶応
1番 ライト 天野 左 5(智弁和歌山・環境4年)
2番 三塁 瀬尾 右 6 (早稲田佐賀・理工4年)
3番 センター 柳町 左 1 (慶応・商2年)
4番 レフト 岩見 右 13(比叡山・総合4年)
5番 キャッチャー 郡司 右 22(仙台育英・環境2年)
6番 一塁 清水翔 左 3(桐蔭学園・総合4年)
7番 二塁 倉田 左 7(浜松西・法4年)
8番 ショート 照屋 右 10(沖縄尚学・環境4年)
9番 投手 高橋佑 左 34(川越東・環境2年)

先発投手 高橋佑 34 左投げ
リリーフ  菊池 18 右投げ(慶応志木・政3年)
      高橋亮 15 右投げ(慶応湘南藤沢・総合2年)

両チーム先発、ともに5回まで好投。
【6回裏】
2、3、5回に四死球を1つずつ3四死球のみと完璧に慶応打線を抑えてきた早稲田の左腕エース小島。
この回、1死後、2番瀬尾にレフトオーバーの2BHを打たれる。慶応初H。
3番柳町を敬遠四球で1死一二塁。4番岩見がボテボテの三塁ゴロ。三塁、間に合わない二塁に送球して
1死満塁に。守備凡ミス。5番郡司はセカンドフライに打ち取るが、6番清水翔がライトオーバーの満塁HR。
小島、5回2/3を被安打わずか2で4失点。痛い。「4-0」。
【7回表】
慶応高橋佑、6回をわずか被安打1、1与四球。早稲田、高橋のカットボール、チェンジアップに手こずる。
7回表先頭打者3番佐藤晋、初球をレフトオーバーのHR。「4-1」。
4番加藤、四球。5番宇都口、四球で無死一二塁。6番長谷川送りバント失敗で、1死一二塁。
慶応、投手交代。高橋佑→右投げの菊池に。7番岸本が四球で1死満塁。
代打熊田、レフト前タイムリーHで2者が還り、「4-3」に。本塁送球ミスの間に熊田も二塁へ。
1死二三塁。代打三倉、ショートゴロ、ショート、本塁返球もセーフ(フィルダースチョイス)で、「4-4」。
PH福岡のセカンドゴロで熊田が還り、早稲田逆転「4-5」。
両チーム、投手が変わったとたんの打撃戦に。
【7回裏】
早稲田、1年生左腕、早川がリリーフに。この回先頭の照屋がレフト前H。送りバントで二進。
1番天野が粘って四球。1死一二塁。2番瀬尾にも四球。
3番柳町、初球ストレートを狙い打って打った瞬間に分かるライトオーバー満塁HR。
慶応、アッという間の逆転。「8-5」。

こういう試合、プロのゲームでもあまり見たことがない珍しいゲーム。
安打数だけで言えば、慶応が4安打8得点、早稲田が3安打5得点。
フォアボールでランナーをためたところでガツンという試合。
慶応が誇るパンチ力抜群の「右投げ左打ちヒッター」、清水翔と柳町の
2本の満塁HRでやられた。4番岩見の当たりは止まったが、慶応打線、破壊力あり。
慶応、明日5/28に連勝なら、優勝。早稲田、目の前での優勝を阻止できるか。

2017/05/27 石川とら

2017年5月22日 「立教-明治」第3戦

立教が明治を下し、勝ち点。

今日は、神宮に観にいってないので、東京六大学野球連盟のホームページを確認したいのに、
連盟のホームページがトラブル発生でアクセスできない。
ネットテレビ中継を始めたためなのか、試合結果速報さえ見ることができないのでは役に立たないね。
仕方がないので、「2ちゃんねる」の立教の応援ページを確認して、延長12回、立教がからくも明治を破り、
勝ち点をゲットしたというのだけわかりました。

この結果、立教と明治の最終勝率が確定。
立教の最終成績は、9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
明治は、5勝6敗 勝ち点2 勝率.454

5月22日第7週終了時点での暫定順位は、
1位 立教 9勝4敗2分け 勝ち点4 勝率.692
2位 慶応 6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
3位 法政 6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600
4位 早稲田 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
5位 明治 5勝6敗 勝ち点2 勝率.454
6位 東京 0勝10敗 勝ち点0 勝率.000

