fc2ブログ
Google

Entries

世界女子ソフトボール選手権 1


マジでアジ~ィ。「世界女子ソフトボール選手権」

8月2日 開会式
8月2日 開会式 成田市 ナスパ・スタジアム

千葉でソフトボール漬けの夏となった。
WBSC世界女子ソフトボール選手権である。
グループリーグから決勝トーナメントまで全部で23試合を観た。

世界から16チームがAB2グループに分かれて総当たり制のグループリーグ戦。
グルプリーグ戦だけで56試合。1日に10試前後を千葉県内の3球場で同時に行うので、すべてのゲームを観ることは不可能。
2020年に日本と争うことになるだろうと思われる上位チームの試合を中心に、2球場をはしごしながら観戦という日もあった。

とにかく暑い。35~39度くらいの気温、日陰のないスタンドで白いタオルを頭からかぶって2試合、あるいは3試合観るというのは苦行です。
ただし、想い出せば、アテネの暑さ、北京の暑さはこれ以上だった。

夏のオリンピックというのは、スポーツトーナメントであると同時に我慢会のようなところがあるイベントなので。地球温暖化が今後も進んでいくのであれば、夏のオリンピックは南半球かグリーンランドとかアラスカで開催する、あるいは北半球でやるなら秋開催とかにすることを考えるべき時代でしょう。

いまさら、開催やめますとか、秋に変更しますなんて、現実問題、できないわけだから、たとえば、スタジアムの周囲や待ち合わせの場所に、木陰がほしい。長い行列ができるであろうシャトルバスの乗り場には、介護所やミスト噴射冷房が必要となるだろう。サマータイムの導入などというアイデアは、実行に移すにはあまりに準備がなさ過ぎて、実現不可能ではないか。

グループリーグのほぼ最終日に、台風13号が襲来して千葉県をほぼ直撃することになったから、日程を消化することができるのか気をもんだが、ギリギリセーフ。大会関係者やスタッフの不眠の努力で、雨との戦いでグラウンドを整備して乗り切ることができたのは感嘆に値する。

また、ボランティアや千葉県、開催市などの協力がなければ、運営もスムーズにはいかなかった。決勝トーナメントが行われたZOZOマリンスタジアムはよく知っていても、成田や市原、習志野の球場に出かけることなど、まずなかったから、いったいどの電車でどの駅で降りるのがいいのかも分からないのだ。駅に待機しているボランティアからガイドしてもらえないと、試合開始までに球場にたどり着けなかっただろう。

2年後の東京は、数百倍の規模の観客動員が見込まれるはずなので、そういう問題を考えるうえでも非常に参考になった。
一部の東京外開催地からは、県の担当者が視察に来ており、どういう準備に取りかかっているのかを聞くこともできた。

8月10日からの決勝トーナメントは、AB両グループの上位8チームと下位の8チームに分かれての順位決定戦。こちらは日本、アメリカなどが勝ち上がってきた上位チームの試合を決勝戦まで観た。

アテネや北京でもソフトボールを観てはいるが、ソフトボールとはなんぞやというほど理解していたわけではなかった。2年後にソフトボールを取材することになるかどうかもわからないが、北京から10年、世界のソフトボールがどう変化してきているのかを観ておきたいというのが今回の目的。

ひとつのスポーツについて知りたいと思うと、実際にプレーをするか、ゲームを数多く観ることにつきる。それも、世界ランカーのゲームを連続して観るというのがベストだというのがぼくの考え方。
知ったスポーツライター連中も来ていることだろうと思って出かけたのだが、新聞、通信、テレビ局のスポーツ記者以外、フリーのジャーナリストはゼロ。野球系のライターは、みな、「100年甲子園」に向かっているらしい。

新聞、通信社が記者を出しているといっても、日本戦の取材をするだけ。
たとえば、決勝トーナメント準々決勝で、「カナダ-オーストラリア」の勝者が、日本とアメリカのどちらかと準決勝を戦うことになっているのに、勝ったカナダチームの監督記者会見に記者だれ一人現れない。主催者側がせっかく会見用に通訳をつけてくれているのに、もったいないことだと思う。すべての全国紙、スポーツ紙が記者1人か2人、送り込んでいるのだけど、それである。

各社、「上野の熱投」を書けばいいとしか考えてないのだろうなあ。
北京はそれでよかったさ。それしかなかったんだから。
でも、あれから10年経っているのだよ。上野は勝つことだけを考えて投げるだろうけど、相手チームがどのような上野対策を考えてチーム強化を進めてきたかを、観ることもできれば、話を聞くこともできるのに、しないんだなあ。
まあ、進歩のない運動部だこと。

2018.8.13


ロシアW杯QF(準々決勝)参考データ

W杯ベスト8の決定力比較

ロシアW杯ベスト8国の決定力比較

ベスト8に勝ち残った各国の過去4試合のデータから見てみると――。
参考までに日本のデータも入れてみたが、総得点は「6」でまあまあ合格だが、
総失点が「7」だと、やはり勝ち残れない。
ちなみに、このデータは、グループリーグの組み合わせや、勝ち残り方の戦略もあって、
単純比較するだけでは意味はないのだが。
攻撃型のチームだと考えられがちなウルグアイ、ブラジル、クロアチアが、
守備もしっかりしたバランスの取れたチームであることが数字にも現れている。
フランスは、実はシュート数が非常に少ない。基本的にはカウンター狙いの攻撃が中心。
決して、ディフェンスは成功してはいない。ディフェンダーがまだ若いというせいもあるか。
ロシアは総得点「9」だが、そのうち、ベスト16戦のスペイン戦だけを取り上げると、
7本のシュートのうち、枠内に打ったシュートはPKの1本だけ。
それで「1-1」で守り切ることでPK戦に持ち込んで勝利したわけで、守備力、戦略の勝利。
攻撃力だけで見れば、ベルギー、ブラジルが怒濤の攻撃力(幅の厚い攻撃)が突出している。
ベスト16戦ではいくらシュートを打っても入らなかったクロアチアが攻撃のテンポを取り戻すか。
いずれにしろ、シュートを打たなけりゃ「ゴ~~~ル!!!」はないのだ。

2018.7.5

2018ロシアW杯ベルギー戦

ベルギー戦逆転劇から立ち直るために。

ひょっとしたら、日本がベスト8に残るかもしれないという夢を見させてくれた試合でした。
負けちゃったら、たぶん、ただの夢だったじゃないかと現実論が出てくるのでしょうが。
負けたけど、いい試合をやった。それは認めてあげよう。
柴崎から原口に通ったカウンタースルーとそれを決めた原口。
ゴール正面から無回転ミドルを放った乾。
体格で劣る日本チームが巨大な壁と対等に戦うとしたら、ああいう戦い方しかないのではないかと
方向性を見せてくれた記念すべき試合だったと思います。

ただ、私が生きている間に日本がベスト8に残るのを見ることができるのかどうか。
いま現在のヨーロッパのサッカー強国であるベルギーの(FIFAランキングというのはあまり正確なランキングだとは思いません。高レベルのリーグに所属する選手が多数を占めるかどうかで考えたほうがいい)選手層の厚さを考えると、そのような強国とマッチアップしてベスト8まで残るというのは至難の技だなとあらためて感じます。

日本戦に出てきたベルギーチームの(交替選手も含めて)13人を見てみますと――。
まずキャプテンでゲームメーカーのエデン・アザールがアルジェリア系の選手です。
CFのロメル・ルカクはコンゴ系、途中交代で入って同点のヘディングを決めたアルマン・フェライニはモロッコ系。最後のカウンター・ゴールを決めた、やはり途中交代のナセル・シャドリもモロッコ系。
大迫と再三、やり合っていたCBのヴァンサン・コンパニーはコンゴ系。
ボランチのアクセル・ウィツェルは西インド諸島マルティニーク系。左ウィングのヤニック・カラスコはスペイン系かな。
――つまり、ヨーロッパのサッカー強国の多くは、元々の国籍よりも、自国との関連性(元植民地の出身であるとか、親の代からその国に住んでいるという)で、二重国籍を持っている才能を受け入れ、育てることでヨーロッパ予選を勝ち抜いてきているのです。

その最たるチームがベルギーですが、これがフランスですと――。
今大会で最高のW杯デビューを果たした新星キリアン・エムバペはカメルーン系。
両ボランチのポール・ポクバがギニア系、ピッチの上を右に左に走って、相手の攻撃の芽をつぶすエンゴロ・カンテはマリ系。ポクバの兄弟はギニア代表だった記憶がある。
左ウィングのブレーズ・マチュイディはアンゴラ系、CBのサミュエル・ユムティティはカメルーン系、
ナビル・フェキルはアルジェリア系、ウスマン・デンベレはモーリタニア系です。
フランスもチームの半数は旧植民地系の選手です。

スペインだって、不動のCFディエゴ・コスタはブラジル生まれですし、元はブラジル代表選手だった。
スイスの中心選手シェルダン・シャキリとグラニト・ジャカは、どちらもコソボからのアルバニア系移民ですから、セルビア戦でゴールを決めた直後、アルバニアの国旗を示す「双頭の鷲」のポーズをして処分を受けましたね。
ロシアでも、右サイドバックのマリオ・フェルナンデスはブラジルからの帰化選手です。

このようなヨーロッパ各国の代表チームのボーダーレス化はつい最近に起きてきたことではなく、
98年のフランス大会でのフランス・チームの優勝以来、ヨーロッパの強国は、そうすることで代表チームを強化してきました。
ジダンたちのフランスチームは、旧フランス領植民地からの選手を受け入れることで自国開催の大会で勝利し、トルコ系やポーランド系選手を受け入れたドイツチームもブラジル大会で勝利を手にします。
オランダだって、旧植民地系出身の選手がいなかったら、強いチームとしての伝統を維持できなかったでしょう。

エンバペやルカクやフェライニの才能を、彼らがまだ少年のころに見出して、
その才能を育て上げる育成システムを持っているのがフランスやベルギー、あるいは今大会では屈辱的な敗退をしたドイツ、予選で敗れたオランダといった国々です。

そういう巨大な壁となって立ちはだかるヨーロッパの強国とどのようにしたら対等に戦えるのか。
日本も才能ある人材にもっともっと門戸開放するべきじゃないか。
ブラジル生まれ、ペルー生まれ、父親が中国出身、実家が在日、どんな選手でも、才能があれば、
日本代表を目指すことができるという広がりを持たないと、フェライニたちと対等に戦うことなどできないでしょう。

どうやってそのような才能を見出すのか。なかでも、ゴールマウスの枠内に蹴り込む決定力のある選手をどうやって育てることができるのか。
エムバペの才能は、足が速いことだけではないですね。ゴール前の混戦状態の中での位置取りのうまさ。右足でも左足でも決められる決定力。
そういう才能を見出し、育てあげたフランス・サッカー界の育成システムに目をみはるのです。

そういう具合に、日本のサッカーが少しでも改革の方向性を考えるきっかけになるなら、
ベルギーに後半25分で3点を返されてしまった悪夢も、現実問題として受けとめることができるのではないでしょうか。

2018.7.4

2018ロシアW杯ポーランド戦

「サムライブルー」が
「サムイブルー」になった理由


昨日もある人から「日本-ポーランド」戦の日本ベンチの判断について質問あり。
現地に取材で入っているわけではないから、情報から考えると――。

「セネガル-コロンビア」戦は動く試合になるだろう。コロンビアは勝ち点3を取らないと、残れない。引き分けではダメ。総合的なチーム力がやや上のコロンビアがかさにかかって攻める試合になる。セネガルはきっちり守ってカウンター狙いだけで引き分け、あるいは勝つというタイプのチームではない。向こうの試合は撃ち合いの試合になる。

「日本-ポーランド」戦は、日本はとにかく引き分け狙いで結果オーライ。グループリーグ敗退が決まってしまって、モチベーションが下がってしまったポーランド相手に、「0-0」引き分け狙いは難しいことではない。

ただ、ここで読み誤りをした。2試合の先発メンバーのうち、6人を入れ替えるという過信である。日本が先の2試合でイエローを取られていたのはGKの川島、ボランチの長谷部、左サイドの乾の3人。決勝トーナメント進出時のことを考えると、長谷部と乾を使いたくないのはわかる。それ以外では、攻守に走り回って疲労の極にあった原口も使いたくなかっただろう。しかし、センターバックの吉田も昌子もイエローをもらっていたわけではない。うまく機能していた吉田と昌子のセンターをなぜいじらないといけなかったのかがわからない。ディフェンス力を考えた場合、先発で2試合、勝ちと引き分けに持ち込んだセットをいじってしまったのはなぜなのか。

35度を超える暑さの下での疲労蓄積を考えて、ベストな状態のメンバーで決勝トーナメントに臨みたいという気持ちは分かるが、2試合、うまくいったために控え組でも守り切れるだろうという過信(リアリズムに徹していない戦略)を取った。

控えの選手もゲームに出してやりたいという気持ちもわかるけどね。後半にセットプレーのマーク漏れからフリーでシュートを撃たれて、手痛いゴールを奪われてしまうのは、明らかにディフェンス時の確認ミスによるものだ(つまり、日本のディフェンスがあのとき、メンタルでアップアップになっていた)。

先発メンバーを6人も替えて第3戦に臨むことができるのは、すでに勝ち点を「6」上げたチームにできることというのが通常の考え方だと思う。

岡崎の足の状態を考えて、後半開始時に大迫に交替。日本が使えるカードはあと2枚だけ。
後半59分、ポーランド1点リードという展開になってしまい、65分、とにかく追いつかないといけないから、宇佐美に替えて切り札の乾を投入。
66分、攻めきれぬまま、ポーランドにカウンターを仕掛けられ、あわや2点目取られそうになる。レバンドフスキーがふかしてくれて助かった。これで日本ベンチ青ざめる。
それでも攻めないといけないが、リードしているポーランドは守ってカウンターでいい、「1-0」の試合でかまわないという構えに。これはなかなか攻めきれない。
日本ベンチが攻めるに攻めきれない状態の75分、コロンビアがゴール「1-0」でリードの連絡が入る。

ここから、日本ベンチの采配、半分、リアリズムに戻る。「ゴール数、得失点差もセネガルと並んでいるが、イエローカードの枚数で救われる可能性あり」という判断に賭ける。
82分、武藤に替えて長谷部を投入して、「0-1」負けの状態でかまわないから、ポーランドにボールを奪われぬよう、自陣でボールを回せの指示となる。
ただ、もし、セネガルが同点に追いつくという展開になっていたら、どうするつもりだったのか。もし、そういう事態が起きれば、攻めるしかなかったのだが、3枚目の交替カードは、そういう事態に備えての(例えば、セットプレー時に得点チャンスを生み出す)本田ではなかった。

決勝トーナメントにかろうじて勝ち残ったから、その選択でよかったのかというと、そうではない。
セネガルの反撃がないことを祈るだけの諦めに似た願いで最後の10分弱を過ごしたということかな。少なくとも、ポーランドにボールを渡さなければ、こちらの試合は「0-1」で終わらせることはできる。

なぜ、そんなことになってしまったか。6人控えを使ってでも、ポーランドを守り切れるという誤った判断が、結果的に、このメンバーで残り10何分かで相手コールをこじあけるのは無理だという決断に至らせたのだということである。

つまり、先の2試合で予想もしていなかった勝ち点「4」を挙げて、慢心から過信で第3戦に臨んで、「サムイJAPAN」の試合をしてしまったということだな。

でも、コロンビア、セネガル、ポーランドを相手に、結果的にグループリーグを勝ち残ったのだから、そのことはちゃんと評価していい。

2018.7.2

「閣議決定」って?

2018.5.24

どうせ、国民のだれも信じてないのだから、
「首相は会ったはずだが、本人は会ってない
というのだから、会ってないかもしれない」
でもいいんじゃない閣議決定。


【第4次戦後サイテー内閣】閣僚名簿

安倍晋三、麻生太郎副総理財務相、
野田聖子総務相、上川陽子法相、
河野太郎外相、林芳正文科相、
加藤勝信厚労相、斎藤健農水相、
世耕弘成経産相、石井啓一国交相(公明) 、
中川雅治環境相、小野寺五典防衛相、
管義偉官房長官、吉野正芳復興相、
小此木八郎国家公安委員長、
福井照沖縄北方相、松山政司一億総活躍相、
茂木敏充経済再生相、梶山弘志地方創生相、
鈴木俊一東京オリパラ相。


柳瀬元秘書官と愛媛県の面会の確認は困難の閣議決定

Appendix

プロフィール

「どうも。石川とらでーす」

Author:「どうも。石川とらでーす」
筆者プロフィール==>
http://tra3.blog43.fc2.com/blog-entry-2.html

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

href="http://blog.fc2.com/">blog) カワイイ☆ブログランキング