次週早慶戦で早稲田が2連勝しても、早稲田の勝率は.636で立教に届きません。
このため、早稲田は優勝争いから脱落。優勝のチャンスはは立教か慶応のみ。
慶応は、早慶戦に2連勝の場合、勝率.727。2勝1敗の場合は勝率.667となり、
慶応が早稲田に第1戦、第2戦連勝したときのみ、慶応が優勝。
慶応が早稲田に1敗した場合、立教の18年ぶりのリーグ優勝ということになります。

死んだ子の歳を数えてもですが、明治との第1戦、立教との第2戦のどちらかを勝っていれば、
早稲田にも十分、優勝のチャンスがあったのだと。これは、選手たち自身、よく分かっているはずです。

春のシーズンを見た限り、立教、法政は投手陣、打撃陣とてもいいチームだったように思います。
慶応も、秋までには投手力の底上げができてくるでしょう。
最後までオーダーが決まらなかった明治も、秋までにはもう少し破壊力のある打線になるでしょう。

早稲田は、投手陣では、大竹が最後のシーズンに4年生としてなにをやらないといけないのかという気持ちを
取り戻すことができるかどうか。
打撃では、2年生4番の加藤に頼るだけではどうするのかと、上級生たちが春に打ち取られた苦手投手たちを
攻略するためのシュアなバッティングを身につけること。

勝ち点を取るためには、1点でも余計に取る、相手には余分な1点を与えない厳しい野球ができるかですね。
たった10数試合で何回、送りバント失敗をやったか。スコアリングポジションにランナーがいるのに、どうして、
イージーにバッターと勝負してしまったか。秋も5校、実力拮抗状態が続きます。厳しい野球ができなければ、
優勝争いに踏みとどまれない。厳しい野球をやろう。それだけ期待します。

2017/05/22 石川とら

2017年5月20日「立-明」第1戦

土壇場で明治、立教の自力優勝阻止。

18年、優勝してないと、最後のハードルをなかなか越えられない。タイトルというのは取るのが
ホント大変。
今日は、別件もあり、神宮に行ってません。立教が負ければ、早稲田にも優勝のチャンスが出てくるけども、
「立教、負けろ」などと、念じながら、好きでもないチームを応援するなんてできないよ。

5/20(土)の立明1回戦、「立 × 0-3 ○ 明」で、明治が1勝したため、今季のリーグ優勝は
次週「早慶戦」の勝敗待ちになりました。
5/20現在
1位:慶応 6勝3敗2分け 勝ち点3 勝率.667
2位:立教 7勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.636
3位:早稲田 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
4位:明治 5勝4敗 勝ち点2 勝率.556
5位:法政5勝4敗2分け 勝ち点2 勝率.556

立教、連敗の場合は、立教の最終勝率.583となります。
立教が第2戦、第3戦を取り返して逆転する場合は、最終勝率.692になります。
立教が1勝2敗の場合は、最終勝率.615になります。
慶応は早慶戦に連勝すれば、慶応が立教の勝率を上回ります。
立教が明治から勝ち点を落とした場合は、早慶両校に優勝のチャンスあり。
明治、連勝の場合は、明治の勝率が.600となり(たぶん、法政も.600となります)、早慶戦がもつれれば、
明治、法政にも優勝決定戦のチャンスもある。いまだに「五すくみ」状態。
こんな展開の6大学野球、ぼくには記憶がありません。

2017/05/20 石川とら

【追記】
5月21日第2戦「立 ○ 9 - 2 ×明」
立教、前日の敗戦を引きずることなく、明治に打ち勝つ。
早稲田との第1戦でファウルフライを追いかけてフェンスに激突してしばらく休んでいたレフトの山根選手、
明治戦から復帰して、なんと、今日は2HR4打点の復活。
こういう選手が出てくると、チームの雰囲気がガラリと変わるはず。

法政は東大に連勝して、6勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.600 が確定。優勝の可能性はなくなりました。
宮台投手の復活がならなかった東大は、0勝10敗 勝率.000で6位確定。
明治は、今日の敗戦で、5勝5敗となり、月曜に勝ったとしても、6勝5敗で勝率.545にとどまるため、
明治も優勝の可能性がなくなりました。

5月22日(月)13:00~ 「明-立」第3戦。
明治が最後の意地を見せるかだが、最終カードになっても、打順をいじりまくる明治では、どうか?
立教が勝った場合は、9勝4敗2分け 勝ち点3 勝率.692 この場合、慶応が早慶戦連勝なら、慶応優勝。
立教が勝ち点を落とした場合は、勝率.615で、早慶両校にもチャンスありという状況になります。

2017/05/21 石川とら

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング